【3071】161203 ジャンクプレーヤーPL-31Eの補修(その2)・・・(^^; 

さてさて・・・リアルタイムの年明け早々のお題は・・・相も変わらずジャンクのプレーヤー・・・パイオニアのPL-25Eにひきつづき・・・今度は上位機種のPL-31Eを・・・

ってわけで、PL-25Eの好結果に勢い付いて、今度はPL-31Eのジャンクを入手したわけですが・・・こちらは、少々ジャンク度が高く?・・・あれこれ補修が必要に・・・

まずは、ターンテーブルの回転が速すぎたんですが・・・これは、プーリーが50Hz用だという事が分かり、PL-25Eから取り外したモーターについてた60Hz用のプーリーで解決・・・

で、おつぎは・・・トーンアームのインサイドフォースキャンセラがフルにかかってる件・・・いやあ、これは難問・・・果たして分解できるのか?と恐れつつも・・・

【まずはトーンアームを取り外す】3073-00
3070-00筐体の裏蓋を開けて中を見てみると

まずはトーンアームを取り外すために・・・内部配線のはんだ付けを外して・・・

【トーンアームの内部配線を外し】
3071-01トーンアームの内部配線を外し

トーンアームを筐体から取り外して・・・

【トーンアームを取り外して】
3071-02トーンアームを筐体から取り外す

まずは、高さ調整機構のロックが余りに緩いので、こちらを先に調整することに

【高さ調整機構の調整】
3071-03高さ調整機構の調整

ロックレバーを回すとネジ溝でロック用のプラスチック部材を押し出してアームベースをロックする仕組みなので・・・ロックレバーとネジ位置が、開放状態からロック状態となるように、何度か微調整を繰り返し・・・一応、妥協できる状態に・・・(^^;

で、実は、ここからがめっちゃ大変!・・・余りの大変さに、画像を撮るのさえ忘れ、悪戦苦闘の連続・・・

どうにもこうにも、インサイドフォースキャンセラのマグネットがフルに効く状態を回避できずに・・・結局、辿り付いたら、ほとんどバラバラの状態・・・

【ほとんどバラバラに】
3071-04完全にバラバラに

おまけに・・・ポロポロとこぼれてきたボールベアリングのボールが行方不明になって、大捜索にえらく時間を取られるし・・・

で、ここからがどうにもこうにも困った困った・・・(滝汗

実は、ほとんどバラバラと言う状態が一番の問題で・・・インサイドフォースキャンセラ本体ケースのうわ蓋が取れなくて・・・

結果、ポロポロとこぼれてきたボールベアリングのボールが、どうにもこうにもベアリングケースに戻せなくて・・・

2時間ほど試行錯誤、悪戦苦闘をつづけ・・・

【やっとケースに収め】
3071-05何とかケースに収め

やっとの思いで、マグネットを撤去した状態でシャフトやベアリングをケースに収め・・・

【アームを復元】
3071-06アームを復元

何とかアームを復元・・・しようとしたんですが・・・ここでもまたまた問題が・・・

なんと、ジンバルサポートの水平軸のスパイクネジ・・・これを止めるロックナットが・・・スパイクネジに固着されている・・・(滝汗

本来は、水平方向の保持圧をスパイクネジのねじ込み加減で調節し、ロックナットで固定するようになってるんですが・・・

このロックナットが固着してる?・・・接着されてる?・・・なので、調整が全く効かなくて・・・適度にしめられているのかどうか全く分からない状態に・・・

う~ん、困った・・・けど、今は、一旦ガタ付かない状態に固定して・・・

【高さ調整機構を再装着】
3071-07高さ調整機構を再装着

高さ調整機構を再装着して・・・

【アームリフターも再装着して】
3071-08アームリフターもセットして

アームリフターを再装着して・・・

【アームをベースに再度固定】
3071-09アームを再度固定し

トーンアームをベースに再度固定して・・・

【トーンアームの配線を再接続】
3071-10トーンアームの配線を

で、最後に、トーンアームの内部配線を再度接続して・・・

られらるバランスのウェートがないままですが・・・ようやくインサイドフォースキャンセラを撤去した状態で音出しを・・・(^^;

えっと・・・ハハハ!笑っちゃうくらい、前日の仮の音出しと何ら変わらず・・・(^^

いや、確かに、前日と同じく、非常に滑らかで、極々自然な出音で・・・帯域が制限されたかまぼことか、ピークが鈍っているとかじゃなく・・・全ての音の繋ぎ目に不自然な境界が無く・・・普通に空間が空気で埋まっている感じで・・・(汗

そのナチュラルな度合いは・・・この時点で、既に一部改造を施したPL-25Eに肉薄している気がして・・・ちょっと焦り・・・こっちを改造ベースにすべきだった?(滝汗

っと、ここで、ちょっとお出かけの用事が・・・

なので、今日のお話はこれにてお終い・・・明日は、そのお出かけの話に・・・

ってわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

ボールベアリングは小さくインサイドフォース機構には磁石を使っていますので磁力でボールが張り付いてしまい、一度分解すると元に戻すのは困難を極めます。お疲れ様でした。

milonさん、コメントありがとうございますm(_ _)m
これはホントに失敗したなと思いました(^^;
IFC用のマグネットを撤去して、ようやくケースに収められた次第です(滝汗
もし、IFCの機能も残したままだったら、私には組み上げられなかったと思われます(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3158-8a014875