【3122】170115 アーム式レコードクリーナーの製作?・・・(^^; 

さて、ゴン蔵邸での超度級励磁SPの衝撃サウンドから1週間・・・テープに始まり、PL-31Eのアームを直し・・・連日のアナログ三昧で、ようやく忘れかけて来たかな?って状態に・・・

で、PL-31E弄りのために入手した?ジャンクプレーヤーPL-12Eから剥ぎ取った・・・オーディオテクニカのアームタイプのレコードクリーナーAT-6001をPL-31Eに装備したわけですが・・・

これまでは、パイオニアのバラックプレーヤーでメイン使用していたNAGAOKAのオート131ってアームタイプのレコードクリーナーを使い回していたのですが・・・(汗

実はこのNAGAOKAのオート131は、スペアのベルベットブラシが付いてて・・・これがずっと休眠していたんです・・・(^^;

で、今回PL-31EにAT-6001を装備したことで、PL-25E改用にも同様のクリーナーがあれば、いちいち使い回さなくてもいいのになと・・・(汗

ってわけで・・・以前から、休眠中のオート131のスペアブラシを有効利用出来ないかな?って思ってまして・・・

ようやく重い腰をあげることに・・・(^^;

【材料の調達】
3122-01材料を調達

で、近所のホームセンターで材料を物色して・・・最初はアクリル材で作った方が簡単かな?なんて思ったんですが・・・静電気の問題もあるし・・・

ってわけで、急遽金属材料でやることにして・・・1mm厚のアルミ板、φ10mmのアルミ棒、φ6mmのアルミパイプを調達して来ました・・・(^^;

【パーツの切出し】
3122-02パーツの切出し

NAGAOKAのオート131を真似て、パーツを切出して・・・おもり部分のφ10mm丸棒にφ6mmの穴を開けて・・・アームを差込・・・

でもって、ベースは、仮に黒檀ブロックにφ3mm程度の穴を開けて・・・そこへ裏から釘を差し込んで・・・アームの保持版を両面テープ止め・・・

【軸受穴を開けて】
3122-03軸受穴を開けて

で、アームを保持するためのピンを挿入する、軸受穴をドリルで開けて、少しザグッて・・・

【仮組みすると】
3122-04仮組み

アーム線端に切り込みを入れて・・・アルミ板から切出したヘッド部分を差し込んで・・・仮組みしたのがこんな感じ・・・(^^;

【ヘッド部に静電ブラシを】
3122-05静電ブラシを

模型用の静電ブラシ?から、少々毛先を切り取って・・・銀線を中心に束ねて・・・これをアルミ板のヘッドにエポキシ接着剤で接着・・・

【ヘッドをアームに取り付け】
3122-06ヘッドを組み込み

で、ヘッド部分をアームの切り込みに差し込んで・・・銀線をアルミパイプに接触させ・・・接着剤で軽く固定・・・

【これで完成?】
3122-07完成?

ってわけで、これにて一応の完成?・・・(^^;

【動作確認は?】
3122-08動作確認

で、PL-25E改に設置して・・・釘の部分にアース線をワニ口クリップで接続して・・・

って、残念ながら、静電ブラシ自体の導通がないので、静電気除去の効果の程は分かりませんが・・・普通に動作はするようで・・・

あれ?・・・残念ながら、黒檀のベースが少し軽く、アームの移動時に動いてしまって、ちょっと使い難い・・・(滝汗

なので、ベース部分の見直しは、また後日?・・・材料も考えた上でということに・・・

ってわけで、今日のお話はこれにてお終い・・・(^^;

明日は?・・・PL-31Eのなんちゃってマグネフロートをちょっと・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3209-2e80c2c9