【3100】161225 PL-25E改のピュアストレートアームを銀線化?(前編)・・・(^^; 

えっと・・・σ(^^)私のこれまでの失敗?回り道?をご存知の方は・・・それでは分厚く濃く実体感のある音は出ないと分かってるはずやのに、何でまた!?って思われてるかな・・・(^^;

ハハハ・・・相変わらず、性懲りも無く意固地なお試しを、どうしてもやってみたくなって・・・気になったら、我慢出来ない餓鬼性なもんで・・・(滝汗

いや、PL-25E改の足回りを、数十年前のオリジナルの足から、雲泥インシュで直支えにしたら、思いのほかドバッと音数や音の表情、感触が出て来て・・・これは、かなりスポイルされてたんだと・・・

だとすると・・・カートリッジからトーンアーム、フォノイコへの配線を、銀線にしてみたら・・・一体どれくらいのサウンドが飛び出てくるのかな?って興味が・・・(滝汗

ってわけで・・・得意のオーグラインのφ0.3mm単線で繋いで見たくなりまして・・・

どうにも我慢出来ずに・・・やっちゃいました!(^^;

【オーグラインをツイストして】
3100-01オーグラインをツイストして

で、まずは・・・オーグラインのφ0.3mm単線をツイストして・・・

【錫メッキ編組線でシールドを】
3100-02編組線でシールドを

でもって・・・プレーヤーから出て、フォノイコまでつなげる部分に・・・これまた得意の錫メッキ編組線でシールドして・・・

【編組シースを被せて】
3100-03編組シースを

で、同じくシールドした部分を・・・またまた得意の編組シースを被せて・・・

【ピュアストレートアームを分解】
3100-04ピュアストレートアームを分解して

でもって、ピュアストレートアームを分解して・・・

【内部配線をオーグラインに】
3100-05内部配線もオーグラインに

内部配線をオーグラインに差換えて・・・

【ラチェット部にはんだ付け】
3100-06ラチェット部にはんだ付け

オーグラインの内部配線ケーブルをラチェット部分にはんだ付けして・・・

【アームを組立て】
3100-07アームを組立

再びアームを組み立てて・・・

【アームをケースに装着し】
3100-08アームをケースに装着

で、アームをケースに装着して・・・元のRCAジャックを取り外した穴から、今回製作したフォノケーブルを取り出して・・・

【フォノケーブルにXLR端子を】
3100-09フォノケーブルにXLR端子を

フォノイコへのフォノケーブルの先に、XLR端子をはんだ付けして・・・

【完成して聞こうとしたが?】
3100-10完成して聞こうとしたが

でもって・・・一応完成!・・・・で、とにかくレコードを聞こうとしたんですが・・・

うん?・・・カートリッジを取付・・・ゼロバランスを・・・あれ?

ちょっとアームの動きが鈍い?・・・(滝汗

針圧を少し重めにしてレコードをかけようとしたんですが・・・あれれ?(汗

針が、レコード面まで降りずに、途中で止まる・・・

あれこれやってて・・・アームを内周に持って行って手を離すと・・・

ひえ~!・・・アームが勝手に外周へ・・・(@@;

あちゃ~!・・・やってもうた!・・・内部配線が堅くてアームの動きを阻害してる!

う~ん、以前ProJect6.1のオリジナルのアームで内部配線をこのオーグラインにした時は、特に影響はなかったんですが・・・(滝汗

なるほど・・・それだけこのピュアストレートアームは敏感ってことなんですね!・・・と、納得&安心はしたんですが・・・

さて、じゃあ、折角ここまで弄ったのに・・・どうしよう?

ってわけで、今日のところはここまで・・・この後どうなったか?は、明日に・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3187-c9997b5a