【3239】170527-28 実家でレコード洗浄&トーンアームの自作?(2)・・・(^^; 

さて、この週末は、毎度の実家のフォローで・・・と、今回は、ちょっと実家で道具を使いたいのもあって・・・(^^;

と、まずは所用をこなしつつ・・・今回、自作超音波レコード洗浄機と・・・昨日のお話しで到着したレコードを持ち帰り・・・レコード洗浄を・・・(^^;

【実家でレコード洗浄を】
3239-01実家でレコード洗浄

σ(^^)私の場合、ジャンクレコードゆえ、水道水にアルカリ電解水?(水の激落ち君)を少し混ぜて洗ってるんですが・・・

大阪の自宅は軟水で・・・実家は中硬水なので・・・何か違いが起きるかな?と思ってみていましたが・・・目視出来る差異は何も無くて・・・(^^;

で、所用を終えて・・・レコード洗浄も終え・・・その夜

【いつもの対向法設置で小音量再生】
3239-02いつもの対向法設置で

実家2階の筒抜け部屋で・・・夜遅くなったので・・・このところずっとそのままな対向法のSP設置のまま、極小音量で洗ったレコードを聞くことに・・・

ですが・・・今回のレコード、ほとんどがドラマーがリーダーのアルバムで・・・(滝汗

ごまかしを兼ねて、SWを入れてみましたが・・・そもそも10cmフルレンジな上、極小音量では・・・迫力も面白味も無くて・・・(滝汗

で、翌朝・・・せめてもう少しエネルギー感を直接感じれるようにしてみるか?と・・・

【平行法設置に変更】
3239-03平行法設置に

ちょっと、中高域がキツく煩くなるかな?と心配しつつ・・・SP配置を、対向から平行法に変更してみたのですが・・・・

お?・・・やはりアナログの底力?・・・いい塩梅で音の鮮鋭度と厚みが増して・・・実体感が強まった感じで・・・ま、少しは聞けるサウンドに・・・

っと、多分ボーカルものやクラシックなら、そんなに物足りなく感じることは無いかと思うんですが・・・さすがにJazzのドラムソロは・・・寂しいかも(滝汗

ってわけで、眠い音の大阪のメインシステムでは聞けない鮮鋭度・・・ってか、少々そればっかり的なスレンダーなサウンドを堪能し・・・

う~ん・・・大阪のシステムで、この鮮鋭度が出て・・・これに合うスピードの低域が付いてきたらなあと思いつつ・・・音の質と言う意味では、大阪のシステムは、やはりユニットやシステムの質が出ているんだなと、改めて感じたり・・・

と、まったりタイムはここまでで・・・ここから、再び所用をこなしつつ・・・

もう1つのテーマ・・・自作トーンアームの部材工作を・・・

と言うのも、金属加工ゆえ、それなりの音が出るのと・・・サンダーを使おうと思ってたので・・・実家の農機具小屋なら、問題なし!・・・(^^;

【アームの胴体部を切出し】
3239-04アーム胴体部を切出し

で、まずはトーンアームの胴体部分は・・・先の回転シェルの部材を切出した残り・・・

【3210】170429 ミニボール盤入手&部材切出し&スタビ入手?・・・(^^; [2017/05/22]

この時、回転シェルの根本部分を切出した、25mm角のアルミの角ブロックから切出し・・・

一応、穴開けに失敗した場合に備えて?・・・2個分を確保・・・(^^;

で、もう1つ・・・先に入手した部材から・・・アームベースとピボット軸を・・・

【3228】170516 この日届いたレコードとパーツ?・・・(^^; [2017/06/09]

ここで入手したステンレス棒の先端を削って・・・

【アームピボットの先端を荒削り】
3239-05アームピボットの先端を荒削り

先端がピボットになるように、荒削りを・・・

【ピボットとベースを切出し】
3239-06アームピボットのベースを切出し

で、削ったステンレス棒をピボット軸にするため、4cmほどの長さに切出して・・・つづいて、このピボット軸を受けるベースを真鍮の丸棒(φ16mm)から切出す・・・

【部材の切出しが完了】
3239-07胴体部とピボットとそのベース

てわけで、今回目的としてた、部材の切出しが完了しました・・・(^^;

【ピボット軸のベースに穴開け】
3239-08ピボットのベースに穴開け

で、つづいて・・・真鍮棒から切出したピボット軸のベースに、ピボット軸を入れる穴を開け・・・画像を撮り忘れましたが、アーム本体のアルミブロックにピボット軸を受ける穴を開けました・・・で、このアルミブロックへ大径の穴を開ける難しさを痛感・・・(^^;

と、少々どうしたもんか?と悩みつつ・・・今回の実家での作業はこれにてお終い・・・

で、明日は?・・・これらの部材の次の加工を・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3327-314a2b4d