【3144】170211 さぬき遠征:教授邸(4)やっぱりCDが凄い!・・・(@@; 

さてさて・・・2年間の進化で、ぶったまげサウンドになった教授邸のPCオーディオ・・・改めて教授チューンとSilver Runningのケーブルの威力を痛感!・・・(^^;

と、何気に思ったのは・・・太刀魚電源ケーブルって、スイッチングのACアダプターでさえ高音質に変えてしまう・・・ってそれだけでは納得行かなくて・・・どう聞いても、PCのノイズまで押さえ込んでいるような・・・PCの電源スタビライザーみたいなアンカーするみたいな・・・効果を発揮してるのでは?ってこと・・・

と、教授が・・・最初PCだし、短い太刀魚ケーブルを使ってたそうですが・・・長い方が効果が高かったとのことで・・・やっぱり押さえ込むと言うか調律するため?それなりの長さが必要ってことなんですね・・・(^^;

【MacBook ProのHDNIケーブルから】3141-02
3141-02G-0sの上にMacBook Proが

で、オルフェのサンバさんから・・・Silver RunningのUSBケーブルの隣はHDMIですか?っとの問いが・・・で、これもSilver RunningのHDMIケーブルですとのことで・・・

えっ?じゃあ、最初に仰ってた娘さんとお友達が、NEWSライブを見てたのはこのMacBook Proでなんですか?って聞くと・・・いや、それはBlu-Rayでと・・・

へ~!それは凄く変わったマニアですね?って聞いたら・・・それを、年代ごとに見て行くんですよと・・・へ~!NEWSをわざわざBlu-Rayにしてって、ある種の現代史オタクみたいなもんですかね?と・・・いやいや、NEWSってジャニーズのNEWSですよ!って・・・

どひぇ~!そっちのNEWS!・・・σ(^^)私はてっきりNEWSソースをBlu-Rayにアーカイブして、それを1日中見てるような、超ニュースオタクな女子大生がいるんだと思って・・・ってσ(^^)私の頭の基準がぶっ飛んでるってことに・・・(爆

っと、ここでトイレ休憩と・・・クルマから本日のもう一つのテーマ・・・教授との約束の2トラ38のデッキとテープを運び込んで・・・

【デッキを運び込んで】
3144-01デッキを運び込んで

既に雪はやんでましたが・・・ずっとクルマの中で冷えてたので・・・しばらくは、暖めとかないとと・・・テープ1本を再生しながら暖機を・・・(^^;

で、暖まるまでの間・・・つづいてCDを聞いてみましょうかと・・・

っと、かけられたのは・・・先ほどPCオーディオで聞かせてもらったAACの音源を、WAVに変換してCD-Rに焼いた松田聖子の薔薇のように咲いて 桜のように散ってをP-0で再生・・・

おお、さっきのPCオーディオとは全く違う音源のようで・・・重心が低くて密度の高い滑らかなサウンドで立体感もあって・・・いや、ここまで鳴ると、教授邸のメインのCD再生にかなり近付いたサウンドで・・・もうあと少しの密度感、空気感が出ればねえ・・・

って圧縮音源とメインのCDを比べたら駄目ですって!・・・PC音源でこれだけ鳴ったら凄いでしょ?って話なんですから・・・なんて贅沢な!(^^;

こんな贅沢な耳にしたのは、耳に焼きつくほどのCDサウンドを聞かせた教授ですよ・・・(^^;

ってわけで・・・これがハイレゾになるともう少しとかけられたのは・・・DSD音源のSuaraの星座を・・・

と、冒頭のピアノの伴奏から空間を埋める音の密度が全然違う・・・こってりと濃く滑らかな厚みを持ったボーカルが部屋に響く・・・

あれだけ圧縮音源には聞こえないと驚いたiTunes Storeからの音源が・・・これを聞いてしまうと、やはり間引かれた音だったんだと気付かされる・・・

で、つづいては、グレースマーヤのラスト・ライブ・アット・ダグからサニーを・・・

【グレース・マーヤのラスト・ライブ・アットDUG】1577-02 画像はSACD
1577-02グレース・マーヤのSACDラスト・ライブ・アットDUG.jpg

これもDSD音源ですかね?・・・なるほどなあ・・・やはり音数が違うんで、空間の密度が高いですねえ・・・とにかく音の純度が高くて澄んでいて・・・それでいて個々の演奏、ボーカルがそれぞれ音が濃いんですよね・・・

と、ここで感じたのが・・・教授邸のCD再生の圧倒的なパフォーマンスの高さ!・・・記憶にある教授邸のCD再生のイメージは・・・この驚異的な音数と密度のハイレゾ音源を聞いてなお、PCオーディオを感じてしまうんです・・・教授邸のCD再生なら、ハイレゾの必要性はないんじゃないの?って思ってしまう・・・(汗

なんて思ってると・・・テープデッキが暖まるまで、今度はCDを聞いてみましょうかと・・・

【オルガニスト】1037-02
1037-02オルガニスト!.jpg

Organist/KankawaからSoftly as in a Morning SunriseをブルメのDACで・・・

う~ん、やっぱり・・・教授邸のCD再生は濃いなあ!(^^;・・・なんなんでしょう?一般的にハイレゾで埋める音がCDで出ちゃってる・・・で、おまけにDSDで薄れる力強い厚みと濃さが飛びっきりに出てて・・・ま、この濃密なサウンドは、ブルメのDACの力量もあるんでしょうけど・・・それ以前に、教授邸ならではの送り出しの高SNと情報量、P-0ならではのどっしりとした安定感・・・って、やっぱり教授チューンなサウンドなんですよね・・・

あ、さっきのiTunes Storeからの音源が、PCから再生するより・・・CDに焼いてP-0で再生するとビックリ!(@@;になるのは、教授チューンの外部クロック供給したP-0からのスペシャルな送り出しによる所が大きいってことかなあ?・・・(^^;

っと、デッキのウォーミングアップまでのCDサウンドが、やっぱり一番インパクトが・・・

ってわけで、ちょっと中途半端ですが、今日はここまで・・・つづきは明日に・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3231-f02ad63a