【3118】170107 ゴン蔵邸再訪(励磁SPの威力)(3)・・・(^^; 

さて、1年ちょっとぶりに、ゴン蔵邸の全帯域励磁SPとなったシステムを聞かせていただいたんですが・・・つくづく励磁SPの威力にはビックリ!(@@;

いやはや何とも凄いサウンド!・・・σ(^^)私が生まれる前のシステムなのに、一体どうしてこんなに透明で純度の感の高い音が出るんでしょう?・・・

この音を聞くと、今のシステムで聞く音は、どうにも濁っているように感じてしまうんですが・・・一体どうしてなんだろう?って思わざるを得ないんですけど・・・(汗

なんて思っていると・・・励磁の音を聞いてしまうと普通のSPの音が効けなくなってしまう・・・気持ちまでスッと浄化されるみたいで・・・とのコメントが・・・

(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん・・・ホントにそうなんですよねえ・・・(^^;

【2288】140915 ゴン蔵邸訪問(1)超度級のウェスタンシステム・・・(^^; [2014/11/12]
以降、全10話・・・

一番最初にゴン蔵邸で聞いた励磁の555と15Aホーンの音のインパクトが強くて・・・

実は、今回ここへ伺うのもちょっと躊躇したくらいで・・・ようやくうちの眠い音に耳が慣れて来たのに・・・また、励磁SPの音を聞いてしまったら・・・きっとガクッ_| ̄|○っとおちこんじゃうだろうと・・・でも、そう思いつつも、やっぱり聞きたかった!・・・(汗

しかし、どうしてこういう音が出るんですかね?・・・音のスピードが全然違うんですよね?・・・どうやってこういう澄んだ音が出るんですかね?ってたずねて見ると・・・(^^;

SPのコイルからの逆起電力が、励磁電源伝わってはね返ってフィードフォワードのように働いて、これがまたアンプに戻って、あたかもフィードバックが倍効いているような感じになるからかも?・・・だから、アンプによっても音が変わるし・・・励磁電源によってもちがうし・・・なんてコメントをいただいて・・・

おお、なるほど!・・・確かにそんな感じに聞こえますね・・・

そう言えば・・・最近感じるインフラノイズ製品による音の変化や・・・サウンドチューニングを突き詰められた音友達のお宅の音の変化にも通じると感じる所があって・・・それぞれある種の音に共鳴?調律?されてるような・・・ラジオの周波数を調整するみたいな・・・っと、これはちょっと違うなあ・・・何かこう、違う周波数の2つの発音体を位置や接触具合を変えるとある音が大きく聞こえて来るところがあるみたいな?・・・まあ、それゆえ調律って感じを受けるんですが・・・(汗

ま、難しい話は置いといて・・・ゴン蔵邸でのつづきの話へ・・・

つづいては、一旦スクリーンを降ろして・・・BDからだったかな?・・・

サイトウ・キネン・オーケストラで・・・いやあ、素晴らしい臨場感・・・鮮度が高く、ステージの雰囲気そのままに・・・木管の音色に心癒され・・・やっぱりコントラバスやティンパニー?とか、低音が、奥の方で何気にふっと空気が動くような感じで鳴るのがいいですね!・・・この辺りも励磁SPならではじゃないかな?・・・いやいや、素晴らしい演奏で・・・(^^;

で、おつぎはFさんご持参のBS録画ソースから・・・

【BS録画から】
3118-01BS録画から

ヴィヴァルディの残酷な運命に打ちひしがれた魂は・・・

うわ~!・・・なんて背景の澄んだ音・・・やっぱり濁りが無くて純度と鮮度の高い音で・・・それにしても、難解な歌ですね・・・聞いてるこちらが息継ぎのタイミングを待って息苦しくなりそうなほど・・・(汗

いやあ、それにしても励磁SPって、音が別格ですね!・・・っと、ゴン蔵さんから・・・励磁をやりだしたら、もう、戻れなくなったと・・・(^^;

っと、そんな純度の高い音だからか?大@神戸さんから、スクリーンは穴が開いてるやつですか?と・・・そうです、サウンドスクリーンです・・・基本的には、映画館と同じようなもんです・・・(^^;

【おつぎもBS録画から】
3118-02こちらもBS録画から

で、おつぎもBS録画からで・・・アイネクライネナハトムジークを・・・

う~ん、凄いなあ・・・バイオリンの音の透明度が凄い!・・・それと音の純度?と言うか響に変なにじみや膨らみが無くて・・・ども綺麗に響きが伸びる・・・やっぱりWEのドライバー&励磁ユニットって、ユニット自体が調律したような音を出すんでしょうか?・・・と言うか、そんな風に聞こえる気がします・・・(^^;

【もう一つはパイプオルガンを】
3118-03もう一つパイプオルガン

で、おつぎもBS録画から・・・パイプオルガン・・・トッカータとフーガを・・・

ちゃらり~半から牛乳~♪・・・って、冗談は置いといて(汗・・・これまた鮮度感の高いサウンド!・・・ホントに驚くべき再現性?・・・ホールの響に埋もれるタイプじゃなく、パイプからの音をオンマイクで録ったんじゃないか?って鮮度感(@@;

っと、ゴン蔵さんから・・・励磁SPは、立ち上がりが早いので、本来、持続音は苦手なんですよとのコメントが・・・

いやいや、ホールの響に埋もれない、本来のパイプオルガンの音って感じで好きです・・・でも、ホールと言うか教会の響きとあいまった荘厳な感じの再生も好きですけどね・・・(^^;

でおつぎは・・・再びレコードに・・・っと、残念ながら今日は時間切れ・・・

なので、つづきは明日に・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3205-13823fff