【3065】161123 ProJectのプレーヤーもDCモーター化?(前編)・・・(^^; 

さてさて・・・ついこの間までは、パイオニアのバラックプレーヤーをメインの実験機として、レコードを聞くにしても、弄るにしても、ほとんどこればかり・・・

だったのですが・・・PH53のジャンク上がり1台のモジュールが故障したのと・・・フォノイコ基板の入手~ケース&電源の自作に伴って・・・パイオニアのバラックプレーヤーで使うフォノイコの見直しをすることに・・・

で、ターンテーブルシートの改修をしたProJectのプレーヤーに・・・

【3009】160925 ターンテーブルシートの改修・・・(^^; [2016/11/02]

ProJectのフォノイコPhono Box RSを繋ぐことにして・・・

【3013】161001 再度、構成変更にトライ!で、妥協の結果・・・(^^; [2016/11/06]

さあ、これからいろいろ聞き比べも・・・なんて思ってたんですが・・・

ここで、ジャンクプレーヤーのPL-25Eが乱入し、親子亀のごとくに、上に鎮座・・・(滝汗

と言うことで、ここまでしばし休眠状態だったProJectのプレーヤーですが・・・

このところのDCモーターのサウンド傾向に大きな影響を受け・・・ちょっと実験したくなっちゃいまして・・・(汗

【フローティングベースを撤去】
3065-01フローティングベースを取っ払って

ってわけで、早速・・・ProJect 6.1のフローティングベース部分を取っ払って・・・

【シンクロナスモーターを撤去】
3065-02シンクロナスモーターを撤去

シンクロナスモーターを撤去して・・・これをDCモーターに換装するんですが・・・

【DCモーターに換装】
3065-03DCモーターに換装

毎度のごとく、制御基板を外に取り出して配線し直します・・・

【進相コンデンサのケースに】
3065-04進相コンデンサーのケースに

でもって・・・進相コンデンサを撤去したケースを使って・・・ここにコントロールBOXを作るわけですが・・・まずは、DCの入力ジャック・・・回転数の切替スイッチ・・・33回転、45回転それぞれの速度調整ボリューム・・・を取り付けて・・・(^^;

【元の半固定抵抗を撤去】
3065-05元の半固定を撤去

で、制御基板の半固定抵抗を撤去して・・・

【制御基板をケースに収納して配線】
3065-06基板をケースに収納・配線

でもって、その制御基板をケースに収納して・・・それぞれの部品と配線を繋いで・・・

【ケースを取り付け】             【プラッターを乗せると】あ、ピンボケm(_ _)m
3065-07ケースを取り付け 3065-08プラッターを乗せると

で、作成したケース(コントロールBOX)を取り付け・・・プラッターを乗せると・・・

【回転速度は?】
3065-09回転速度は?

と言うことで、ストロボスコープで回転速度を見つつ・・・ボリュームを調整・・・したんですが・・・あれれ?・・・なんか、めっちゃ回転が速い?(汗

う~ん・・・どうやらベルトをかけるサブプラッターが小さいと言うか・・・DCモーターのプーリーの直径に対して小さいみたいで・・・

どう調整しても、切替が33回転で、ボリュームを一番遅くしても45回転になるくらい・・・

ってわけで・・・半固定抵抗に直列に抵抗を入れたりしてあれこれやってみて・・・どうにかこうにか33回転と45回転で回るようにはなったんですが・・・ちょっと早いかな?

でも、どうやら抵抗値が既に制御範囲を超えちゃってるみたいで、ボリュームを変えても速度が変化しない状態・・・(滝汗

【取り合えず鳴らして見たが】

3065-10取敢えず鳴らして見たが
で、取敢えず鳴らして見たんですが・・・やっぱりちょっぴり早い・・・(汗

う~ん・・・電気回路は素人なんで・・・もうこれは、物理的な手を加えて解決するしかないかなあ?・・・(^^;

ってわけで・・・一か八か?・・・模型用の径の小さなプーリーをネットで物色して・・・ポチッとしておいて・・・

今日のところは、これにてお終い・・・つづきは部品が到着してから・・・って明日?(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3152-07b9a9fa