【3116】170107 ゴン蔵邸再訪(励磁SPの威力)(1)・・・(^^; 

さてさて、日々古いベルトドライブプレーヤーPL-25E改でレコード三昧してますが・・・今回は更に過去の世界へ?・・・(^^;

そう、古いを通り越して・・・ビンテージの世界・・・ゴン蔵邸の再訪です・・・

前回は・・・およ?・・・もう1年以上も前?・・・(汗

【2736】151223 ゴン蔵邸再訪(4Way+STW)(序)・・・(^^; [2016/02/03]
以降、全5話・・・

この時は・・・石井式の新オーディオルームになって2度目の訪問で・・・励磁のRCAのウーハーを装着したウバンギと、WEの励磁555ドライバーの15Aホーンに、10セルホーンのロンドンWEの2090ってWE中心の構成に、075とSTWを加えた何とも超度級なシステム構成・・・

~300HzをRCAの励磁ウーファーの入ったウバンギが受け持ち・・・
300Hz~1200Hzを励磁555ドライバーの15Aホーンが受け持ち・・・
1200Hz~4200Hzを10セルホーンの2090が受け持ち・・・
4200Hz~を075が受け持ってました・・・

で、そのサウンドは・・・ビンテージシステムとは思えないワイドレンジ&ハイスピードなサウンドで、ご機嫌な音源をたっぷり楽しませていただいたんですが・・・

あれから1年余り?・・・今回も驚き満載の訪問となりました・・・(^^;

今回は、最近励磁SPにどっぷりなFさんからお声掛けいただいて・・・現地で大@神戸さんと合流という3名での訪問となりました・・・

と言うことで、到着するやオーディオルームへ・・・

【約1年ぶりのゴン蔵邸】
3116-01約1年振りのゴン蔵邸

おお!・・・久し振りのそびえる巨大システム!・・・(^^;

ゴン蔵邸と言えば、石井式の専用ルームに巨大なウバンギと更にその上にそびえるような15Aホーンの巨大SPシステムがトレードマーク?・・・

っとっとっと・・・何やらいっぱい見慣れないアイテムが広い部屋にところ狭しと・・・おまけにシステムもこの1年で結構変わったようで・・・(@@;

まずは、入り口の直ぐ隣に・・・新たなターンテーブルが・・・

【新たにEMTのターンテーブルが】
3116-02新たにEMTのターンテーブルが

っと、残念ながら、今回あれこれ盛り沢山で、このターンテーブルの音は聞けなかったんですが・・・新たにEMTのターンテーブル(EMT948)が・・・(@@;

このターンテーブルの白い台は、専用に製作されたもので、ターンテーブル本体の下には、ウェルフロートが内蔵されてました・・・

【隣はRCAのターンテーブルとフォノイコ】
3116-03RCAのターンテーブルとフォノイコ

で、その隣・・・こちらは前回からあるRCAのギアドライブのターンテーブル・・・フォノイコ(LYRA AMPHON PHONO)は新たに加わったもののようです・・・

で、送り出し機器と、アンプはそのお隣・・・

【送り出し機器】
3116-04送り出しとプリ部

えっと・・・デジタル系の送り出しとしてEMT986が増えてる?・・・で、ウーレイのミキサーがプリ役で・・・その下のチャンネルフィルターで低域と高域を分けて・・・

【こちらが駆動系】
3116-05こちらが駆動系

で、前回とは駆動系のアンプもガラッと変わってて・・・低域が真空管からトランジスタへ・・・300Hz以下が左の緑のALTEC 1590Bに・・・300Hz以上はWEの6V6PPアンプ・・・ラック上右のグレーの網ケース・・・KS-16617-L1 AMPLIFIERになってました・・・

で、300Hz以下は前回と同じく・・・励磁のRCAユニットを入れたウバンギで・・・300Hz以上はネットワークで分割されてて・・・

【高域用のネットワーク】
3116-06高域用のネットワーク

でもって、300Hzから4200Hzが前回と同じく励磁のWEの555で・・・その上が今回新たに、マクソニックの励磁ツイーター(T-451)に・・・

【マクソニックのT-451ツイーター】
3116-07マクソニックのT-451ツイーター

ってわけで、前回の励磁ユニットとパーマネントのユニット混在の4Wayから・・・今回はオール励磁ユニットの3Wayへと変わっていました・・・

~300HzをRCAの励磁ウーファーの入ったウバンギが・・・
300Hz~4200Hzを励磁555ドライバーの15Aホーンが・・・
4200Hz~を励磁のマクソニックT-451が・・・
(一応FOSTEXのスーパーツイーターがコンデンサーカットでパラで鳴ってます・・・)

っとっとっと・・・機材が多くて、まだまだ話がつづくのですが・・・

今日のところはこの辺りで・・・つづきは明日に・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3203-46a8849f