【3244】170601 この日届いたCD&レコードとピボットネジ改修?・・・(^^; 

さて、基本は、相も変わらずアナログ三昧なんですが・・・この日はちょっと・・・久々にデジタル・・・CDをお楽しみ!(^^;

えっ?・・・お前のところのシステムは眠い音なんでCDは聞けないんじゃなかったのかって?・・・いえいえ、アナログ三昧のお陰か?何故かデジタル系でも、それなりに聞ける音にはなってきてまして・・・って、耳が慣れて来たのが実態かも?・・・(滝汗

っとまあ、それはともかく・・・この日届いたCDがこちら・・・

【スネークマン・ショウのアンソロジー!!!】
3244-01スネークマン・ショウのアンソロジー!!!

そう、以前日記にアップしたこちら・・・

【3219】170506 ミュージックバードのリクロックと届いたレコード・・・(^^; [2017/05/31]

そうなんです・・・ここでチラッとだけですが、ご紹介した・・・スネークマン・ショウのレコードを聞いて・・・どうしても当時の爆笑コント?をもっと聞きたくて・・・(汗

ってわけで・・・盛り沢山なCD2枚組をポチッたと・・・(^^;

いやあ、めっちゃオモロイ!(^^;・・・当時のカッカくを思い出して思わず抱腹絶倒!(^^;

で、つづいて届いたのが・・・こちらのレコード

【届いたレコード】
3244-02こ届いたレコード

まずは・・・ご他聞に漏れず、昨日のお尻のキャノンボールと同じく、ジャケットに惹かれてポチッた・・・と言うよりは、やはりスコット・ラファロが聞きたくて・・・(^^;

画像左は・・・1985年録音のPat Moran Trio、This Is Pat Moranで・・・

ご本人のあんよ?綺麗ですね!・・・っと、後半、ピアノもご機嫌ですが・・・なんと言ってもやっぱりスコット・ラファロのベースが心地よくご機嫌!(^^;・・・なぜか1曲目は今一つな感じの録音もA面最後辺りからB面とご機嫌な録音で・・・!(^^

おつぎは・・・これまた昨日にひきつづき・・・Grant GreenでIdle Moments・・・

これは・・・1964年録音で・・・盤は1984年の再発日本盤・・・これも、最初は眠い音だったんですが・・・ジョー・ヘンダーソンのサックスのぶっとく濃い音がめっちゃかっこよくて・・・で、ビブラフォンの打点が見えるような実在感のするサウンドに、これまたご機嫌に・・・

で、最後は・・・CHRIS CONNORのALONE TOGETHERで・・・

こちら、パイオニアが技術提供してロブスター企画が録った・・・ダイレクトカット盤で・・・1978年の録音・・・

このシリーズのアン・バートンを、以前、音友達に聞かせていただいて・・・その鮮度とリアリティ、演奏の緊迫感の高さにビックリした記憶があって、思わず入手したんですが・・・

こちらは、ちょっと想像と違って・・・ま、クリス・コナーが超ベテラン?50代での録音で・・・ほとんどがスローテンポの曲ってのもあって・・・うちのシステムの大人しい音にその雨間すっぽり嵌り込んだみたいで・・・50年代の録音か?と思うようなすっかり眠い音に・・・(滝汗

まともなシステムで聞いたら、以前ビックリ!(@@;したアン・バートンのダイレクトカット盤みたいに聞こえるんでしょうか・・・(汗

ってわけで?・・・というわけでもないのですが・・・本日のテーマ・・・(汗

ピュアストレートアームの支点変更実験・・・パート2?(^^;

【3221】170507 トーンアームのピボット調整&サブウェイト補修・・・(^^; [2017/06/02]
【3222】170507 回転シェルのピボット再調整&ガイドブラシ再?・・・(^^; [2017/06/03]

で、前回実験に試用したネジだと、もう少しトーンアームの水平軸の中心辺りまで到達してないようだったので、改めて・・・

【以前より5mm長いステンネジで】
3244-03以前より5mm長いステンネジに

ってわけで、以前より5mm長いステンレスネジ(画像右)にピボット受けを・・・

【ピボット受けの窪みを削る】
3244-04ピボット受けを

で、ネジ先端にドリルでピボット軸受を削る・・・

【支点位置の比較】
3244-05長さの比較

画像左が以前のピボット受けネジの長さで・・・アームパイプの水平軸中心より、ちょっとだけ上だったのが・・・画像右のネジでは、ピボットの支点をアームパイプの水平軸中心より下にすることが可能に・・・

【支点を中心より下にしたら?】
3244-06中心よりしたも

と言うことで・・・過ぎてみないと効果の程はが分からないから?と・・・ピボットの支点を、アームパイプの水平軸中心より少し下にして聞いてみました・・・

が・・・確かに、トーンアーム調整時のゼロバランスでは、やじろべい効果がなくなるから?・・・ゼロバランスのピッタリな位置が、非常にシビアにはなったんですが・・・

う~ん・・・調整の手間の割に・・・音的には特に顕著な違いは感じられず・・・

ってわけで・・・結局、これまでと同じ・・・支点はアームパイプの水平軸中心くらいに設定して・・・ま、調整の質を少し高めた程度にしておくことに・・・(汗

と言うことで、このテーマはこの辺りでお終い・・・明日は?・・・

もう1つ息継ぎネタ・・・明後日、やっと例の件のつづきへ・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

Re: チタンネジは如何?

アドバイスありがとうございますm(_ _)m
やはり、チタンネジですか・・・
カートリッジの取り付けネジも含めて替えてみたいところではありますね・・・(^^;
ピボット受けでは、ホームセンターレベルのドリルで削れるか?ですが・・・
ネジが入手できたらやってみます(^^;
・・・ホントは、ピボット軸自体をチタンに出来るといいと思うのですが・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3332-ad8ba5c9