【3030】161030 新フォノイコ用電源改修&ケーブル改修&洗っては聞き・・・(^^; 

さて、毎度のことながら、安物買いの銭失いに等しい散財・・・気に入る音を出したい癖に、出音の確認が取れたものを入手するわけでもなく・・・安価で興味をもったものに、直ぐ飛び付くという、節操も思慮もない行動ばかり・・・(滝汗

そりゃあ、まともな音への進化は無理でしょう!・・・って、思いますよね?(^^;

ま、ご想像の通り・・・大体が、根本的なところで方向性を誤ってて・・・小手先で梃入れしても、焼け石に水?状態で・・・(汗

ってわけで、今回も似たようなお話し・・・

実は、昨日のお話しの通り、新フォノイコ用の電源を製作して、あれこれ聞いてたんですが・・・何か時折キ~ンって音がしているような気が・・・

ただ、この時期ずっと耳鳴りがしてて、耳鼻科にかかっている状況でしたので・・・ちょっと耳鳴りが大きいな?なんて思ってたんですが・・・

耳鳴りは左耳なのに・・・キ~ンて聞こえるのは右から・・・あれれ?

で、耳に手をかざしてみると・・・どうやら耳鳴りではなく、間違いなく右SPから音が出ていることが分かった・・・(滝汗

なので、入力ソースをCECのPH53からに切り替えてみると・・・鳴らない(^^;

っと言うことは・・・新フォノイコでキ~ンって発振音がしていることに・・・(汗

で、電源を、元の正負化した自作出川式電源にしてみると・・・あら?鳴らない(^^;

ってことは・・・今回作った正負電源が原因ってことに・・・とほほ(;_;

なので、取敢えず、作成した電源を開腹して・・・

【ダイオードの放熱板への取付変更】
3030-01放熱板への取付変更

何はともあれ、ACのラインとDCのラインを出来るだけ分けて・・・配線を短くするために、ダイオードの放熱板への取付方向を揃えるように変更して・・・

【ACとDCを分けて配線の余剰分を短く】
3030-02余剰配線を短く

で、余剰配線を短くして・・・ま、出来るだけACとDCを分けてみたんですが・・・

新フォノイコに接続して、聞いてみると・・・あっ、まだ微かに鳴ってるような気が・・・

う~ん、困った・・・オシロとかあれば分かるんですかね?・・・どっかにコンデンサーをパラるとかダイオードを入れるとか・・・分かる人なら手があるんでしょうけど・・・

【配置換えして聞いて見る】
3030-03配置換えして聞いてみる

ってわけで・・・今回、新フォノイコ用に製作した電源と、CEC PH53用の外部電源の位置を変更して・・・新フォノイコと電源を横に並べて聞いて見る・・・

が、やはりまだ微かにキ~ンって鳴ってるような気が・・・うん?耳鳴りなの?

っと、かみさんが、台所の電気を切ったら・・・ボツッて・・・(@@;

う~ん、アースラインにノイズが入ってるのか?・・・これも何か対策しないと(滝汗

で、ふと思い出したのが・・・自作のフォノケーブル・・・あ、シールドしてない(^^;

と言うことで、駄目元で改修することに・・・(汗

【フォノケーブルにシールドを】
3030-04フォノケーブルにシールドを

で、錫メッキ銅の編組線を、元のフォノケーブルに被せて・・・L/Rの分岐の先にもシールドを被せて・・・

【フォノケーブルのシールド完成】
3030-05フォノケーブルのシールド完成!

ほんとは、発振にしてもボツッてノイズにしても・・・ケーブルのインピーダンスやキャパシタンスなんてところのアンマッチが原因なのかも知れませんが・・・

単語は聞き覚えがあっても、理屈はさっぱりなので・・・下手な鉄砲を数打つしかない!(^^;

と言うことで・・・聞いてみると?・・・ハハハ、発振が止まりました!(^^;

残念ながら、電気のスイッチ消灯では、随分音は小さくなったものの、まだボッって音が入ることが・・・(滝汗

ま、でも普通に聞く分には、近くで聞いても全く気にならなくなったので・・・

【洗っては聞きモードへ】
3030-06洗っては聞き

かめきちさんに分けていただいたレコードを、またぼちぼちと洗っては聞くことに・・・

うん!・・・新フォノイコも、段々いい感じに鳴って来ました!・・・その調子、その調子・・・もっと聞き込めば、まだいい感じに鳴りそう・・・

焦らず、ぼちぼち行くことに・・・(^^;

で明日は?・・・ちょっと新しいテーマへ・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3116-2fb04355