【3274】170628 届いた吸着型のディスクスタビライザー・・・(^^; 

お~い!一体どこへ行こうとしてるんや?(^^;・・・って、突っ込みたくなるタイトルですが・・・PL-25E改になんちゃってピュアストレートアームを自作してあてがって・・・

PL-31E改とのポテンシャルの差を埋めるべく・・・スチールのトッププレートをアルミ板に置き換える大改造を行ったわけですが・・・(^^;

場当たり的な製作なんで・・・トッププレートとプラッターの隙間がめっちゃ開いてて・・・

【隙間の多いターンテーブル】
3274-00隙間の多いターンテーブル

とは言え、大改造の効果で、結構差が埋まったんじゃないか?って期待していただけに、そのポテンシャルの差が思いのほか大きくて・・・(汗

その差の原因を考えるに・・・一番大きいのは、スピンドルシャフトがベアリング化されていることかな?と・・・っと、もちろんトーンアームがPL31E改はmilonさん製のしっかりしたものに対して・・・PL-25E改はσ(^^)私が作ったなんちゃってピュアストレートアームですし・・・

あ、そう言えば、内部配線がPL31E改は、純銀ポーラス線に対して・・・PL-25E改はジャンクパーツのコレットチャックに元々付いてた極細銅線だし・・・

ま、この辺り、ぼちぼち何らかの対策を打っていかないとなと・・・(^^;

と、そんなことを思いつつ・・・この日届いたのが・・・

【この日届いたもの】
3274-01この日届いたもの

こちらのもので・・・中味は?

【吸着型のディスクスタビライザー】
3274-02中味は吸着型のディスクスタビライザー

もちろん、ジャンクで、吸着しなくなった吸着型のディスクスタビライザー・・・(滝汗

いやあ、やっぱり一度は聞いてみたかった・・・(^^;

なにせ、興味はめいっぱいありながら・・・だからこそ敢えて、通常のゴムや金属、セラミックなどのターンテーブルシートを退け・・・リムサポートへ・・・

更にご丁寧にGe3のケブタフェルトでレコード盤のリムとレーベルで挟むと言う・・・振動を押さえない方向の一番端っこぐらい?にいるわけで・・・(^^;

それに・・・プレーヤーも軽薄短小な路線で・・・一時期を象徴する超ヘビー級プラッターの糸ドライブとは全く違った方向ですし・・・最新制御のダイレクトドライブのターンテーブルとも全く違った方向で・・・

でも・・・現行の象徴的なプレーヤー・・・エアフォース?(^^;・・・にも、もちろん興味はあるわけでして・・・(^^;

で、一度は、レコード盤をベッタリ吸着したらどんな感じなのか?って聞いてみたくて・・・

いや、もちろんエアフォースも・・・マイクロ系の重量級&吸着タイプのプレーヤーも聞かせていただいたことはあるんですが・・・σ(^^)私の能力的には、自宅で聞き比べてみないと違いがはっきり把握・理解できないので・・・

何て、ぽちった屁理屈こねてますが・・・単にジャンク安価だったから・・・(滝汗

ただ、安価と言いつつ・・・σ(^^)私の得意のパターン・・・弄ったけど、直らなくて・・・結局、安物買いの銭失いに一直線かも・?・・・(滝汗

でも、まあ、やってみないくちゃ分からんでしょう!と・・・いつもの勢いで・・・

で、駄目元で・・・スタビの上にレコード盤を置いて・・・同梱のポンプを取付・・・レバーをシュポシュポしてみると・・・

いつまでもシュポシュポ言ってるだけ・・・やっぱりね(滝汗

で、切り分けのために、ポンプ側のゴムホースを折り曲げて空気が入らないようにして、シュポシュポしてみると・・・あれ?吸引出来てない・・・(汗

【分解して補修を】
3274-03分解して補修を

で、さっそくポンプを分解して見ると・・・あら?・・・ポンプ?ふいご?のゴムの蛇腹部分に穴がある・・・で、接着剤で一旦塞いで・・・

あらら?・・・今度は内部の黄色いゴムホースが硬化してて、ボロボロに・・・(滝汗

で、一旦ここを外部の黒いゴムホースを直接繋いで動作するようにして・・・

【仮補修で吸着を】
3274-04仮補修で吸着を?

でもって・・・仮補修したポンプで再度チャレンジすると・・・上手くすると吸着してくれることもあって・・・(汗

【PL-25E改に乗せて】
3274-05PL-25E改に乗せて

で、まずはPL-25E改に乗せて聞こうとするも・・・あっという間に吸着が外れる・・・(汗

【コレットチャックで聞いてみる】
3274-06コレットチャックで抑えて

じゃあ・・・とりあえず、コレットチャックのスタビで押さえて聞いて見ると・・・

う~ん・・・音がカチッとして、整理されたような気はするけど・・・

わざわざ、吸着しない金属スタビに無理矢理コレットチャックで押し付けても・・・結果的にリム付近は少し浮いてるような感じもするし・・・全然意味が無い?・・・(滝汗

ってわけで・・・今日はここまで・・・つづきは明日・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

AT-666

私も実家でAT-666EXを使っていました。
使い始めた時は感動したものです。これからいつかはマイクロが欲しいと思うようになりました。
今までのターンテーブルシートとは真逆な感じになるのではないかなぁ。

Re: AT-666

おお、やはりGabachoさんも最初はこれからだったのですね?・・・(^^;
現在、あっち聞いて、こっち聞いてとやっておりますが・・・このカチッと静かな方向を聞くと、もっと音数の多い優秀なカートリッジを聞いてみたい衝動に駆られます・・・(汗

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3363-20a0f41f