【3108】161231 プレーヤーの聞き比べbyなんちゃって対向法?(中編)・・・(^^; 

インフラノイズさんのブログの2月3日の記事で、アリエナイザーのプレゼントクイズが行われてます!・・・σ(^^)私にはさっぱり分かりませんが、クラシック音楽をお好きな方なら分かるのかな?・・・2月7日の記事にそのヒントが?・・・???(^^;・・・正否に関係なく応募者2名にプレゼントのようです・・・皆さんチャレンジして見られては?(^^; 2月19日が期限


おいおい!中編って、3話になるんかい?(^^;・・・ハハハ、ちょっとのんびりした書き出しだったものですから・・・(滝汗

ってわけで・・・実家へ現在夢中な数十年前のベルトドライブプレーヤーのポテンシャルを発揮すべく、大改造を施したPL-25E改と・・・ほぼノーマルながら、なんちゃってマグネフロートやアームの軸受ベアリングをリジッドに改造したPL-31Eを聞き比べ・・・

これは、以前、眠い音ながら大阪の自宅でやった比較と同様の印象・・・そうそう、結局プレーヤーの設置方法にも違いがあって・・・インシュでリジッドに置けばもっとダイレクト感高くポテンシャルの違いを聞かせてくれたはずなのにと・・・ちょっと残念・・・(^^;

それにしても、PL-31Eの出音のエネルギー感や張り出し感が、意外なほど好印象!?・・・う~ん、この違いは、ひょっとするとターンテーブルシートの違いによるのか?・・・

ってわけで・・・例えほんのちょっとでもと・・・効果の高い?と思われるターンテーブルシートを乗せ替えて・・・再びPL-25E改で聞いてみると・・・

【ターンテーブルシートをViV Laboに】
3108-01ターンテーブルシートを変えてみる

で、PL-25E改のターンテーブルシート・・・ジュエルトーンのクリスタルガラスを取り外して・・・代わりにPL-31Eに乗せてたViV Laboのリムサポート式のターンテーブルシートを敷いて・・・同じくオーネットコールマントリオのB面を聞いてみると・・・

ああ、なるほど・・・正確性ってのとは違う方向?なんですね・・・少し響きが付いてちょっと滲む?・・・でも、出音の開放的な鳴りっぷりには捨て難い魅力も・・・

ジュエルトーンは、レコード盤に入ってる音を正確に出す感じで・・・ピュアストレートアームのPL-25E改の音数やクリアで純度の高い音って印象をより明確にしてくれる感じ・・・

一方、ViV Laboのリムサポートは、出音の響きや勢いをちょっぴり強調すると言うか・・・抑えて静かなところと強く音離れのいい鳴りっぷりのダイナミックレンジを広げる感じで・・・その分、ちょっと純度は下がって滲むかな?・・・(^^;

っと、それとは別に・・・FR-1mk3とFR-7のカートリッジの違いなのか?・・・それともトーンアームや筐体の違いか?・・・PL-31Eの方がちょっと重心が低い?・・・

で、ちょっと思い付きで・・・ベルトドライブをケブラー糸にしたらどう鳴るかな?と・・・

【ベルトをケブラー糸に】
3108-02ベルトをケブラー糸に

ケブラー糸ドライブにして、もう一度聞いてみると・・・

っとっとっと・・・そのままでは、テンションがかかり過ぎ?・・・硬くて解像度の高い音にはなったんですが・・・音揺れと言うか、変な音ムラが・・・(滝汗

どうも、結び目が音を揺らすみたいで・・・なので、DCモーターの固定ネジを緩め、糸のテンションを少し弱くして固定し直して・・・もう一度聞いてみると・・・

うん、いい感じ!(^^;・・・やはり、このプレーヤーと言うか、ピュアストレートアームのポテンシャルをより強く出すには、こっちの方がいいような気が・・・煩くなくて、でも、音の立ち上がりがより鮮明に・・・あ、そう言う意味では、ターンテーブルシートは、ジュエルトーンの方が合うかも?・・・

で、今思うと・・・この時、もう一度ジュエルトーンのシートにして聞いといたらよかったのですが・・・このときは、気が付かず・・・

代わりにジュエルトーンを乗せたPL-31Eを聞いてみることに・・・

【ジュエルトーンを敷いたPL-31Eを】
3108-03ジュエルトーンを敷いたPL-31Eを

うん、なるほど・・・やっぱり音の曖昧さがなくなる感じ?・・・ViV Laboより音の純度が上がると言うか・・・滲みが減った感じに・・・でも、PL-25E改の音数、解像度の凄さを忘れさせる凝縮感?・・・音の密度が高い?濃い?・・・レンジや解像度は高くないけど実体感が・・・

あ、やっぱりこの悩ましさは・・・ピュアストレートアームの内部配線を銀線化しちゃったからだ!・・・音の解像度やキレはいいけど、実在感が乏しくなる?・・・(滝汗

でも待てよ?・・・ひょっとすると、やっぱりカートリッジの違いかも?・・・

【PL-25E改にFR-1mk3を】
3108-04PL-25E改にFR-1mk3を

なので・・・PL-25E改のピュアストレートアームにFR-1mk3を付け替えて聞いてみると・・・

(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん・・・そっか~!・・・カートリッジの違いの方が大きかったのか!・・・同じメーカーのカートリッジだし、一体型の方がカチッと重心の低い音かと思ってたんですが・・・

ピュアストレートアームでは、FR-1mk3の方が、そのポテンシャルを充分発揮出来るみたいで・・・重心も低く、出音の音数、解像度も高く・・・エネルギー感や躍動感も高い!・・・

えっ!・・・じゃあ、シートをジュエルトーンにしたら?・・・

っとっとっと・・・残念、せっかく一番いいところに差し掛かってきたのに・・・

今日はここで時間切れ・・・なのでつづきは明日に・・・(滝汗

ってわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

正否関係なしならいっか!
ということでチャレンジしてみました(笑)

さてどうなりますやら。

そうてんさん、当選するといいですね!
もし、当選しなくても、アリエナイザーって聞いてみる価値ありですよ!
試聴機貸し出しとかあれば、是非!(^^;
JimmyJazzさんところの掲示板に、応用結果が報告されてますが、PCの下だけでなく、いろいろ効果があるようなので・・・(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3195-5239b20c