【3267】170622 VICTOR MC-1到着!・・・(^^; 

さて、もう随分前になりますが・・・相変わらずのアナログ三昧な中・・・オーディオテクニカさんが昨年出したスタイラス直上にコイルを置くタイプのカートリッジAT-ART1000の音にとっても興味があって・・・

って、そのタイプのカートリッジは、昔ビクターが出していたってことから・・・どうしてもダイレクトカップル方式のカートリッジの音が聞いてみたくて・・・(^^;

で、ネットをずっとウォッチしてて・・・遂にMC-L1000のジャンクを見つけて・・・

【3099】161224 あるジャンクカートリッジをポチするも?・・・(^^; [2017/01/31]

片チャンネルしか音が出ないジャンクながら・・・ひょっとしたら何とかならないかな?って、淡い期待を抱いてポチッてみたんですが・・・

やっぱり玉砕・・・ガクッ_| ̄|○

ただ、片チャンネルと言え、ダイレクトカップル方式の音を聞いて・・・一層、その魅力に惹かれるように・・・(滝汗

ってわけで・・・現存する製品・・・ってか、新製品ですね?・・・となるオーディオテクニカのAT-ART1000の試聴会にも行ったと・・・

【3154】170218 audio-technicaのAT-ART1000を聞きに?(前編)・・・(^^; [2017/03/27]
以降、全4話・・・

ま、残念ながら、お土産はたくさん貰ったものの・・・ここでは、肝心のAT-ART1000の本当の実力を聞けたとは言えない状況で・・・欲求不満が残る結果に・・・(滝汗

どうやら、HPを拝見していると・・・フィデリックスさんが、この方式のカートリッジの製造を計画されているみたいなんですが・・・HP上の進展が止まったままで・・・

で、まあ、出たからと言って、干乾びたキリギリスに手が出る領域では無いんですが(汗・・・縁が無いんだと諦めたくもないし・・・継続してネットウォッチをしていたら・・・

あら~、ビクターのMC-1がひっかかっちゃいました・・・(滝汗

う~ん、でも、先のMC-L1000より更に5年も前に発売された製品なので・・・プリントパターンコイルが駄目になる率は高いのでは?って不安を抱きつつも・・・

やっぱりどうしても聞いてみたくて・・・ポチッと(滝汗

【待望のカートリッジが到着】
3267-01待望のだ入れくタオカップル方式のカートリッジ?

で、遂に待望のダイレクトカップル方式のカートリッジ・・・VICTOR MC-1が到着!\(^^)/

【梱包から取り出して】
3267-02梱包から取り出して

でもって・・・はやる気持ちを抑えて・・・梱包から取り出して・・・

【MC-L1000とは違う】
3267-03MC-L1000とは違う

ルーペで針先を見てみると・・・結構真っ黒・・・それと、プリントコイルの取り付けとかは全然違う見たいで・・・外からはほとんど見えません・・・

で、針先を掃除して・・・まずは、シェルをMITCHAKUピンタイプに付け替えて・・・

【MITCHAKUタイプのシェルに付替え】
3267-04MITCHAKUタイプのシェルに

ってわけで・・・さっそく、PL-31E改に取り付けて聞いて見ると・・・

【PL-31E改で聞いてみると】
3267-05PL-31E改で聞いて見ると

おおおお!・・・ちゃんと左右ともに音が出た!・・・\(^^)/

なるほど!・・・やはり、これだけダイレクト感のある音が拾えるんですね!・・・(^^;

予想通り・・・と言うより、予想以上にSN感がよく、音数多く、微細な音の変化も聞き取れる・・・これは嬉しい!・・・(喜

ってわけで(悲しい結末が待ってるとも知らず)つぎから次へとレコードを聞きまくり!(^^;

有頂天状態なので・・・今日のところは、この辺りで・・・(汗

明日は?・・・もちろん、このカートリッジで聞き込みを・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3356-043dc307