【3218】170505 回転シェルのリード線に&洗っては聞き・・・(^^; 

さてさて・・・偶然見つけた0.05mmの超極細線のお陰で?・・・回転シェルでMCカートリッジが北を向くことが分かって・・・って、おいおい!(^^;

そうじゃ無くて・・・あれだけ意固地になっていた、なんちゃってリニアトラッキング化が成功して(^^;・・・って、それは違うだろ!って突っ込まれそうな方法ですが・・・

ま、σ(^^)私的には、充分成功したって思える結果として大喜びなわけですが・・・(^^;

この日、回転シェルで、カートリッジがずっと同じ方向を向いて外周から内周へ動く様を眺めながら、つぎつぎレコードを聞いていて・・・ちょっと気になることが・・・

ま、σ(^^)私のお馬鹿な耳では、実際の再生音でそれを認識できるか分からないのですが・・・レコードをセットして、針をレコードに降ろすまでの流れの中で・・・

指がリード線に触れたり・・・アームレストにアームを戻したり・・・リード線が突っ張るほどにカートリッジが回転したりした際・・・

「ビョ~ン」って、リード線の振動がSPから聞こえるんですよね・・・(^^;

ってわけで・・・ふと思い付いたのが・・・こちら・・・

【リード線に絹糸&ドリルで】
3218-01絹糸とドリルで対処?

左右それぞれのリード線を、絹糸で結んでみました・・・(^^;

と、同時に・・・画像に、ドリルのビットが写ってますが・・・これで、軸受部をちょっとばかりホジッて見ました・・・

っと言うのも、軸受のネジをほんのちょっとでも締めると、急に回転しなくなるので・・・ルーペで軸受部を見てみたところ・・・軸受部にピボットの先が少し食い込んだ穴が開いている状態でして・・・それゆえ、ホンの少しでもネジを締めると、この穴がピボット先端にガッチリ被さる?のかなと・・・(汗

ってわけで・・・この穴が無くなるまでドリルビットで軸受部をホジッてみたと・・・(^^;

【出だしから接線方向に】
3218-02で出しから接線方向に

で、レコードを聞いてみると・・・リード線の「ビョ~ン」って音は・・・無くなりはしないものの、ほとんど気にならないレベルに・・・(汗

でもって、カートリッジの動きは・・・最初、最外周からカートリッジは接線方向を向いてて・・・内周に向かうに従って、徐々にアームと真直ぐな方向へ・・・

【最内周でも接線方向】
3218-03内周でも接線方向で

で、最内周まで行っても、ず~っと接線方向を向いたままで・・・

う~ん、気持ちいいですね!・・・って、音はどうなんや?・・・

いやあ、回転シェルらしい肩肘張ったり強調した感じのない、自然な脱力系の抜けのよさですが・・・なんちゃってリニアトラッキングな動きをしてることで、何か音が変わったか?って言われると・・・

ハハハ、やっぱりその違いは分かりません!・・・心なしか、すっきりしたような気が・・・って、それは意固地になってた動作っぽくなってるからだけで・・・完全にプラシーボ全開なわけでして・・・(滝汗

ま、心地よければそれでよし!ってことにして・・・この日ふらっと、自宅から30分ほどの距離にあるハードオフを2軒ハシゴ?・・・(^^;

【毎度の洗っては聞き】
3218-04洗っては聞き

で、何はともあれ・・・収穫して来たレコードを、自作超音波洗浄機で洗っては聞き(^^;

と言うことで、この収穫して来たレコードは・・・

【収穫したレコード(その1)】
3218-05収穫したレコード(その1)

う~ん・・・ポピュラー系くらいしかないのと・・・ちょっと割高?・・・ゆえに平均、ワンコイン+αってことに・・・(滝汗

1枚目は・・・学生時代にしこたま聞いた竹内まりやのラブソングズ・・・この頃はレンタルレコードをテープに落としてカーステで聞いてたから・・・全然音が違う・・・(汗

おつぎは・・・中島みゆきのお色直し・・・ファーストから予感まではあるんですが・・・それ以降、聞かなくなっちゃった・・・重かったから?ってわけでもないのですが・・・(汗

で、3枚目は・・・岩崎宏美・・・ふと、聖母たちのララバイが聞きたくなって・・・(^^;

【収穫したレコード(その2)】
3218-06収穫したレコード(その2)

おつぎが・・・陽水のベスト・・・聞き馴染んだ曲ばかりだったんで、つい・・・

最後が・・・能登半島と津軽海峡冬景色を聞きたくて・・・って、あちゃ~!被っちゃった・・・つい先日ジャンク盤をポチしたのを忘れてた・・・(滝汗

ってわけで、今日のところはこの辺で・・・明日は?・・・MBDとレコード・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3306-8a4eb85e