【3035】161105 Ge3市野式フォノモーターの到着!・・・(^^; 

さて、Ge3のHPでめっちゃ話題の市野式製品・・・σ(^^)私の方では、以前、フォノイコを聞かせていただいて・・・そのパフォーマンスの高さゆえ、干乾びたキリギリスには、これ以上聞いたら戻れなくなるとの恐れから、早々に聞かなかったことにしたんですが・・・(汗

その後、市野式プレーヤーの試作機が完成し・・・Bhutan@大阪さんが試聴され、そのレポートがGe3のHPにアップされたのを見て・・・う~ん、辛抱たまらん!って状況に(滝汗

いや、糸ドライブのターンテーブルにGe3推奨のアーム&カートリッジから送り出される信号を、市野式のフォノイコで聞いたら・・・そりゃあ、とろけるほどに参ってしまうだろうなって予想は、容易いわけで・・・(^^;

で、興味の鎌首はグングン頭を持ち上げ・・・う~ん、聞いてみたい!って衝動に駆られたわけで・・・

っと、そこへGe3のBBSで市野式のプレーヤーの「たらい回し」がアナウンスされて(@@;

う~ん・・・危険だけど、聞いてみたい!・・・辛抱たまらん!ってわけで・・・

市野式のフォノモーターのみ送ってもらうことに・・・(^^;

で、届いたのが、こちら

【届いた市野式フォノモーター】
3035-01到着した市野式フォノモーター

中には、糸(絹糸?)も入ってて・・・

【こちらが電源コネクタ側】
3035-02こちらが電源コネクタ側

で、取り急ぎその糸で拙宅のパイオニアのバラックプレーヤーに繋いで・・・

【糸の長さの関係で】
3035-03糸の長さの関係で

でもって、何とか繋いでみたんですが・・・糸の長さの関係で・・・あ、もともとこのラック自体が狭いのもありますし・・・(滝汗

なので、結構必死に設置して・・・何とか聞こうと試行錯誤?・・・

【何とか繋いで聞いてみた】
3035-04取敢えず繋いで聞いて見る

っと、ところが・・・ちょっとピッチが早くて(^^;・・・微調整の方法が分からないので・・・ま、いっか?と、取敢えずそのまま聞いてみた・・・(^^;

すると・・・お!静けさがグッと増して、鮮鋭なのに滑らかなサウンドで・・・こりゃあトレーニングが進むのがめっちゃ楽しみ!

ただ、元のパイオニアのPL-70のダイレクトドライブから、いきなり市野式のフォノモーターを聞いてたら、その驚きは別格だったと思うんですが・・・

先に、手回しでの滑らかで優しくも明瞭なサウンドを聞いちゃってたのと・・・それを目指してトライしたDCモーターでの糸ドライブ実験をやっちゃってたので・・・(汗

ま、ノーマルDCモーターでこれくらいなら、市野式だとこんなサウンドになるんじゃないかな?って思ってた通りのサウンドだったりして・・・(^^;
(※ちなみに、その伸びしろが少なかった原因が後に分かったのでした・・・(^^;)

と、まあそれはともかく・・・取敢えず、Ge3ピッチの調整方法を尋ねるメールして・・・しばらくこのまま聞いて、トレーニングが進むのを待つことに・・・

と、程なく、ピッチはテンションで微調整せよとコメントがあって・・・(汗

実は、これが結構難しくて・・・(^^;

でも、何とか調整できるようになったところへ・・・Ge3さんから、ドライブの糸は、絹がいいよとのコメントがあって・・・

あ、そう言えば、まだケプラー糸を試してなかった・・・(^^;

ってわけで、試そうとしたんですが・・・ちょっと所用で意見切れ・・・

なので、今日のところは、これにてお終い・・・(汗

で、明日は・・・またちょっとアホな寄り道話に・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3121-b4890ff5