【3211】170430 回転シェルの改造?(前編)アームの補強?・・・(^^; 

さて、何を血迷ったか?・・・ミニボール盤を入手してきて・・・その癖、最初に使ったのは・・・部材を切出すために、バイス部分だったりして・・・(汗

でもって、夜更けに根元部分の穴開けにトライしたら・・・ハハハ、さすが大陸製の廉価工具?・・・激しい音と振動と・・・おまけにモーターのパワー不足で・・・(滝汗

ただ・・・これが出来ないとなると・・・今後、やりたいことに、全く使えないことになるので・・・ドリルビットを徐々に太くして、何とか穴だけは開けたけど・・・

穴の垂直だけはしっかり出したかったのに・・・何気に危うい?・・・もちろん穴のサイズも、想定よりちょっぴり大きいみたいで・・・(滝汗

【部材をこういう感じにしようと】
3211-01切出した部材をこういう感じに

ハハハ、何をやろうとしているか・・・お分かりいただけたでしょうか?・・・(^^;

そうなんです・・・以前、この回転シェルの悪戦苦闘のお話しの中で・・・

現在メイン試用しているmilonさん製のピュアストレートアームは・・・σ(^^)私の勝手で、通常のカートリッジ&ヘッドシェルを使った場合に、アンダーハングが17mm程度になるようにアーム長を調整してありまして・・・

で、この状態で回転シェルを使いますと・・・回転軸の位置がスタイラスの位置になりまして・・・そうすると、アンダーハングが25mmあまりにもなってしまって・・・要は、通常の場合より、アームが10mmほど短い状態になるわけで・・・

意固地に拘ってる、なんちゃってリニアトラッキング化を実現しようとすると・・・

レコードの外周部では、回転シェルはアームに向かって左に頭を振ってて・・・内周部では、逆に少し右に振らないと接線方向を向かないことに・・・つまりは、レコード片面を聞く間に、回転シェルがそれだけ回転しないといけないと言うこと・・・

0.08mmのリード線の硬さですら、回転シェルの回転に影響を与えるって困っている中で・・・これだけ回転シェルを回転させるってのは・・・めっちゃ大変かな?と・・・(滝汗

それと・・・回転シェルの構造から、横から見ると・・・カートリッジの装着が、通常のシェルに取り付けるより、かなり・・・5mm以上下に針先が来ることになって・・・

つまりは、回転シェルを使う時は、その分、アームの高さを上げないといけないわけで・・・カートリッジを付け替えて、その聞こえの個性の違いを楽しむってことが・・・基本的に無理?・・・だって、交換と調整にめっちゃ時間かかるし・・・調整状態によって、コロコロ音が変わって・・・一体何をしてることやら?って状態に・・・

ってわけで・・・回転シェル使用時のアンダーハングと取付位置を、通常シェルを使っている時と同じように出来ないかな?と・・・(^^;

そうすれば、気軽に通常シェルと回転シェルを付け替えて楽しめるはず!なんてね・・・

と、相変わらず長々と分かり難い説明ですが・・・要は、回転シェルを、通常シェルと簡単に付替え出来るように、改造しようと言うことでして・・・(^^;

なんですが・・・その前に、ちょっと気になってた部分の改修もやっちゃおうと・・・

【チャックとパイプのガタ】
3211-02チャックとパイプのガタ

で、その気になっていたってのは?・・・アームの先端、シェルを固定するコレットチャックとアームのガタ・・・

と言うのも・・・σ(^^)私の我侭?で、以前、アーム長を短くしちゃったんですが・・・この時のσ(^^)私の工作がいい加減だったのと・・・ちょっと固定ネジを強く回しちゃったので、2本ある片方のねじが、少々バカに・・・(滝汗

【銅箔テープで隙間を埋める】
3211-03銅箔テープで隙間を埋める?

で、ガタについては・・・手持ちのアルミ箔テープと銅箔テープで、どちらを使うか迷って・・・結果、銅箔テープで、隙間が埋まるように調整しました・・・(^^;

で、もう一つの問題・・・固定ネジは・・・

【使えるネジを探す】
3211-04使えるネジを探す

手持ちのネジから・・・使えるネジを探すことに・・・(汗

で、元のネジと径が一緒で長いネジを付けて・・・ガタも含めてこれでいいかな?と言うところで・・・一応、再生確認を・・・

あれ?・・・なんか変?・・・って、右から音が出ないし!(滝汗

【組上げて聞いてみるも】
3211-05組上げて聞いてみるも

ってわけで、アームとシェルの接点とか・・・プレーヤーとフォノイコのケーブルの接続とか・・・調べてみるも、全然問題なし・・・???

で、ようやくテスターを出して来て・・・導通確認を・・・う~ん各線の導通は問題ないんだけどなあ・・・うん?右のプラスとマイナス間に導通が・・・あかん!短絡してるやん!(汗

ハハハ、アホです!・・・今回、何を弄ったか考えれば、わざわざ音出ししなくても、最初にテスター当てときゃ、直ぐに分かったのに・・・(滝汗

そうです・・・長くした固定ネジが内部で信号線を短絡させてたようで・・・

で、ちょっぴり短いネジに交換して・・・固定も導通も問題なしに!(^^;

っとっとっと・・・本題に入る前に時間切れに・・・(滝汗

ってわけで、つづきは明日・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3299-9525dae1