【3046】161112 大阪ハイエンドショウ&オーディオセッション大阪(4)・・・(^^; 

昨日はサーバーの不調か?ブログの更新がされずにスミマセンでしたm(_ _)m

さて、今日のお話しは・・・って、勿論昨日の続きですが・・・

ラックスマンのブースで、またまたマジコに特に象徴的に感じる今時の音・・・まるでアウディーのCMのごとく、アイロボットのようなつるんとした3DCGのようなサウンド・・・

つくづく、今σ(^^)私の耳が好んで聞いてるサウンド・・・もうホントコテコテ昭和なサウンドが、如何に今時のサウンドと全く違う世界なのか?を痛感する次第で・・・

っと、今度は反対側・・・アキュフェーズのブースへ・・・

【アキュフェーズのブース】
3046-01アキュフェーズのブース

で、こちらでの興味は、モニターオーディオの新しい背高のっぽなSPで・・・機材の説明の後にバイオリンコンチェルトがかけられたんですが・・・

あれれ?・・・う~ん、やっぱり今の私の耳には、どのブースも同じように感じられて・・・ホント、マジコのシステムの相似形みたいなサウンドで・・・これだけSPの見た目は全く違うのに・・・出て来る音は、同じような印象で・・・(滝汗

今のσ(^^)私の耳が好んで聞いてるのは・・・真ん中が濃く、音の濃さだけでも存在を感じる出音・・・それに、その出音の出何処が分かる音・・・この辺りって雰囲気ではなくて、音の芯の濃さがハッキリしてて、ここから音が出ているってのが分かる音・・・

でも・・・どうもショウで主流のアイロボットサウンドとは全く音の出方の印象が違って・・・ひょっとすると、ノイズや雑味を存在感や現実感と思い込んで聞いているのかも?・・・でも、印象は、凄く古い昭和な音?を望んでて・・・帯域が狭くかまぼこな音っていうか・・・(^^;

ただ・・・そんな今のσ(^^)私の耳が望むサウンドも、クラシックでは駄目かも?・・・今の時代が追いかけてる音の方が正解に近い方向なのかも?とも思う・・・でも、ボーカルやポップス、Jazzでは今時の音だと、σ(^^)私の耳には、薄くてどこか嘘臭く感じちゃうんですよね・・・

と、そんなことを、また取りとめもなく思いながらも、つぎのブースへ・・・

【アクロジャパンのブース】
3046-02アクロジャパンのブース

おつぎは、アクロジャパンのブースで・・・お、マッキンサウンド?・・・ウン、この音は、まだ今の私の耳が好む音の方向に近いですねえ・・・つまり、昭和なサウンド?失礼(^^;

っと、おつぎのブースでは・・・

【ナスペックのブース】
3046-03ナスペックのブース

っと、何と、皆さんこちらで腰を落ち着けておられて・・・アートペッパーのミーツザリズムセクションがかかってて・・・ああ、なるほど・・・今時の音の傾向に近いけれども・・・濃さや音の出何処も比較的分かりやすいサウンドで・・・

で、おつぎは・・・あ、こちらもナスペックさん・・・

【こちらもナスペックのブース】
3046-04こちらもナスペック

お、この音は?・・・お、ちょっと温度感が高くて・・・音のインパクトは残念な感じながら、滑らかな濃さがあって・・・あ、レコードの再生なんですね・・・(^^;

ってわけで、3階を終えて2階のステラ&ゼファンのブースへ・・・

【ステラ&ゼファンのブース】
3046-05ステラ&ゼファンのブース

で、デモしておられたのが・・・画像のかわいいサイズのSPで・・・その鳴りっぷりは、サイズからは思いがけないスケールを感じるサウンドで・・・

【CHプレシジョンのシステムで】
3046-06CHプレシジョン

送り出しは、CHプレシジョンのシステムで・・・って、デジタルの再生系だけかと思ってたら、フルにシステムを出してたんですね?(^^;

で、かけられたのはCDで、ミサ曲を・・・う~ん・・・皆さんとっても高い評価をしておられましたが・・・流石にこれだけの広さにこの音量で鳴らすには・・・低域が苦しい・・・それ以外は、非常に素晴らしい鳴りっぷりで・・・(^^;

で、お隣・・・イベントルームでは・・・

【角田さんが講師で】
3046-07角田さんが講師で

角田さんが講師で・・・ソナスファベールのSPをべた褒めで(^^;・・・最初は、ダイアナクラールのファースト?から・・・

おお、なるほど・・・デジタルらしい音ですが、濃さや滑らかさを伴った、温度感のある鳴り方で・・・中域、中低域の厚みと濃さが充分にあって、艶やかに滑らかな中高音が透明感たっぷりに鳴らされると、気持ちのよいサウンドの傾向に近付いてくるんですね・・・ただ、やはり今時の音の方向で・・・昔のソナスとはちょっと違う方向のサウンドですね・・・

で、つづけてビルエバンスのアナログ録音の音源をCDで・・・おお、この音源は、自宅でも聞いてみたいですね・・・

って分けで、駆け足でオーディオショウの方を・・・あ、まだ本館が・・・

と、今日はここで時間切れ・・・なので、つづきは明日に・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

こうゆうイベントはどうしても電源環境が悪いので半分位で押さえておいた方が良いですよ。
基本的に音の通りが良いのがうまくマッチングが取れて良いと思います。
話が変わりますが、出水電器の新型アリオンが出ましたので近々大阪でイベントをやりますのでジャッジをお願いします。(笑)

青フォレさんコメントありがとうございますm(_ _)m
そうですね、パフォーマンスの半分も出せていない機器も多いのではないかと思います・・・(汗
最大パフォーマンスでないことは認識していますが・・・街中のマンションに持ち込んだら同じ可能性があるわけで・・・
それとは別に、鳴りっぷりのよしあしはには、鳴らし手のセッティングのセンスや選曲とのマッチングもありますし・・・
ま、干乾びたキリギリスには手の届かない、見聞きするだけの世界(^^;・・・なので、毎回、おおっ!っと驚くような体験をさせてくれるところはないかな?って思って覗きに行ってます(^^;
NEWアリオン、レコード芸術誌で村井裕弥さんの記事を拝見しました・・・興味津々、o(^^o)(o^^)oo(^^o)(o^^)oワクワクです!・・・日程が合えば、是非聞きに行きたいです!(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3132-366e85a6