【3038】161106 久し振りに実家でCDを聞いて見る・・・(^^; 

連チャンですが・・・インフラノイズのパソコン専用音質改善インシュレーター”アリエナイザー”新発売!のニュースとアリエナイバーゲンのお知らせが、JimmyJazzさんのブログにも・・・(^^;

さてさて・・・アナログプレーヤーの糸ドライブで遊び始めたかと思えば・・・ベルトドライブの古いジャンクプレーヤーをポチッたりと・・・(滝汗

いつもながらの大はしゃぎモードに突入したんですが・・・今日は突然、一時停止?(^^;

ハハハ・・・ま、いろいろありまして・・・この日は実家の所用に・・・

で、ホントなら、届いたばかりのジャンクプレーヤーPL-25Eを持ち帰って聞いてみたいところだったんですが・・・

ベルトドライブのベルトが溶けて無いし・・・トーンアームのインサイドフォースキャンセラが壊れてるし・・・(汗

簡単に直るか?・・・応急処置で、取敢えず聞けるようになるか?・・・なんて、安易に考えてたんですが・・・

どうにもならん!・・・(^^;

ってわけで、実家での休憩時間に、音楽聞けないのは寂しいし・・・

なので、毎度、実家へ戻る時に持ち帰る段ボール箱だけ持って帰ることに・・・(^^;

で、この箱の中は・・・実家で使う電源ケーブルやテーブルタップ、ラインケーブルと・・・CECのDAC DA53が入ってまして・・・

いつもなら、ここにフォノイコとレコードを持って帰るんですが・・・今回は、フォノイコがパイオニアのバラックプレーヤーに繋がったままなので・・・(滝汗

ってわけで、今回持ち帰ったのは・・・DACとケーブルだけ・・・

【実家でCDを聞く】
3038-01実家でCDを聞く

で、CECのトランスポーター(元はプレーヤーTL5100Zですが、DAC部が壊れてトランスポートになっちゃってます)・・・で、これの電源は、タップリベラメンテから単なるビニール平行ケーブルで取って・・・

でもって、トランスポートからDAC DA53までは、Ge3のデジタルケーブルで繋いで・・・電源は、ビニール平行ケーブルにインフラノイズのフィルタライザーを装着して、タップリベラメンテから取って・・・

それから、DAC DA53とCECのアンプAMP5300の間は、XLRリベラメンテで繋いで・・・AMP5300の電源は、Ge3の龍隆(りゅうりゅう)でタップリベラメンテから取って・・・

SPは毎度同じ、FE108EΣ入りの桐箱「乙」を櫓台もどきに乗せて・・・アンプからは、SPリベラメンテで繋いでます・・・

で、久々に持ち帰ったCDを聞いた印象は・・・あれ?意外にまとも?

元々、実家の2階の筒抜け部屋のシステムは、基本的に高域寄りのバランスで、音数はそこそこ出て、鮮度感の高い音で、フルレンジゆえにその音場展開や音像定位に優れ、空間の広がりもあるものの・・・ちょっと音が粗く、煩い感じの音なのが残念なんですが・・・

このシステムで、アナログになれた耳でCDを聞くと・・・その粗さが耳に痛いかと思ったんですが・・・あまり気にならない・・・(^^;

ベルトドライブのトラポってのが大きいのかな?・・・確かに、アナログとは違って、解像感は高いものの、音の粒状感があって、デジタルらしい音の部分もあるんですが・・・全体に音がしなやかな感じで・・・

最近、ハイエンドのデジタルプレーヤーがあからさまにアナログ的な音作りをしているように感じますが・・・CECは、CD初期からこの音だし・・・今も生き残っているわけだから・・・やっぱりこういう音って間違ってない音なんでしょうね・・・(^^;

でも、大阪の自宅の眠い音に耳が慣れてて、そんな風に思うのかなあ?・・・それに、年齢的にも15K辺りより上は聞こえなくなってるし・・・(滝汗

あ、ましになったとは言え、まだ耳鳴りもしてるし・・・って、これは関係ないか?(^^;

いずれにしても、暖かく、柔らかでしなやかなサウンド・・・帯域も欲張らず、ある程度の範囲で暖かく自然な音色にどんどん耳が向かってて・・・そんな耳からすると、とってもいい感じの音に思えるのです・・・(^^;

まあ、聞きたい?感じたい?刺激的な部分が薄かったり、無かったりするサウンド傾向でもあるので・・・果たして、本当にそれでいいのかどうか?は、分かりませんが・・・(^^;

ま、でも流れのままに、まだまだ昭和なサウンドをどんどん楽しんで行きたいなと・・・(^^;

ってわけで、大阪に戻る時間となったので・・・今日はここまで・・・

明日は?・・・再び昨日の続きに戻るか・・・

まあ、結局代わり映えしませんが・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3124-db047d39