【3293】170710 PL-25E改のオールチタンピボット化?:本実験・・・(^^; 

さて・・・なんでまた?前に1回確認したんじゃないの?って突っ込まれそうですが・・・確かに、個々の効果は確認したんですが・・・総合的にどれほど変わったか?ってのと・・・

ここまで、気になりつつも、通しの確認が出来てなかった・・・お手本PL-31E改とPL-25E改のポテンシャルの差と、その原因探りたくて・・・(^^;

と言うことで・・・昨日は、PL-25E改でのアーシング素子での効果を確認して・・・

ここからが、本日のテーマ・・・お手本PL-31E改での最大パフォーマンス確認を・・・

ということで・・・PL-31E改にAT-666改を乗せ、レコードを吸着させて・・・カートリッジは、milonさんのベースに装着してMITCHAKUシェルに取り付けたXL-MC5で聞いてみると・・・

おお、なんと太い音!・・・重心が低くどっしりとしたバランスで・・・音がしっかりグリップして飛び出すと言うか・・・立ち上がりが力強い感じで・・・

うん?・・・この音の立ち方は?・・・バランスやグリップ感はともかく・・・立ち上がりと飛び出す感じの締まりは、どこかで聞いたことがあるような気が・・・

あれ?・・・ひょっとするとこれか?・・・フォノイコの下に敷いたインフラノイズのアリエナイザーの効果?・・・(滝汗

ってわけで・・・PL-25E改に吸着スタビ(AT-666改)を乗せて・・・milonさんベース&MITCHAKUシェルのXL-MC5を付けて・・・

でもって・・・PL-25E改側のフォノイコ(PH53)にアリエナイザーを敷いて聞いて見ると・・・

あっ!やっぱり・・・背景のざわつきと重心の高さには、まだ差がありますが・・・音の立ち方やグリップ感、音が飛んで来る感じは・・・かなりPL-31E改に近付いた!・・・(^^;

となると・・・PL-31E改と25E改の差は・・・milonさんのベースの効果とアリエナイザーの効果が大きくて・・・実際には、結構縮んでいたってこと?・・・(汗

ってことは・・・今日のメインテーマのPL-25E改のピボット軸のチタン化をすれば?・・・更にこの差は縮まるんじゃないか?と・・・

【PL-25E改のピボットをフルチタン化】
3293-01PL-25E改のピボットフルチタン化

で、PL-25E改のピボット軸をステンレスからチタンに変えて・・・アーシング素子もフル装着(シェルの上とピボット軸上)して・・・カートリッジはノーマルXL-MC5に戻して・・・もう一度聞いて見ると?・・・

おっ!・・・音の出所がハッキリして・・・滑らかで粒立ちのいい音で・・・音の立ち方も似て来て・・・グリップ感のある飛んで来る感じも出て来た・・・

やはり、ピボット軸のチタン化・・・ってか、ピボットのフルチタン化の効果は、結構大きくて・・・その滑らかで解像度の高い音の粒立ち・・・演奏の抑揚や雰囲気が分かり易くなる感じはσ(^^)私的には、非常にいい感じで・・・

あと、バランスと言うか・・・重心が下がって太い音になるところ・・・安定感とグリップ感みたいなところは・・・milonさんベース&MITCHAKUシェルによるのかな?・・・(^^;

ってわけで、念のため・・・カートリッジを・・・

【milonさんベース&MITCHAKUシェルに】
3293-02milonさんベースのXL-MC5では?

milonさんベース&MITCHAKUシェルに変えて・・・もう一度変えて聞いて見ると・・・

ほら・・・やっぱり重心が下がって太い感じに・・・安定感とグリップ感も出て来た!・・・

と言うことで・・・今一つハッキリしなかったPL-31E改と25E改の音の違いの原因が、おおよそ見えて来たかな?と・・・(^^;

ただ、それでもまだ・・・微妙に違う、音の雰囲気?質感の違いがあるんですが・・・

この辺は?・・・多分、PL-31E改がスピンドルのベアリング化をしてるのと・・・PL-25E改がモーターの振動アーシングをしてるって対策の違いかな?と・・・(^^;

実際には、この質感の違いは意外に大きくて・・・PL-31E改の上質な感じは、スピンドルのベアリング化の効果かな?と・・・で、これに迫ったPL-25E改の実力を考えると・・・モーターの振動アーシングも結構効果を上げているって気もしてきた・・・(^^;

ってわけで・・・PL-31E改にも、モーターの振動アーシングは効果がありそうだし・・・PL-25E改のスピンドル周りへの対策も効果がありそうってことも認識出来たかな?・・・

で、今後の課題もハッキリしたところで・・・今日のところはお終いに・・・(^^;

明日は?・・・ちょっと息継ぎを・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

毎日楽しみに読ませてもらっています。
大変な作業でお疲れ様でした。
PL-25と31Eとの音の重心の違いはプラッターの重さによるイナーシャの違いです。最近「軽いプラッターが良いかも」と言う話もありますが、それはマグネフロートにしてない時の場合で、マグフロートにして同等に軸受に負荷がかからなければプラッターが適度に重く、イナーシャの大きい方が音の重心は低くなります。
スピンドルのベアリング化の効果は音への解放感と低歪感が滑り軸とは大きくちがいます。

いつもご覧いただきありがとうございますm(_ _)m
>プラッターの重さによるイナーシャの違い
>ベアリング化の効果は音への解放感と低歪感
なるほど、ターンテーブルシートも同時に変えてるので、σ(^^)私は、効果の関連付けを間違ってるんですね・・・(滝汗
私の感じてる変化だと、抜けのよさと、低域の見通しの良さがベアリング化の効果に当たると・・・(汗
ご指導、ありがとうございますm(_ _)m また、その内、そういった視点で聞いてみたいと思います・・・(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3382-bde7f96f