【3169】170311 ビクターのプロジェクターDLA-Z1を見に(後編)・・・(^^; 

なんなの?先に結論は出てるのに、前編、中編、後編って!?・・・いやあ、まさか3話になっちゃうなんて、これっぱおっちも思ってなかったので・・・(滝汗

昨日の冒頭を書いた後、最後のところで終わらなくなって、3話にせざるを得なくて・・・急遽、中編となったので・・・今日のお話が、後編と言うことに・・・(^^;

ってわけで・・・4K ULTRA HD Blu-Rayで一番厳しいコンテンツ・・・宮古島と言う作品の4K/60pを、X770Rのe-shiftの4Kを見た後・・・いよいよZ1でネイティブの4Kを・・・

ハハハ!・・・実は今回、珍しくお話しの冒頭で結論を書いてて・・・4Kは、あまり記憶に残ってないので・・・もう数年先に期待?ってことにしてたんですが・・・

おさらいしてて・・・封印してた記憶が・・・(滝汗

Z1の映像・・・パッと見ただけで、あまりの違いにビックリ!(@@;

これ・・・e-shiftとネイティブの4Kの違いと言うより・・・レンズ性能の差でしょ!(^^;

もう、Z1の画像の余裕は半端ない!・・・ま、X770Rの本体価格くらいレンズにかかってるって言われれば、当然なんですが・・・映像は機材の性能差が極めて明確に出ますね!(^^;

ただ・・・σ(^^)私的には、やっぱり350マソなんて金額は、宝くじでも当たらない限りは縁がなくて・・・その価格でないと出せない映像なら、ないも等しい・・・

ってわけで、記憶から消し去った?・・・(^^;

ま、それに・・・やはり窓感がないと・・・150インチのスクリーンだとちょっと窓感に乏しくて・・・スクリーンに映った映像って感じから抜け出せない・・・

それゆえ、ディスプレイ表面にガラスパネル?があることで窓感を感じられ・・・その窓の向こうに広がる景色が、正に実際の景色のごとくに感じられる、有機ELが凄いかな?と・・・

いやあ、ごちゃごちゃ言っても・・・やっぱり大口径、高性能レンズ・・・F2.5による映像は、普通に、自然に凄い!・・・(^^;

小原さんからも・・・やはり歴然とした差が分かりますね・・・まるで炊き立てのご飯のように、砂粒の1つ1つが立っているかのような粒状感で・・・それにビーチの奥行きやその先の空の白さの立体感が、全く違いますねと・・・

ま、小原さんが・・・久々にローンを組む気になったと・・・干乾びたキリギリスのσ(^^)私でも、小原さんがZ!を導入された気持ちが分かりました・・・(^^;

いやあ、やっぱりこのレンズ性能とレーザーダイオード光源の力はでかいです!・・・こればかりは物量による差が圧倒的で・・・他の手ではまず無理かな?って気も・・・

で、つづいては・・・映画「レベナント」の4K ULTRA HD Blu-Rayを・・・なんでも、アリアレクサ65ってカメラのポテンシャルが高いのだそうで・・・高解像感、奥行き感、立体感、グラディエーションのよさを見てください・・・

最初の木立のシーン・・・川から立ち上がる湯気の様子に注目してください・・・その後、バッファローに食らいつくシーンの焚き火の炎も・・・

おお!・・・さすがに余裕の映像・・・驚くほど自然な印象・・・音と同じくどんどん自然でこれ見よがしな所が無くなって行く・・・(^^;

ここで、シーンを少し飛ばして・・・木立のコントラスト、細かな情報で、アリアレクサ65のカメラの性能の良さとZ1のポテンシャルの高さを見て下さいと・・・

う~ん・・・解説いただくと、凄いんだなあって思うんですが・・・普段、いかにボ~ッと見ているかを知るわけですね・・・(^^;

コントラストとネイティブ4Kによる情報の細かさとレンズの性能の高さ・・・なにせF2.6と言う非常に明るいレンズで、3000ルーメンの輝度・・・HDRの良さが出る明るいシーンから暗いシーンまでのレンジの広さやグラデーションの高さが非常に分かるかと・・・

つづいては・・・WOWWOWのエアチェックソースでスターウォーズのフォースの覚醒をアップコンで見ていただいたときどうなるかをご覧くださいと・・・金属の質感や砂山の黄砂の様子、乾いた空気感をと・・・

なるほど・・・って、もうため息しか出ない・・・(^^;

おつぎは・・・アランドロンが主演したサムライという映画を・・・それから、小原氏が自宅でZ1を見て最も驚いたと言う作品パシフィックリムを・・・目の眩むぐらいの明るさのピークから黒の情報・・・よくぞこんな作品を作ったなと思う4K ULTRA HD Blu-Ray・・・Z1の良さがフルに発揮されるコンテンツの1つとのことで・・・このコンテンツの凄さは、UHDをZ1で見て始めて分かったと・・・

いやはや・・・参りました・・・(^^;

それから・・・ライフオブパイで夜のシーンで鰹のうろこが付いたシーン・・・で、最後に・・・マッドマックスを・・・

ハハハ・・・でも、最後に小原さんから・・・Z1のポテンシャルを出すには、暗黒の部屋が無いと駄目で・・・リビングシアターでは無理とのことで・・・

そうですよね?・・・部屋を含めてこれだけのクラスの機材を導入できる余裕が無いと・・・

ってわけで、記憶からも消し去ることとなったわけで・・・(^^;

それと・・・3Dで味わったように・・・コンテンツがどれだけ出て来るか?・・・更に、干乾びたキリギリス的には・・・レンタルや衛星放送、配信など・・・4Kならではのコンテンツがいかに容易に手に入るか・・・(^^;

ま、期待はめいっぱい高まりますが・・・結局のところは、まだ数年は様子見かな?ってのが正直なところ・・・(^^;

と言うことで、この試聴会のお話しはこれにてお終い・・・明日は?

久し振りに、音友達のところへお出かけして・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3257-2cdfde32