【3182】170322 まだまだ続く?回転シェルに悪戦苦闘・・・(^^; 

さて、ちょっぴりリアルタイムネタをブッ込む!と言う、超反則技を使っちゃいましたが・・・そんなことは、無かったかのように・・・再び1ヶ月遅れのパラレルワールドへ・・・(^^;

ってわけで・・・思い違いを認識するも・・・まだまだつづく、なんちゃってリニアトラッキング化への道!・・・(^^;

何はともあれ、一番の問題・・・リード線の影響を軽減しようと・・・

入手したのが・・・こちらの極細線・・・

【ポリウレタン撚り線】
3182-01入手したポリウレタン撚り線

0.08mmのポリウレタン被覆線を2本撚った線・・・これより細いのは見つからなくて・・・

で、これが10mものしかなくて(汗・・・リード線1組に使うのは、長目にしても10cmあまりなんですけどね・・・(滝汗

【シェルチップをはんだ付け】
3182-02シェルチップを付けて - コピー

ってわけで・・・画像じゃあ見えないかも?ですが・・・0.08mm×2のポリウレタン撚り線にシェルチップをはんだ付けして、リード線を作って・・・

【銀ポーラス線からポリウレタン撚り線に】
3182-03ポーラス線からポリウレタン線に

で、出来上がったリード線を、先に作った銀ポーラス線と交換して・・・

ってわけで、PL-25E改のピュアストレートアームに・・・リード線をポリウレタン撚り線に変えた回転シェルを取り付けて・・・

【再生してみたが】
3182-04再生してみると

でもって、ポリウレタン撚り線に変えた回転シェルを取り付けて・・・果たしてどうなるか?と・・・o(^^o)(o^^)oo(^^o)(o^^)oワクワクしながら再生してみると?・・・(^^;

あら~残念・・・やっぱり、アームに取り付けた際に、回転シェルのサブシェルを振って見たら・・・思いのほかセンターに戻る力が強かったから・・・(滝汗

と言うことで・・・何かもっと線の弾性を低められないか?と思案して・・・

【撚り線を解いて】
3182-05撚り線を解いて

っと・・・そうだ!・・・0.08mm2本の撚り線を解いて、0.08mm1本ずつにすればいいんじゃないか?って考えて・・・解いた撚り線1本ずつにシェルチップをはんだ付けして・・・

で、さらにリード線の弾性に負けないようにするために・・・

【針圧を上げるためにカートリッジをFR-1mk3に】
3182-06針圧を上げるためにカートリッジを変更

針圧を上げれば、リード線の男性にも負けないのでは?って考えて・・・ちょうど、リード線を1直線に繋げられるし・・・って、それは関係ないかもしれませんが、FR-1mk3に変えて・・・

【再び再生してみると】
3182-07再び再生

で、再び再生してみると・・・おおおお!凄い!・・・結構、最内周でも接線方向に!(^^;

いやあ、ほんのちょっぴりだけど・・・最内周で、サブシェルがアームの方向より右振りになってる!・・・(@@;

ただ・・・ホンの少しでもリード線に触れると・・・ビ~ン!って、振動音が混じる(@@;

ってことは、間違いなく針やカンチレバーの振動で、音がにじんで濁ってるはず・・・

【数回リード線を撚って】
3182-08リード線を数回撚って

で、それを確かめるため・・・数回リード線の±を撚って・・・

【カートリッジに装着して】
3182-09カート梨jjに装着するも

でもって、カートリッジにリード線を装着して・・・リード線の弾性が強く働かないように、丸く整形して・・・

再び再生してみるも・・・先ほどのビ~ンって音はしなくなって・・・やっぱり音がスッキリしたような感じになったものの・・・あれれ?何だか時折雑音が(滝汗・・・おまけに、最内周で右寄りにならなくなった・・・ガクッ_| ̄|○

う~ん・・・0.08mmの単線なので・・・サブシェルが回転することで、脆くなるから?・・・直ぐにはんだ付けした近くで雑音がして・・・気が付くと断線してしまう・・・

駄目だ!・・・これじゃあ常用は出来ない・・・

ってわけで・・・またまた、思案しないと・・・と、この日はここで力尽き・・・(滝汗

なので、この後の動向はまた日を改めて・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

回転シェル

悪戦苦闘のご様子ですが、銅線のフリクションは極細線でもかなり強い物です。
自作カートリッジに使用している25ミクロン線でも、2~3センチになるとカラゲルのに一苦労します。
何事も経験なので突き詰めてみてください。

Re: 回転シェル

ゴルフ13さん、コメントありがとうございますm(_ _)m
ひえ~!カートリッジまで作られているんですね?・・・(@@;
25ミクロンって・・・今回使った線のさらに1/3の細さってこと?(滝汗
間違いなく、σ(^^)私には見えません!・・・実体顕微鏡無しには作業できない世界ですね(^^;
半田ごてもしっかり温度管理しないと、線材があっという間に溶けちゃいますね(汗
でも、そこまで行かないと、やっぱりまだまだ影響があるってことですね・・・なるほど、納得です(^^;
結局、違いが聞き取れないトラッキングエラー"0”に拘ると、もっと他の大きな問題に振り回されると言う事で・・・
やはり、回転シェルは、アームとの振動の遮断って本来の恩恵を最大限に楽しむのがいいみたいですね!(^^;
とは言え、1ヶ月前は、まだまだそんなことは気にもかけず・・・アホなことばかり(滝汗
ま、ぼちぼち楽しむことに・・・(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3270-2dfae6f9