【3045】161112 大阪ハイエンドショウ&オーディオセッション大阪(3)・・・(^^; 

あれれ?なんか、HOMEページが更新されませんね?・・・12月のアーカイブからは見えるんですが・・・あ、7:40 更新されましたm(_ _)m

さて、1年振りのハイエンドオーディオショウですが・・・このところもっぱら昭和なサウンドを追いかけてたσ(^^)私には、どのブースの音もなんだか全く違う世界の音の様で・・・(汗

もの凄く上等な音・・・蒸留水のような綺麗な音、極めて緻密で正確、もの凄い広がり、空間なんだけど・・・どこか淡く薄い感じがして・・・音の出何処が分かり難くて、音像がどこか薄ような・・・プラスチックの板みたい?気がして・・・存在を感じ難くくて・・・

ちょうど、最近凄く気になるアウディのTVコマーシャルのようで・・・若い男女が車に乗り込むと・・・ドライバーの男声も助手席の女性も、透けて中味のアンドロイドが見える・・・映画アイロボットのロボットを見てるみたいな感覚で・・・もの凄く精工に書かれた3DCGによるアンドロイドみたいで・・・(汗

っと、そんなことを考えつつ・・・階段を下りて4階へ・・・

【アクシスのブースへ】
3045-01アクシスのブースで

まずは、アクシスのブースへ・・・ウィルソンオーディオのSPをダンダゴスティーニのアンプで駆動して・・・

【こちらが再生系】
3045-02こちらが再生系

っと、解説の方が・・・低域が伸びるだけでなく、中低域の厚みが無いと、音楽のベースが無くなってしまうので、Jazzの、ベースやドラムのバッとした音やキレが出ない・・・新しいウィルソンオーディオのSPをドライブしてるのが 8Ωで500W、4Ωで1KW、2Ωで2KW出ます・・・1Ωも問題ないと言うダンダゴスティーノの新しいアンプです・・・プリアンプも同じモメンタムと言うアンプで・・・送り出しのDACはMSBで・・・音源は44.1KHz16bitのCD音源で・・・IOデータのNASから再生していると・・・で、今度は176KHz24bitで、デイブブルーベックのテイクファイブをおかけしますと・・・

おお、ものすごく緻密で明瞭なイメージで・・・出すぎる低音をアンプが頑張って駆動してる感じ・・・なるほど、こういうSPでこれだけカチッとした音を鳴らすには、これだけの物量と質に拘ったアンプが要るってことなんですね・・・(汗

音を聞くともの凄く納得、感心するんですが・・・どこか違和感が・・・逆に、ここまでしないと、この音は出ないんですね・・・はぁ(^^;

っと、おつぎは・・・ハーマンのブースへ・・・

【ハーマンインターナショナルのブース】
3045-03ハーマンインターナショナルのブース

外人のエンジニアさんが、英語で説明を・・・通訳の方が日本語で説明・・・バーンスタイン指揮の曲を・・・音質のみならず、奥行きとステージの広がりというところまで聞いてと・・・展覧会の絵を・・・

ほう、やはりもの凄く緻密に微細な音まで・・・うん?奥行き・・・どうもσ(^^)私、奥行きを感じるのが苦手で・・・実際のオケを聞いた経験が少ないからなんでしょうけど・・・なかなか思うような奥行き感を感じることが少なくて・・・前後が4層くらいの層構造に聞こえてしまうんですよね・・・(汗

っと、こちらのブースで、チャイコフスキーのピアノコンチェルトが・・・

【メースのブースでハーベスを】
3045-04メースのブースでハーベスを

なんかほっとする音色・・・送り出しはデジタルですが・・・出てくる音に無理な強調感が無くて、ほどほどに・・・あら?こっちの方が後方にステージが広がって感じられる・・・何か凄くSPとそのセッティングによるところが大きい気が・・・(^^;

おつぎは・・・あ、無指向性・・・

【ファルコンジャパンのブース】
3045-05ファルコンジャパンのSP

ファルコンジャパンのブースで・・・無指向性のSPで・・・ああ、こちらは更にふわっとした空間が・・・これでもっと濃い実在感も感じられれば・・・

っと、おつぎもメースのブースで・・・お、キソアコが・・・

【今年のキソアコは?】            【こちらが送り出し】
3045-06キソアコ 3045-07こちらが送り出し

こちらもクラシックがかかってて・・・おお、さっきの無指向性より空間が広く実体感もあって・・・部屋との関係で低域にどこか強調されるとこがありますが・・・去年より一層実体感も空間の展開も感じやすくて、よく鳴ってる感じで・・・(^^;

っと、つづいて1階降りて・・・3階へ・・・

【ラックスマンにマジコが】
3045-08ラックスマンのブースで

おお、凄い人・・・ラックスマンのブースで・・・お、こちらにマジコが・・・井筒香奈江さんの時の過ぎ行くままにを・・・

あ、やっぱりここも・・・アウディのCMみたいに・・・何か、どのブースもマジコからの出音を特徴的とする路線のスケールモデルみたいで・・・金額によってサイズが違うだけ・・・

なんか、このところσ(^^)私の聞いてる音って?・・・何か、ほんとに世の中とあまりに違う方向に走ってるって事を、もの凄く感じますね・・・う~ん・・・これでいいのか?(汗

っと、悶々としつつ・・・今日のところは、ここでお終い・・・つづきはまた明日・・・

ってわけで・・・ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

演奏会の再現は?

心斎橋の方でこれは!と思ったものは、ハーベスとキソアコースティックだけでした。持参した、前の週に演奏を聴いてきた神尾真由子のCDをかけてもらいましたが、両者ともコンサートホールの広がり感、奥行き感はあるものの、ハーベスは小ホールでの隅々まで染み透るような精密な音、 キソアコースティックはもっと広く拡散したような音でした。決定的な違いは、倍音の伸びがハーベスでは生音を聴いているようでした。他のデモではクラシックのCDは遠慮しておこうという印象でした。

Re: 演奏会の再現は?

酒仙坊さん、コメントありがとうございますm(_ _)m
酒仙坊さんの評価の高かったブースで、σ(^^)私も好印象を持てたということで・・・万年のらりくらりのσ(^^)私も、少しは修行?の成果で成長できたのか?・・・嬉しい限りです!\(^^)/
勿論、クラシックの聞き方が成長できているわけではありませんが・・・演奏会の再現性を追及されている酒仙坊さんがよしとされるブースの音に反応出来るようにはなってきたのかな?と・・・(^^;
ますます精進いたします・・・

今時のオーディオは薄くて軽いサウンドだからね。
まぁ パーツの環境問題はしょうがないからねー。
やまてつさんの使っているパーツは関係ないから良いよねぇ。

青フォレさん、コメントありがとうございますm(_ _)m
実際のところ、σ(^^)私の耳が、雑味やノイズの多いサウンドを聞き慣れてて・・・知らず知らずに若かりし頃のサウンドを追いかけているだけなのかも?・・・(^^;
うちのパーツは関係ない?・・・そりゃそうですね、基本的にジャンクですので・・・(汗

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3131-45b6828c