【3047】161112 大阪ハイエンドショウ&オーディオセッション大阪(5)・・・(^^; 

先日来、ちょろっとご紹介してるインフラノイズの新製品・・・SATAケーブルとPC専用インシュレーターのアリエナイザー・・・音楽ファンには、もの凄く素晴らしい効果が得られるようで・・・インフラノイズさんのブログやJimmyJazzさんところのBBSで・・・(@@;

さてさて・・・ネタ不足ゆえか?(汗・・・駆け足で聞いた記憶を、随分のんびりとつづけております今年のハイエンドオーディオショウとオーディオセッションのおさらい・・・(^^;

最後の角田さんの講演で紹介されてた、ソナスのSPは、10年に1回出てくるかどうかの素晴らしいSPって、ホントにべた褒めされてましたねえ・・・(^^;

ってわけで・・・ハイエンドオーディオショウの9階から2階まで聞き終え・・・ちょっとお茶タイムにと、皆さんご一緒に、近くのコメダコーヒーへと・・・

あ、この時教授とあざらしさん?は、例のボルダーのブースで置き去りとなって離れたまま・・・あのまま判子ついて帰るんじゃないか?とか、デモ機をお持帰りするんじゃないか?とか・・・言いたい放題で大盛り上がり・・・(^^;

それにしても・・・σ(^^)私の耳・・・今時のサウンドとは、全く違う世界へ突っ走ってるなあってことを痛感・・・ホントにほとんどのブースの音が、今のσ(^^)私からは同じ傾向の音に聞こえて・・・

まさに、何度か書いてるように・・・蒸留水系?大吟醸系?・・・マジコの音を特徴とするような・・・アウディーのCMに出てくるつるっとしたアンドロイドのような・・・極めてよく出来た3DCGのようなイメージで・・・

どのブースも、その相似形のようなサウンドに思えて・・・なんだか自分は、もの凄く時代の流れに取り残されてるような・・・ってか、全く違う方くへ突っ走ってるんだなあって・・・

でも、確かに、ここでデモされているサウンドに比べると、それこそもの凄くノイズまみれのサウンドを聞いているんでしょうけど・・・そのノイズまみれの中に、σ(^^)私の欲しい所があるように感じてしまうもんですから・・・(滝汗

っと、お茶タイムは、あれやこれやと色んなお話しに花が咲いて・・・ふと・・・そう言えば、本館に行ってませんねと言うことになり・・・改めて本館へと・・・

あれ?・・・今年は太陽さん来てないんですね・・・

【トライオードのブース】
3047-01トライオードのブース

機材は確認しませんでしたけど・・・レコードで、昔のトライスターのCMで流れてたフュージョンっぽい曲が・・・

ああ、ほっとします・・・昭和な音に結構近い・・・って、レコードを真空管アンプで、スペンドールのSPでって構成なら、そうなりますわねえ・・・(^^;

で、おつぎは・・・タオックのブースへ・・・

【タオックのブース】
3047-02タオックのブース

ここでは、タオックの新しいSPを使って、ラックの音の聞き比べを・・・

まずは、左の約8万円のラックの上にCDPを乗せて聞いて・・・つづいて、CDPのみ右の重さ50Kgで36万円のラックに乗せたらどうなるか?・・・内田光子さんのピアノで・・・ピアノソナタの15番の1楽章で比較を・・・

っと、最初の8万円のラックだと、何かもわっとぼやけてる感じかなって思ったんですが・・・CDPを36万円のラックに乗せ変えて再び再生されると・・・

おお、もわっとしてた部分が、すうっと消えた・・・ピアノの打鍵とその響きがそれぞれ共鳴して音の厚みと響きのハーモニーがつづくことが、聞き取りやすくなった・・・

入門から中堅どころに入った辺りの機材で、ラックにこれだけの投資をすれば、これだけハイエンドに近付くって事ですね・・・このラックの差額分上位のCDPを8万円のラックで鳴らしたらどう鳴るんでしょう?・・・結構、そっちに興味があったりして・・・(^^;

っと、それとは関係なく・・・この新しいSP・・・かなりの実力がありそうで・・・このラックの差をかなり忠実に出してたんじゃないかな?と・・・ま、もともとタオックのSPって、滋味だけど実力派・・・燻し銀の職人の技みたいな・・・(^^;

と言うことで、今年はついに太陽さんが来ていないので、これにてハイエンドオーディオショウのブースは終わりとなりまして・・・

ここで、教授とあざらしさん?とも合流して・・・そろそろB&W800D3のデモの時間も近付いたので・・・オーディオセッションの方へ行きましょうかと・・・

と、無料送迎バスが、かなり混んでたので・・・σ(^^)私と教授は歩いて向かうことに・・・

でオーディオセッションの会場に着いて・・・まだ、少し時間があるので・・・少しブースを回って見ることに・・・

【TADのブース】
3047-03TADの新SP

TADの新しいSPを・・・昨年登場した新しいSPのスケールダウンモデル?・・・CSTユニットもウーファーも一回り小さくしたようで・・・

ああ、いいですねえ!・・・昨年のSPも、DACとアンプがMkIIになってから、俄然いい感じに鳴るようになって・・・このSPも非常に音離れよくて・・・

ただ、冷静に考えると・・・全て3桁万円の機器の組み合わせですから・・・十二分にハイエンド機器・・・年末ジャンボでもヒットしない限りは・・・(滝汗

でも、TAD、Pioneerって国産機ファンとしては、頑張って新しい製品に挑戦してくれていることは、嬉しい限りで・・・(^^;

っと、あれあれ?・・・のんびりしてたら、今日の制限時間をオーバーしちゃった・・・

ってわけで、相変わらず中味が薄いまま・・・つづきは明日に・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3133-1a8b5d74