【3152】170211 さぬき遠征:Kin-ya邸(5)やっぱり超盛り上がり・・・(^^; 

さて、この日の早朝、薄っすらと雪の積もったうちの最寄駅で、オルフェのサンバさんをピックアップしてどうなることかと思いつつも向かったさぬき遠征・・・

逆に、この悪天候の予報が功を奏したのか?・・・全くの渋滞も無く・・・淡路島から四国に渡る頃からは、絶好のドライブ日和に・・・

この幸運を予感させる天気後押しされ・・・モモンガ邸でも、教授邸でも、ご機嫌な曲を、それぞれのこだわりサウンドでたっぷり楽しませていただいて・・・

更には、教授邸で出し切り方向の飛びっきり現代ハイエンドシステムで聞く、2トラ38の飛びっきりテープを確認し・・・

どんどんテンションも上がって、もう既にめっちゃ盛り上がり・・・またまた更に、その勢いに乗りまくり出したKin-ya邸の音量原寸大級の体感サウンド・・・(^^;

アニソンの快感再生を軽々こなす、SN感の高いシステムから・・・ぶっ飛びのボディ感のある迫力体感サウンドで、心地よく楽しんだローマの祭り・・・

どうやら、この体感迫力サウンドは、オルフェのサンバさんにも、かなりの衝撃を与えたようで・・・自身のオーディオ感を変えるべき驚きの体験だと・・・帰ったら、体感レベルを試してみない戸と、意欲満々・・・(^^;

と、その勢いで・・・σ(^^)私が飛びっきりテープの音をあれこれ聞きたくて、時間を取り過ぎちゃった関係で、教授邸では出来なかった・・・音源比較確認(^^;

そう、一番最初にモモンガ邸で比較検聴した・・・オルフェのサンバさんご持参のUHQCDと通常CDの聞き比べを・・・

と言うことでかけられたのは・・・ヴァーツラフ・ノイマン指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団で、ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調「新世界より」を・・・

っと、あれ?・・・さっきのローマの祭りの抜けが凄くよかったからか?・・・凄くパリッとエッジの効いたサウンドで、ドバッと出てる感じなんだけど・・・どこか、ずっと全力で力みっ放しのような演奏に感じるなあ・・・

っと、思ってたら・・・オルフェのサンバさんから・・・今のがUHQCDで、ガラスCDと同じ反射率とうたわれてる盤なんですが(爆・・・次のは並みのCDです(大爆笑

で、同じ音量で、Kin-yaさんのお耳でどちらがいいかを判定していただきたいんです・・・今日の最終結論としてどちらになるかを確認したいんで・・・っと、同じ曲をかけたれた・・・

あ、やっぱり・・・出だしから力みの無い抑揚のある演奏で・・・うわっ、全然違う!・・・トランペットの吹き方にも強弱があって・・・各パートがそれぞれ奥行き感のある配置で・・・

っと、教授とモモンガさんがほぼ同時に・・・いっしょや!っと・・・(^^;

で、Kin-yaさんからは・・・こっちの方が音量が上げられる(爆・・・こっちの方が立体感がある・・・さっきのは、音が潰れてしまうので、音量が上げられない・・・最初の音が出た瞬間から、こっちの方が奥行き感があって、絶対こっちの方がいいと・・・

やはりそうですか・・・午前中、モモンガ邸で聞いてもらった時も、皆さんこっちがいいとのことで・・・じゃあ、いったいこれは何なの?と・・・(爆

う~ん・・・悩ましい結果になっちゃいましたねえ・・・マスタリングが違うんじゃないか?としか思えないほどに大きな違いが・・・

グルグル(ベデイニのウルトラ・クラリファイアって整磁機)を回さなければ、最初のCDの方がよかったかも知れないね・・・断然、普通のCDの方が自然だし、分離もいいし、立体的だから・・・音量上げても立体感はそのままに迫力が増すだけでごちゃっと潰れないし・・・と皆さんからのコメントがあり・・・ってことは、これは逆サンプラーってこと?って・・・(汗

いや、多分、聞かせてもらってるシステムが、盤の音を全部曝け出してしまうパフォーマンスを持っているからじゃないかなあ?(汗・・・例えば、うちのような眠い音のシステムで聞いたらUHQCDの方がメリハリのあるキリッとした音でいい感じに聞こえるんじゃないかな?・・・

だからきっと、うちみたいな非力なシステムに下駄を履かせるための、ドーピング用の盤ってことなんですよ・・・(滝汗

と言うことで、悩ましい結果になったので・・・再び普通にアナログっぽい音源をと・・・ハイブリッドSACDで・・・およ?P-0がなかなか読み込まない・・・なんでも、P-0のパラメーターをかなり厳しい設定にされているからとのことで・・・

っと、何とか読み込んだ・・・で、お馴染みのカンターテドミノのCD層12曲目を再生・・・

おお、ホッとする滑らかなソプラノがすーっと伸びて・・・優しい教会の響きで部屋中が満たされる・・・

っと、オルフェのサンバさんから・・・アウトバーンを200Km以上でゆったり走ってるかんじやねと・・・っと、うちは110Kmだ40Kmだと皆さん口々に・・・(爆

いやあ、参りました・・・Kin-yaさんがケーブルに拘られる理由がよく分かりました・・・白いものが光ってたので見に行ったら、凄いケーブルばかりで(^^;・・・これらがあって、これだけの音が出せるんですね・・・とオルフェのサンバさんが・・・・

確かに・・・音数と解れとハーモニーをこれだけの音量で聞けるのは、機器とケーブルの組み合わせやセッティングも含めてそれだけの質のコントロールをされているからでしょうね・・・

と言うことで・・・これから大阪まで戻らなければいけないので、この辺りでと・・・

いやあ、仕事でお疲れのところへ遅い時間にスミマセンでした・・・めっちゃ大盛り上がりで、たっぷり楽しませていただきました・・・ありがとうございました!m(_ _)m

お気遣いいただいて、色々アナログ的なサウンドをたくさん聞かせていただいたんですが・・・σ(^^)私的には、アニソン・・・Liaの青空がここで一番印象深い鳴りっぷりだと感じました・・・やっぱり、アニソンがあれだけ鳴るから他のジャンルが気負い無く余裕で聞けるんでしょうね・・・ここのボディ感のあるハイエンドサウンドσ(^^)私好きなんです・・・(^^;

で、この後、美味しいコーヒーを入れていただいて・・・ケーキをいただきなら、オーディオ話でもうひと盛り上がり・・・全然そんなこと無いんですけど何故かσ(^^)私は厳しいとのご指摘を頂いて(滝汗・・・それじゃぼちぼちと、オルフェのサンバさんとともに大阪へ・・・

いやあ、モモンガさん、教授、Kin-yaさん、お忙しい中、貴重な時間を割いていただいて・・・お陰様で、めっちゃ盛り上がって、たっぷりとめいっぱい楽しませていただきました!・・・いやほんと楽しかった\(^^)/・・・ホントにどうもありがとうございましたm(_ _)m

是非、また遊んでくださいね~!(^^;

と言うことで、長らく続いたさぬき遠征のお話しは、これにて終了・・・明日は?もちろん息抜きネタ・・・(超滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3239-cc3eb264