【3250】170604 PL-31E改リフター補修&31E/25Eのアームピボット補修・・・(^^; 

さて、弄れば音が応えてくれる・・・回路に無知なσ(^^)私には、デジタルはブラックボックスですが・・・アナログは弄る対象が見えるし、触れる・・・(^^;

なんと言っても・・・デジタルものは端から無理だけど・・・アナログは弄れるところは多いし・・・作れる余地もある・・・これが嬉しく楽しいんです!(^^;

まあ、思いつくものを形にする資金と要望をモノとして作ってくれる人脈があれば、あんなものとかこんなものとか・・・って、夢は膨らませるのですが・・・

あ、夢であり、膨らませるだけ(汗・・・なにせ、理屈も分からず突っ走っちゃう人ですし・・・何より、干乾びたキリギリスには無理な話なので・・・

ま、それゆえありあわせの材料と道具で、下手な素人工作するのが丁度合ってる・・・(^^;

と言うことで、自作アームの製作まで行っちゃった訳ですが・・・

その工作中に、リファレンスのPL-31E改の方に不具合が・・・(汗

症状は・・・その日の聞き始め、アームリフターのレバーを降ろしてもリフターが降下しなくて・・・手で触ると、以降、問題なく動くようになる・・・

【PL-31E改の裏蓋を開けて】
3250-01PL31Eの裏蓋開けて

ってわけで、裏蓋を開けて・・・中を確認してみると・・・

【リフター機構の調整】
3250-02リフターの内部機構調整

どうやら、その組み付けが悪いのか?・・・内部のレバーが、一番下まで降り切ると、引っ掛かるみたいで・・・で、少々組み付け位置を調整し・・・

【リフターの動作確認】
3250-03リフターの動作確認

で、リフターの動作確認をしてみると・・・うん、何とか動くみたい・・・ただ、レバーを降ろしてから、実際にリフターが降り始めるまでに、何故かタイムラグがある・・・PL-25E改と何故か動作がちがう?・・・(汗

で、この時は、シリコングリスの硬さの違いかな?なんて思ってたんですが・・・

今、この日記を書くに当たってPL-25E改と31E改の内部の画像を見比べて見ると・・・あれれ?レバーとリフターを繋ぐ連結棒のスプリングの位置が逆になってる・・・(@@;

ってわけで、慌てて初期の画像を見てみると・・・あら?・・・いつからか分かりませんが、PL-31Eが、初期の状態と逆に組み付けちゃってるみたい・・・(滝汗

なので・・・リアルタイムのこの日、再修正することになるでしょう・・・(^^;

で、本日2つ目のテーマ・・・ピボットの補修について・・・

えっと・・・以前から、回転シェルで、ピボット軸の先端と軸受の形状を鋭利にすると非常に感度が上がるってことを経験してて・・・例のカートリッジが北を向く事件とか(汗

でもって、その調整のお話しのところで・・・

【3222】170507 回転シェルのピボット再調整&ガイドブラシ再?・・・(^^; [2017/06/03]

この日記にご本家のmilonさんから、軸受の製作方法について・・・削ったままじゃ先端が鈍角なので、ポンチで叩いて凹ましているとの貴重な情報をコメントいただきまして・・・

じゃ、何かやってみようかと・・・

【ステンレス釘の先端を削って】
3250-04ステンレス釘を削って

ポンチが見当たらなかったので、ステンレス釘の先を削って・・・

【ポンチ代わりに何度も叩いてみたが】
3250-05ポンチ代わりに叩いてみたが

これをポンチ代わりにして、ステンネジで自作したピボット軸受を、何度も叩いてみたんですが・・・見た目の変化無し・・・しやいや、削った釘の先端の方が丸くなってる・・・(@@;

う~ん・・・これじゃあ駄目ですねえ・・・ってわけで、ちょっとホームセンターへ・・・

【ガラス・陶器用のドリルビット】
3250-06ガラス・陶器用のドリルビット

で、ガラス・陶器用のかなり鋭角で尖ったドリルビットを発見・・・柔らかいポンチで叩くよりはましかな?とおもいつつ削って見ると・・・(^^;

【少しは鋭角?】
3250-07少しはまし?

ま、ちょっと深く削り過ぎたので、すり鉢が深く鋭角過ぎるかも?ですが・・・ピボットの接点としてだけ見れば、元の削りっ放しよりはいいかな?・・・(^^;

【なかなか敏感に?】
3250-08なかなか敏感?

で、装着して見ると・・・やはりすり鉢が深く鋭角なので、可動範囲がホンの少し狭いですが・・・通常の使用には有り余る可動範囲ですので、問題なし・・・

それより、かなり動作が敏感で、精度も上がったみたい・・・なかなかよさげ!(^^;

ってわけで、この日のテーマはこれにてお終い・・・

明日は、少し結果の確認を?・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3338-8fd9e063