【3167】170311 ビクターのプロジェクターDLA-Z1を見に(前編)・・・(^^; 

さて・・・相変わらずのアナログ三昧ながら・・・針のビビリも何とも出来ない甲斐性なしなもんで・・・今日はちょっと違う方向へ?・・・(^^;

って言うか・・・少々映像系への逃避行?・・・実際は、将来に向けての種まき・・・(^^;

そう、かみさんを連れての試聴会・・・

と言うのも・・・そろそろ4Kの実力を見ておきたいなってのと・・・ギョッっとするほどの違いがあるなら、今のうちからかみさんに、その凄さを見せておかないとと・・・(^^;

以前、σ(^^)私の大好きな映画番長(堀切日出春氏)の試聴会に、めっちゃマニアックで面白いからと、かみさんを連れて行ったところ・・・使われた映画素材とその映画にまつわるマニアックな話が面白かったようで・・・映画系で面白そうな試聴会なら付いて来てくれる・・・

ってわけで・・・今回は小原由夫さんの試聴会だってことで、かみさんを誘い出すことに成功!・・・ホントは、タイトル通りDLA-Z1の映像で、かみさんの目を肥やしておこうと・・・(^^;

【ビクターのプロジェクターを見に】
3167-01ビクターのプロジェクター

で、どうだったか?・・・結論から言うと・・・えっ!いきなり?・・・ハイ!(^^;

映像のイベントで・・・1ヶ月も経つと・・・全くと言っていいほど記憶が無くて・・・(滝汗

まあ、確かにDLA-X770RとDLA-Z1を見比べて・・・そもそもの価格が90マソだ350マソだって話はともかく・・・DLA-Z1の映像は、飛び抜けて凄いなって印象はあったものの・・・

4K映像自体の凄さに、期待ほどの驚きがなくて・・・記憶も薄い?・・・ひょっとするとその実力を測れるソースがまだ無いからなのか?・・・そもそもσ(^^)私の視力が、それほどに老化してきているのか?・・・どちらか?と言うより・・・結構、後者の占める影響が大きいなと思うわけで・・・(滝汗

ただその割りに、後で回った電気店で見た有機ELの画像の凄さにはマジでビックリ!(@@;

この先に8Kがあり、大画面化が進めば・・・100インチ程度ならDLA-Z1なみの投資で驚くべき映像になるなと・・・強烈な期待を持った次第で・・・(^^;

σ(^^)私的に、プロジェクターの一番のメリットは・・・自宅に入れられる100インチ程度の高いクオリティの大画面が、圧倒的CPで手に入るから・・・

今のうちのプロジェクター導入時、50インチ程度の液晶TV導入費用程度で同等以上の画質のプロジェクターが手に入ったわけで・・・100インチ級の(ちなみにうちは90インチですが(汗)フルHDの3D映像を満足に見るにはDLPのプロジェクターしか選択肢が無かったし・・・(^^;

で、今求めるなら・・・フルHDを遥かに圧倒する4Kならではの映像を、手の届く価格で、100インチ級(今と同等)以上の大画面で見たいわけで・・・(^^;

今回の試聴会とその後の電気店回りでは・・・2~3年もすれば80インチ程度のサイズなら有機EL(OLED)の量産効果と大画面化技術の進歩の方が、早く期待に応えてくれるんじゃないかな?って気がして・・・

デバイスとしては、ネイティブ4KのDLPパネルのプロジェクターに一番期待したいのですが・・・DLPのプロジェクターを手がける国内メーカーはいなくなっちゃったし・・・残念ながら、今のところネイティブ4KのDLPパネルを使った製品が出てくる気配が無いし・・・

更に残念ながら有機EL(OLED)の技術はあちらへ持って行かれちゃったけど・・・今のところ、国内メーカー各社がそのパネルを使った製品を出しているので・・・この大画面・低価格化に期待するのが一番現実的かな?と・・・(汗

なんて思ったのが今回の結論なんですが・・・

ま、備忘φ(..)メモとして、試聴会のおさらいもちょっとしておこうかなと・・・

で、当日、少し早く着いて試聴会場の待合室で待ってると・・・隣の部屋でビクターさんがDLA-X770RとDLA-Z1の試写をしていると言うので・・・小原さんのイベントが始まるまで、ちょっぴりそちらを覗きにいったんですが・・・

oppo UDP-203とDLA-Z1で投射してたものの・・・ソースがBlu-Rayだったので、Z1の実力は、余り実感せず・・・ただただDLA-Z1の筐体の大きさに驚くばかり・・・(@@;

っと、小原さんのイベントを開始するとのアナウンスがあって、会場へ・・・

で、まずはビクターさんから・・・今日は新世代ネイティブ4Kプロジェクターの試聴会で、既にオーナーの小原さんから、オーナーならではのイベントになりますと・・・でもって、最初はこの日のデモの製品説明が・・・

あ、ビクターって書いてますが・・・今は、JVCケンウッドなんですね(^^;・・・ここのデバイスは・・・D-ILAって反射型液晶パネルだったかな・・・で、DLA-X770Rは、4Ke-shift4とか言うフルHDパネルでちょっとずらした画素を2回表示して4Kにするなんちゃって4Kで・・・DLA-Z1は、ネイティブ4Kのパネルってことで・・・

へえ、ビクターのホーム用プロジェクターってまだ10年しかやってなかったの・・・そうか、D-ILAを使って、業務用からホーム用に変わって行って・・・そう言えば、三管プロジェクターからD-ILAに移行する人って結構多かったなあ・・・(^^;

っとっとっと・・・のんびりしてたら、あっという間に制限時間を越えちゃった・・・

ってわけで、つづきは明日に・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3255-f42ce8a0