【3161】170225 カートの比較(YAMAHA MC-9,3、FR-1mk3、SONY XL-MC5)・・・(^^; 

さて、やっぱり続くアナログ三昧・・・とは言え、やっぱり相も変わらず回り道?・・・干乾びたキリギリスゆえ、弄りすぎて眠い音になってしまったシステムを本質的に修復することも叶わず・・・あっちこっちにバランスをずらせて、わざと音を荒立ててる?・・・(滝汗

いや、そんなつもりはもうとう無いのですが・・・質が上がるとどんどん端正で大人しいサウンドに・・・っと、弄り倒して眠い音のSPは、更に眠い音に・・・(汗

ま、それゆえ少々のスパイスが欲しくなるのかな?と・・・(^^;

で、そんな戯言は置いといて・・・この日のプチ実験の備忘φ(..)メモを・・・

実は、この前の週末に、実家へ戻る所用があって・・・このところの確認事項を、実家のシステムでも聞いてみようと思ってたんですが・・・

かみさんがインフルエンザとなった関係もあって戻るのをこの週(翌日日曜)に延期して・・・っと、この日は耳鳴りの医者へ行って・・・このプチ実験を・・・

で、何をやったかってい言うと・・・SONYのXL-MC5の入手もあって、このところの入手カートリッジの聞き比べをと・・・

【比較したカートリッジ】
3161-01比較したカートリッジ

で、まず最初に聞いたのは・・・空芯コイルだと勘違いして入手したYAMAHAのMC-9で・・・

【The Complete Village Vanguard Recordings_1961】2945-02
2945-02The Complete Village Vanguard Recordings_1961

ビルエバンスの4枚組を聞いてみると・・・

う~ん、やっぱりこのカートリッジは帯域が少し狭いのか?・・・でもその分中域が太くて・・・なので、ちょっとピアノの音が丸く感じられるので、曇って聞こえる・・・ベースが量はでるけど緩く滲んでる・・・カートリッジが暖まってないのもあるのか?(滝汗・・・力強さはあるけど、響きが濁ってる感じがする・・・

と言うことで・・・おつぎは、空芯コイルのMC-3にしたら?・・・って、片やオーディオテクニカのシェルのMG-9で・・・片やAT-LH15だったりするんですが・・・ま、聞いてみると・・・

お!・・・全然音が澄んでて・・・暗騒音もよく聞こえ・・・ベースの音が凄く見通せる・・・シンバルも濁った感じが無いし・・・ちょっとドンシャリ系?ってか、中域が薄い?細い?・・・ま、これこそ最近聞いてなかったから、まだ目覚めてない?・・・(^^;

MC-9の方がベースは少し太くリアリティがあるけど・・・全体的には、軽いけど抜けのいいMC-3の方が好評価?・・・もう少しアームの調整が必要かな?・・・(^^;

で、おつぎは・・・酒仙坊さんから長期借用中のFR-1mk3を・・・

こちら、ノーマルのFR-1mk3より抜けよく音が前に出て来る感じががするかも?・・・ま、ケースの一部が開放構造だから?・・・シンバルも綺麗でスネアも生々しく・・・ベースの生々しさもこのカートリッジの方がいい感じ・・・(^^;

【カートリッジの聞き比べ?】
3161-02聞き比べ

で、最後は・・・昨日のお話しでも登場した・・・SONYのXL-MC5を聞いてみる・・・

おお、やはり昨日のファーストインプレッションは正解か?・・・多少、音が丸めに聞こえるけど・・・中低域の厚みがあって、ベースの生々しさがかなりいい感じに・・・

ちょっぴり凝縮感がある分、空間の広がり感は薄い気もするけど・・・音自体が薄くならずに実体感ある雰囲気で・・・出音の力強さや飛びはいい感じに聞こえる・・・(^^;

ベースの実在感と前に出て来る感じは、一番いい感じ!・・・

ってわけで、こりゃあ、しばらくSONYのXL-MC5を聞き込んでみようかなと・・・(^^;

と言うことで・・・ちょっと短いですが・・・この日のプチ実験はこれにてお終い・・・

あすは?・・・実家へ戻って、ちょっとだけ実験を・・・(^^;

なので、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

コメント

なんか、10数年前に私がアナログを再開したときみたいなことをされてますね。
私はまず自分の標準機を聞いていて、入手したカートリッジを最低1週間続けて聞いてそのあと元に戻して、どちらが好みかどうかを確認して、外れたら半年ぐらい置いておいて売っ払いました。
Mt. T2さんみたいに細かい音色の表現ができない(私の駄耳ではそこまで細かいことは分からない)ので、ナチュラルに聞こえるかどうかの1点での比較にして、どんどん取り替えて行って今のカートリッジに辿り着きました。そうしていくと、振込料と送料ぐらいで試聴できる感じにサイクルが出来上がります。(笑)
で、決まったカートリッジを基軸にして今度はどんどんソースの方を厳選していく感じですね。不思議なことに盤の良し悪しは私の駄耳でも分かります。(笑)

Gabachoさん、コメントありがとうございますm(_ _)m
一部手持ちの現行のカートリッジは、気持ち的に楽なんですが・・・大半の手持ちのカートリッジは数十年ものですので、特にダンパー性能の劣化で、度の程度音のクオリティが落ちてるのか分かりませんが・・・寒い時期にのビビリや濁りを聞くと、やはり相当初期性能からの隔たりはあるだろうと感じています(^^;
なので、本当はGabachoさんが仰るように、気に入るカートリッジを見つけて、いくつか確保しておきたいのですが・・・そもそも流通している安価でまともなカートリッジの絶対数が少ないので・・・結構、一か八か?って状況ですね(^^;
ホントは、手の届く価格の現行機種で気に入るものが見つかるのが一番なんですが・・・いいものは気の遠くなるような価格なので・・・悩ましいです(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3249-8f06719d