【3170】170312 オルフェのサンバ邸再訪(1)新たな機材&ケーブルも?・・・(^^; 

さて、前日の最新4Kプロジェクターの視聴会・・・小原さんのデモのお話しをタラタラと書いてたら・・・遂には途中でおさらいも力尽きて最後は随分端折っちゃって・・・(滝汗

ま、結論は・・・オーディオもシアターも、部屋!ってことで・・・でも、そんな無い物ねだりの夢物語をしても仕方ないので・・・現実の世界に戻って・・・(^^;

この日は、久し振りに、先日さぬき遠征で専用ルームのハイエンダー宅行脚をご一緒していただいたオルフェのサンバさんのお宅へ行くことに・・・

えっと~・・・この前に伺ったのは?・・・あら?もう1年と3ヶ月も前!・・・(@@;

【2774】160116 オルフェのサンバ邸訪問(序)・・・(^^; [2016/03/12]
以降、全6話・・・

ああそうか!電源コンディショナーのIsoTekを導入されて・・・その設置の仕方でコロコロ音が変わるので、オルフェのサンバさん好みの方向を探る実験をさせていただいたんだった・・・

で、もちろん、それから1年以上経ってるわけで・・・この後、セッティング変更もいろいろ試され・・・また新たな課題にチャレンジ中とのことで・・・

今回その確認実験をさせていただきに伺ったわけでして・・・(^^;

ハハハ、うちの眠いシステムでは、中々違いがハッキリしないんですが・・・オルフェのサンバ邸のシステムは、対策の違いが非常に分かりやすく聞こえるレベルなので・・・いろんなお試しをさせていただけるのは、σ(^^)私的にはo(^^o)(o^^)oo(^^o)(o^^)oワクワクもの!

なんでも今回のテーマは・・・エソテリックのDAC(D-02)~トランスポート(P-02)間のクロックケーブルを交換しての変化の確認をとのことで・・・

ハハハ、σ(^^)私もクロック&ケーブルはちょっと昔に随分いろいろやりましたから・・・まあそれゆえ、違いを聞きにおいでとお誘いいただいたと・・・(^^;

ってわけで、早速オルフェのサンバ邸へ伺ってのお話しへ・・・

【15ヶ月ぶりのオルフェのサンバ邸】
3170-01約15ヶ月ぶりのオルフェのサンバ邸

まずは先日の遠距離、長時間、楽しいオーディオ行脚をご一緒いただいてありがとうございましたm(_ _)mって話から・・・Kin-ya邸の音量は凄かったねって話など・・・

で、今日はdaisiさんも来られるとのことですが・・・早速この日のテーマのクロックケーブルの話へと・・・(^^;

【DAC~トラポ間のクロックケーブル】
3170-02OJIのクロックケーブル

なんでも、エソテリックのD-02/P-02間は、PLLレス・ダイレクトマスタークロックLINKとか言って、DAC側からトラポにマスタークロックを供給出来るようになってて・・・ここを繋ぐクロックケーブルを、純正?エソテリックのメクセルからOJIに変更されたとのことで・・・

クロックケーブルのインピーダンスに50Ωと75Ωがあるし・・・端子にも50Ωと75Ωの違いがあるけど・・・その違いと影響は?とか・・・おお!初っ端から(@@;

えっと・・・10MHzのマスタークロックの機器は大抵50Ωだったと思いますが・・・ワ-ドクロックでは75Ωを使ってるところもあるし・・・厳密には、機器の指定するインピーダンスにしないと、高周波ではインピーダンスの違いで反射が起きて・・・とか、問題の可能性が言われますけど・・・長距離引っ張るわけでもないし・・・メーカー自体が1m程度ならどっちでも問題ないって言うことあって・・・σ(^^)私的には、精神衛生上、合ってた方がいい・・・程度の話かと思ってて(汗・・・そのケーブルで出したい音になるかどうかかと思います・・・(^^;

っと、オルフェのサンバさんが・・・そもそも、エソテリックが、専用のクロックケーブルの販売を終了してるし、50Ωは出してないとのこと・・・で、更に、今回使われているPLLレス・ダイレクトマスタークロックLINKでは22.5792MHzを使うので・・・50Ωでないと駄目なのでは?ってことで・・・今回、OJI Spetialのマスタークロック伝送専用ケーブルを導入されたと・・・

と、同時に・・・機材も増えてて・・・(^^;

【機材が増えてますね】
3170-03機材が増えて

えっと・・・前回ラック左の上にあったDELLAが右へ行って・・・その場所に黒い物体・・・スフォルツアートのDSP-03でしたかね?・・・が、増えておりまして・・・

今回・・・これも合わせて、いろいろ音を確認して行こうということで・・・(^^;

で、ちょうどキース・ジャレットのケルンコンサートが、アナログマスターからリマスターされたSACDが届いたので、これも聞いてみましょうと・・・

【ケルンコンサートのSACD】
3170-04ケルンコンサートのSACD

へえ・・・それは初めてですねえ・・・(^^;

っと、オルフェのサンバさんが・・・スフォルツアートのDSP-03で、ダイアナクラールのAlone Again(Naturally)を再生されて・・・

スフォルツアートのDSP-03を入れて直ぐの音出しで、クロックの設定が違ったことで、クロックの影響で音が全く変わることに驚かれたのに加えて・・・DSP-03の音を聞いて、CD/SACDのサウンドが丸く曇ったように感じられたとのことで・・・

で、CD/SACDのサウンドをすっきりハッキリした方向にと言うことで、クロックケーブルをOJI Spetialに変えられたのだそうで・・・

その辺りを聞いてみてってことだそうで・・・(汗

いやあ、そりゃ大変ですねえ・・・このところうちの眠いシステムでアナログ三昧なσ(^^)私の耳では、一体どう聞こえることやら?・・・そもそも、今かかってるダイアナクラールだって、充分な音数で非常にクリアに鳴ってますから・・・σ(^^)私的にはこの時点では何の不満も無いですよ・・・とってもPCオーディオ系らしいサウンドで・・・(^^;

っとっとっと・・・ちょっと中途半端なところですが、つづきは明日に・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3258-453cf3b3