【3025】161022 久し振りのスピーカー(S-1EX)の測定?・・・(^^; 

※昨日、一昨日のお話しで、e.s.t.のレコードive in hamburgを絶賛したんですが・・・ECM盤って書いちゃって(汗・・・どこで勘違いしたのか?実は、ACT盤でして・・・お恥ずかしい限りです スミマセンm(_ _)m・・・YKさんと言うこのブログを見てくださってる方から教えていただきました!・・・どうもありがとうございますm(_ _)m

さてさて、アナログだデジタルだと1人で騒ぎつつ・・・挙句の果てには、両方のいいとこ取りしたご機嫌な演奏のレコードを手に入れた・・・なんて(^^;

あまりの変わり様に、何がなんだか分からんぞ!・・・ってな気になりますよね?(^^;

でも、ほんと、何かちょっといい感じで鳴り始めてる気もするし・・・

一方で、やっぱり駄目駄目の眠い音だって、落胆する日も度々・・・(汗

で、一体どうなんだ?って、σ(^^)私自身もわけ分からんようになって来まして・・・

ま、出来れば音友達にでも来ていただいて、駄目出しをして貰うのが一番なんですが・・・

このブログでは、恥も外聞もなく、ゴミ屋敷と化し、足の踏み場もないさまの画像もちょっぴり出してますが・・・画像に写らない部分も含めて、リアルに見てしまうと・・・ほんとに引いちゃうほどのありさまなので・・・

まずは、自力で何か客観的に確認できないか?ってことで・・・

めっちゃ久し振りに、周波数特性なんぞを測ってみることに・・・(^^;

ま、もともと、周波数測定で、うちの眠い音の原因が分かるとは思っていないんですが・・・そうは言っても、何かの指標くらいにはなるかな?って程度に・・・

【マイクをTWの軸上1mに設置】
3025-01マイクをTWの軸上1mに

で、まずは、マイクをツイーターの軸上1mくらいのところに設置して・・・

【オーディオインターフェースを繋いで】
3025-02オーディオインターフェースを繋いで

オーディオインターフェースにマイクケーブルを繋いで・・・ライン出力をパワーアンプの入力に繋いで・・・ノートPCをUSBケーブルで繋いで・・・

で、お馴染みのMy Speakerってアプリを起動して・・・あれ?・・・デバイスを認識しない・・・認識しても、音が出ない・・・あ、音が出た!・・・でもマイクが音を拾わない・・・おお!レベルメーターが動いた!マイクが音を拾い出したのか?・・・あれ?また音が出ない・・・

なんてことを、1時間以上ああでもない、こうでもないと、悪戦苦闘・・・う~ん、またしてもゲイツトラップ!?・・・最近、こればっかり・・・だからWindowsは嫌いなんだ!(^^;

っと、そんなこんなの悪戦苦闘の末・・・

【何とか測定できるように?】
3025-03MySpeakerで測定

何とか測定出来るようになりました・・・はぁ、ドッと疲れた(^^;

で、ピンクノイズの測定結果がこちら・・・

【TW軸上1mでのピンクノイズ】
3025-04軸上1mのピンクノイズ

う~ん・・・やっぱ、何も分かりません・・・とほほ(;_;

以前は、リスポジで取ってたので、もう少し大きな山谷がありましたが・・・流石にTW軸上1mなので、全体にフラットな感じで・・・

ま、それゆえ、軸から離れる低域は、もう少し音圧が高いのか?・・・
300~450辺りの中低域の下支えが薄い?・・・
1.5K辺りの谷がキツイのは、明瞭度の妨げに?・・・
2K~6K辺りの窪みは、少し眠い音に関係するか?・・・
12K辺りから上の減衰も大きいけど・・・これはマイクの向きや感度によるものか?それともこれこそ眠い音の原因か?・・・

ま、余り意味はないけど・・・ユニットごとに・・・あ、でも全部TW軸上1mで測定・・・(^^;

【ウーファーの周波数特性(TW軸上1m)】
3025-05TW軸上1mのピンクノイズ(WH)

ウーファーの音だけ見ても聞いても・・・特に何か分かるわけでもなく・・・

【ミッドレンジの周波数特性(TW軸上1m)】
3025-06TW軸上1mのピンクノイズ(MID)

マグネシウム振動板のミッドレンジをピンクノイズで聞いてみると・・・やっぱ、少し篭った音で・・・ここがもっとパリッと鳴らないと・・・駄目なんだろうなあ?・・・(^^;

【ツイーターの周波数特性(TW軸上1m)】
3025-07TW軸上1mのピンクノイズ(TW)

でもって、最後に・・・ツイーターの軸上1mでツイーターを測定すると・・・う~ん、ここも上の方が、もっとスコッと抜けた音が出て欲しいなあ・・・この辺も眠い音ゆえなのか?・・・

ってわけで・・・結局、周波数特性では、症状もユニットの個性も聞き分けられなくて(滝汗

ああ、それにリスポジでの音も測るのを忘れてた・・・(滝汗

実際には、SPの設置悪く・・・モノが溢れてて音が部屋に回らないからってのも大きいかな?・・・あ、それと測定結果の7K~8Kと10K~11K辺りの若干の盛り上がりと・・・これに対して、その上と下が相対的にレベルが低いってのが気になるなあ・・・

てわけで・・・安心材料にも、原因究明の手掛かりにもなってなくて・・・(滝汗

どうしたもんか?・・・う~ん、疲れた(汗

なので、今日のところはこの辺で・・・でも、やっぱもう少し何とかしないとなあ・・・

で、明日はどうなるの?・・・ハハハ(^^;

苦し紛れの気分転換?・・・ま、せっかくなんで遊んで見ないと・・・

ってわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

F特の結果

測定結果からすると50Hz以下の山谷は定在波でしょうか。12KHz以上の減衰は、室内材料の吸収かと思いましたが、1m手前の軸上でも同じ傾向なのでユニットそのものか、ネットワーク周りが原因かもしれません。低域の定在波処理は必要と思いますし、ツイーター周りの点検と別にスーパーツイーターを持ってきてパラに繋いでみるとか、原因追及が必要でしょうね。

Re: F特の結果

酒仙坊さん、アドバイスありがとうございますm(_ _)m
主張中で、レスが遅くてスミマセンm(_ _)m

低域みだれは、TWの軸上1mだからかも知れません。以前、リスポジで測った時はこの窪みはありませんでした。

最後の計測
http://mtt2.blog60.fc2.com/blog-date-201402.html#entry2084

ツイーター周りの影響は多分にあると思います・・・ネットワークも含めて、もう少し調べてみようと思います。
ぼちぼちと・・・(汗

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3111-aaa2ede2