【3096】161223 PL-25E改/31EとバラックPLとProJect聞き比べ?(前編)・・・(^^; 

さて、相変わらずのアナログ三昧・・・工作欲?を満たすことも合わせて数十年前のベルトドライブプレーヤーPL-25E改/31Eを弄って楽しんでるわけですが・・・

思えば・・・PioneerのPL-70のターンテーブルに自作のアームベースで、いろいろアームを取り付けたバラックプレーヤーのDCモーターによる糸ドライブから・・・って長~!(^^;

えっと・・・このバラックプレーヤーの糸ドライブ化に始まって・・・milonさんがブログで改造のノウハウを公開されてるPL-25Eと31E・・・うちの元々のメインプレーヤーだったProJect6.0を・・・ここらで聞き比べてみたいなと・・・

で、思惑としては・・・改造を重ねたPL-25E改の圧倒的優位性を確認したかったわけですが・・・結果から先に言うと・・・

回転系のポテンシャルを上げると、音質的にはかなり似たレベルに到達するので・・・同一条件で比較しないと、何の違いを聞いてるのか分からん!ってことに・・・(滝汗

と、σ(^^)私の場合、毎度ありがちな落ちに行き着いたわけですが・・・

その経過をちょっくら・・・φ(..)メモメモ!(^^;

【PL-25E改から】
3096-01PL-25E改から

で、まずはPL-25E改からなんですが・・・これまで回転系は・・・DCモーター化(現在ケブラー糸ドライブ)・・・なんちゃてマグネフロート化・・・キャップ付きマグネット化するも、カートリッジへの影響改善に失敗・・・スピンドルの接触面積を減らす改造・・・それからプラッター裏の木製ダンプ・・・ガラスターンテーブルシートと・・・で、極めつきがトーンアームのピュアストレート化と・・・

まあ、これでもか!って梃入れを行って・・・現時点で、結構ご機嫌!サイコーバージョン!になってまして・・・

【オーネットコールマンのライブ盤】3062-04
3062-04オーネットコールマンのライブ盤

このところ比較時お気に入りの・・・オーネット・コールマン・トリオのアット・ザ・ガーデンサークル・ストックホルムってライブ盤のB面を・・・

【FR-1mk3がスケルトンに】
3096-02FR-1mk3がスケルトンに

おっと・・・カートリッジFR-1mk3のカバーが外れて、スケルトンに・・・(^^;

で、聞いてみると・・・(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうんん!・・・やっぱりいいですね!・・・眠い音だったうちのシステムでも、張り出しのしい弾力感と瞬発力のあるご機嫌な鳴りっぷりで!・・・(^^;

なんと言っても、アナログらしく滑らかで濃い音ながら・・・立ち上がりがくっきりとキレよくエネルギー感も伴った楽しい演奏に聞こえる・・・サックスの鳴りっぷりは勿論、シンバルが気持ちよくて・・・特にベースやドラムの見通しがいいですね!・・・(^^;

っと、ちなみにこの時のフォノイコは・・・CECのPH53にRCA-XLRの自作フォノケーブルのバランス伝送で・・・ただ、フォノイコの電源は、途中にファインメットビーズを入れただけの自作キット電源で・・・そうそう、ターンテーブルのDCモーターは、自作出川式電源で・・・

で、おつぎは・・・DCモーターによるケブラー糸ドライブのバラックプレーヤーを・・・

【バラックプレーヤーにFR-7&WE-308】
3096-03バラックPLにFR-7&WE -308

トーンアームは、SAECのWE-308で・・・カートリッジはFR-7・・・フォノイコはCECのPH53で、電源は、SIC SBDとファインメットビーズチューンの自作キット電源・・・DCモーターはエネループのミュージックブースター・・・

お、バランス的にはちょっと重心が下がって・・・ほんのちょっぴり上品な音に?・・・同じDCモーターに糸ドライブだからか?・・・滑らかさはよく似てて・・・

濃さ、エネルギー感、弾力感、瞬発力は、ほんのちょっぴり大人しい?・・・ただ、シンバルの厚みとシュワ~ンって音とドラムのトン、トスンって感じはこちらが・・・ベースは少し太くて厚みがあるんですが・・・ちょっとふやけて滲んでる感じも・・・

う~ん・・・何となくWE-308の解像度が結構頑張ってて・・・FR-7と合わせて解像度が高くてちょっと大人しい目に感じに?・・・

で、思いのほかバランスが低重心で、中低域の厚みがあって、ドラムのトスンってのが気持ちいいのは・・・フォノイコの電源のSIC SBDが効いていそうな感じが・・・ベースの厚みも電源の効果?で、ちょっと緩いのはアームの違いか?・・・

ああ、それに、ターンテーブルの設置方法が大きく違う!・・・バラックプレーヤーは、大地もどきに雲泥使ってますもんね・・・(汗

っとっとっと・・・なんだか雲行きが怪しいなあ・・・圧倒的な差が出るか?って思ってたんですが・・・結構高水準での趣向の違いで・・・ただ、カートリッジも電源も違うと、どこが影響で違うかがよく分からなくなって・・・(滝汗

ってわけで、やにを比べてるかわけ分からん試聴の様相ですが・・・

今日はここで時間切れ・・・なので、つづきは明日に・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3183-8572446f