【3255】170608 S-1EX改の外出しネットワークを再び内蔵に?(前編)・・・(^^; 

さて、何を思ったか?・・・突如、拙宅メインSP(S-1EX)の外出しネットワークを、再び元の内蔵に復元する作業を始めちゃいました!・・・(^^;

立ち上がりも遅く、眠い音ながら・・・アナログを聞き続けたお陰?・・・遅いなりにバランスが整って来たのか?それとも単にσ(^^)私の耳が慣れて来たのか?・・・(滝汗

理由は分かりませんが・・・何だかそこそこご機嫌に聞けるようにはなって来まして(汗・・・テープだ!、デッキだ!、レコードプレーヤだ!、レコードだ!と、つぎからつぎへとジャンク収集癖?・・・その結果、ほとんど足の踏み場も無い状態に・・・(滝汗

てわけで・・・常々断捨離しなければと思いつつ・・・(汗

あっこのSP自体は捨てれません!・・・これを代替させる術が無いので・・・(滝汗

で、とにかく今の状態では、ネットワークの外出しだろうと内蔵だろうと関係ない環境なので・・・まずは少しでも省スペースにと・・・一旦外出しにしてたS-1EXのネットワークを、再びエンクロージャーの中に戻したくなりまして・・・(汗

で、昨日のテーマ・・・糸釣りトーンアームの実験中に・・・毎度のいきなりの思い付きで・・・突然、作業を開始することに・・・(^^;

【R側のネットワークを引張り出して】
3255-01R側のネットワークを引張出し

実はこの日、所用で休暇を取ってて・・・まず、所用の前にR側のネットワークボックスを引っ張り出して分解して・・・

【ネットワークを分解】
3255-02ネットワークを分解

で、分解は早々に終わったものの・・・エンクロージャーからオリジナルのSP端子を取り外した穴から直出ししたSPの内部配線を取り出すのがめっちゃ大変で・・・

【ケーブル撤去がめちゃ大変】
3255-03ケーブル撤去が大変

SPの開口部に自立台(SPの重心になるマグネット部分を保持する部材)を装着してるので・・・これが腕に当たって作業がし辛くて・・・(汗

腕には自立台とゴリゴリ当たるところにあざが出来るほどで・・・(痛

で、何とか端子穴からケーブルを引き抜いたものの・・・今度はその穴に、元のSP端子を戻すんですが・・・そうで無くても大変な作業が、これまた自立台との格闘で・・・(滝汗

中腰の無理な体勢でSP穴から手を突っ込んで・・・勿論、中は見えないので、手探りでラチェットレンチを使って端子のナットを締めて・・・

で、体勢が悪いこともあって、かなり長時間かかっちゃって・・・途中、所用を済ませるのと昼飯で3時間ほどは中断しましたが・・・それを除いてた実作業時間は、4時間ほど(@@;

おまけに・・・ネットワークボードからのケーブルは、外出しBOXの端子までの長さなので、オリジナルのSP端子に届かないし・・・

逆に、ユニットから外出しネットワークまでのケーブルは、余りに長過ぎるので切らないと・・・ってことは、はんだ付けのやり直しが必要ってことで・・・(汗

それゆえ、最初は切らずにそのまま接続端子部もSP内に入れてしまおうと考えたんですが・・・なかば、無理矢理詰め込んで、仮に音出ししたら・・・

あれ?スコーカーからの音が小さい!・・・ツイーターも鳴り方が変?・・・(滝汗

う~ん、止めときゃよかった・・・これが今回最大の大失敗!・・・

仕方なく、一旦、内部に詰め込んだネットワークを再度取り外して・・・ネットワーク回路の導通を確認して見ると・・・(@@;

ケーブルのはんだ付け部に繋がるパーツ・・・抵抗1箇所、フィルムコンデンサー1箇所・・・で、リード線が根元からボキッて折れちゃって・・・

ひえ~!やってもうた~!・・・ガクッ_| ̄|○

やべ~!これでは、どないもならん!(滝汗・・・

で、仕方なく、駄目元で、カッターで折れたリード線の根本をホジホジして・・・パーツとして機能してるかどうかも分からず・・・無理矢理その小さな線端に配線をはんだ付け・・・

でもって、再び、ネットワークをエンクロージャーの中へ・・・なんですが・・・

どうせなら・・・外出し用に長過ぎる配線は少し短くして・・・ラグとSP端子で接続してた部分も直接はんだ付け配線に戻して・・・

と、ここまでで、遂に夕飯の時間に・・・

ってわけで・・・この日は、休眠中だったAudio ProのImage11を、久々に押入れから引っ張り出して・・・S-1EXの上に乗せてレコードを聞くことに・・・

う~ん、この後、いったいどうなることやら・・・で、つづきは明日に・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3343-90090a23