【3067】161127 プレーヤーProJect 6.1のDCモーター化?(後編)・・・(^^; 

さてさて・・・今回、ちょっと思惑通りに行っていない・・・プレーヤーProJect 6.1のDCモーター化ですが・・・2話分割どころか、遂には3話分割に・・・(滝汗

で、またまた結論から行っておくと・・・一応使える状態にはなったものの・・・まだ、最終仕様にはなっていないと言うか・・・ちょっとまだ、考える余地が・・・

ってわけで、おまけの作業でもう1話追加になるとは思いますが・・・その話は、ちょっとだけ後回しにして・・・(^^;

今日のところは・・・まずは使える状態にまで行き当たった話を・・・

なんですが・・・作業の前に、この日は所用ができて、ちょっとだけ実家へ帰ることに・・・

で、向かう途中にかめきちさん家に立ち寄って・・・あるブツを預かって・・・

でもって、実家の所用を済ませた帰りに・・・立ち寄ったところで・・・

【この日の収穫はマイケルのBAD】
3067-01マイケルのBADの45回転盤

このところDCモーター化を進めていますが・・・そう言えば、ストロボスコープで45回転を確認はするものの・・・全然45回転盤をきいてないなと・・・(^^;

ということで、たまたま見つけたのが・・・このマイケルジャクソンのBAD45回転盤・・・

A面、B面で5曲入ってますが・・・全部BADのリミックス・・・(^^;

で、ケブラー糸ドライブにして、辛うじて回転が合うようになったプレーヤー、ProJectの6.1ですが・・・初めてこの盤で、45回転のレコードを聞くことに・・・

っと、いいんじゃないでしょうか?(^^;・・・結構、ご機嫌なサウンドで・・・切れもよくて分解能もあって・・・そのくせ、耳が痛いと言うことも無く・・・(^^;

ただ・・・昨日のお話しでも書いた通り、テンションの調整が出来ないのと・・・ちょっとケブラー糸の結び目の衝撃が気になるかな?・・・

【モーターの保持材を製作】
3067-02モーター保持材を製作

ってわけで、思い切ってモーターの保持方法を変更することに・・・

【2mm厚のアルミ板から切出し】
3067-03アルミ板から切出し整形

で、手持ちの2mm厚のアルミ板から、モーターの保持材を切出して・・・固定用とテンション調整用の長穴をドリルで穴を開けて・・・ヤスリで整形して・・・

【こんな感じで取付】
3067-04こんな感じで取付

切出したアルミ板をコの字のレール状に折り曲げて・・・DCモーターネジ止めして・・・部材ごと、こんな感じで取り付けて・・・(^^;

【サブプラッターにケブラー糸をかけ】
3067-05ケブラー糸をかけてから

フローティングベースにサブプラッターを装着して・・・モータープーリーとサブプラッターにケブラー糸をかけて・・・

【プラッターを乗せてテンション調整】
3067-06プラッターを乗せてテンション調整

で、プラッターを乗せて・・・テンションを調整して・・・プラッターの穴から穴から固定ネジで固定して・・・

【これで何とか聞ける様に】
3067-07おっいい感じ!?

と、これで何とか聞けるようになりました・・・\(^^)/

なんですが・・・音への影響は感じられないものの・・・やっぱり、ケブラー糸の結び目の衝撃がフローティングベース側にも伝わるのがちょっと気になる?・・・(滝汗

う~ん・・・結び方、ネットで調べた方法だし・・・後は、モーターの固定方法とか・・・プーリーの形状とか・・・

やっぱり、ゴムベルトも使えるようにして、比べてみないと駄目かなあ・・・・(^^;

ってわけで・・・3話にも分割したのに・・・結局、最終仕様といえる状態には至らず・・・

あ、そう言えば・・・なんちゃってマグネフロートも・・・(^^;

と言うことで、この改修は、また数日後と言うことで・・・

明日は・・・ちょっと完全に息継ぎネタに・・・(滝汗

なので、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3154-14b83dc4