【3036】161105 SPL Volume2の到着!・・・(^^; 

昨日の冒頭で、インフラノイズのPC用インシュレーター「アリエナイザー」って、ありえない名前の新製品の情報を紹介したんですが・・・ファイルウェブにも紹介されましたね! >>> こちら!
どんなにありえないか興味津々?・・・o(^^o)(o^^)oo(^^o)(o^^)oワクワク


さて、相も変わらずレコード三昧の日々で・・・かめきちさんから入手したレコードを、お得意の自作超音波洗浄機で洗っては聞きの毎日・・・(^^;

で、必然的に、オーディオ的お楽しみも、もっぱらレコードプレーヤーってことで・・・(^^;

懐かしの江川三郎さん提唱の手回しプレーヤーの音を目指してあれこれ挑戦されているmilonさんのブログや・・・Ge3の糸ドライブプレーヤーの試作に触発され・・・

AIWAのプレーヤーのDCモーターを取り出して、チャレンジを始めたわけですが・・・ご本家の製品を聞いちゃうと、太刀打ちできないわけで・・・(滝汗

耳が慣れる前に、手のとどく範囲に戻らないと・・・なんて焦りを抱きつつ・・・(^^;

またまたアホなことを・・・(@@;

っと言うのも・・・一連のアナログ再生は、このところ登場するバラックプレーヤーの乗ったラックの機材で再生してまして・・・

【このところの再生環境】3030-03
3030-03配置換えして聞いてみる

入力は、このパイオニアのバラックプレーヤーをメインに・・・そのアーム毎にカートリッジを変えて・・・

SMEにSHUERのV15~新フォノイコ(TIのオペアンプ基板)~の系統と・・・
FR-54にZYX Bloom2~CECのPH53(バランス伝送)~の系統と・・・
FR-54にDENON DL-103~CECのPH53(バランス伝送)~の系統と・・・

この3系統を、Audio Designのバランスセレクタで切替えて・・・ベリンガーのA500へ直接接続して左右個別のボリュームで音量調節して、S-1EXを駆動してるんですが・・・

このボリューム調整が結構面倒で・・・特に、左右の環境が全然ちがうので・・・バランスが、なかなかにシビアで・・・(滝汗

ホントは・・・バランス入力を直接切替出来るセレクタ機能と、バランス対応回路のプリアンプがあれば、文句無しなんですが・・・意外にこれを満たす製品ってなくて・・・

あっても、ハイエンド機器で、ビックリ!(@@;するような価格のものだったり・・・先のAudio Designの新型プリアンプなんかが比較的安価な部類ですが・・・干乾びたキリギリスに手の出る額ではなくて・・・(滝汗

で、考えたのは・・・パッシブアッテネーターならどうかな?・・・なんですが・・・バランス対応のアッテネーターって、数が少なくて、割高?・・・(汗

なので、仕方なく、このままパワーアンプのボリューム調整で・・・と、思ってた時・・・

タイトルの安価な中古品を発見!・・・ああ、思わずポチッと・・・(^^;

【SPLのVolume2の中古品が到着】
3036-01Volume2の中古品

SPLってのは、ドイツのレコーディングスタジオなどで使われるプロ機器メーカーのようで・・・音はともかく、信頼性はありそうで・・・(^^;

あ、そう言えば・・・何人かハイエンド系の音友達のお宅で見かけたような気も・・・(汗

てわけで・・・中を見てみると・・・って、いきなりかよ!(^^;

【中味は?】
3036-02中味は?

ハハハ・・・予想通りたったこれだけ?・・・電源とボリュームとオペアンプ(@@;

う~ん・・・そう言うもんなんですねえ・・・ま安価な中古ゆえの納得価格ですが・・・新品では、絶対触手は伸ばさないでしょうね・・・(^^;

【オペアンプはTL071CP】
3036-03オペアンプはLT071CP

オペアンプは、テキサスインスツルメンツのTL071ってバイポーラ型の位相補償内蔵オペアンプだそうで・・・

【セレクタとパワーの間に】
3036-04セレクタ~パワー間に

ま、何はともあれ・・・セレクタとパワーアンプの間に挿入して・・・聞いてみると?

ハハハ、やっぱり、ちょっと丸い音に・・・まあ、メイン系統よりは、まだシャキッとしてるんだけど・・・これじゃあ本末転倒?

う~ん悩ましい!・・・演奏のタメや弾力感はいい感じで出てるんだけど・・・

これなら、メイン系統のラックスマンのプリ~パワーでも、我慢できるんじゃないの?(汗

やっぱり、入れるならアクティブ型のボリュームより、パッシブアッテネーターで、鮮度感と解像度感を維持した方がよかったのでは?・・・(滝汗

ってわけで・・・またまた、何を考えてるのかよく分からん寄り道のお話しで・・・

今日のところはこれにてお終い・・・明日は?

ハハハ、もういっちょう、寄り道?のお話しを・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3122-da6c51e2