【3016】161008 SPセッティング修正&リールハブの修理&デッキ改修?・・・(^^; 

リアルタイムの昨日は、もうめっちゃ大変・・・博多駅前の道路陥没による停電地域にσ(^^)私の管轄の事務所がありまして・・・その対応で1日中大わらわ・・・(滝汗

正直もうヘロヘロなのに・・・今日はうちの部署が監査・・・ひょえ~大変!(^^;

なんて与太話は置いといて・・・

昨日お話ししたCDのモノラル音源で、音像の焦点がアナログに比べるともう一息って件ですが・・・ふと気が向いて、少々調整を・・・(恥

えっと・・・ユニットを弄りすぎて、眠い音しか出ないって悩んでましたが・・・このところアナログばかり聞いてたからか?・・・CDが思いのほか、カチッとした音になって来たかのように聞こえて・・・ちょっと喜んでたりして・・・(滝汗

でも、SPのセッティングがいい加減だから?・・・モノラルのアナログ盤では、もう少しピシッと焦点が合って聞こえるのになと・・・(^^;

で、思い始めると。もう止まらない・・・(滝汗

【まずはレーザー距離計で】
3016-01まずはレーザー距離計で

ってわけで・・・まずはレーザー距離計で、SPのおおよその位置を調整・・・SPのバッフルに鏡を貼り付け・・・レーザー距離計からのレーザーの反射が、送信ポイントと同じになるようにして・・・左右のリスポジ後の焦点からの距離を同じにして・・・

とこれで、最初のセッティングはお終い・・・(^^;

この状態で、モノラルの音源を聞いてみると・・・やはり、音像の焦点の結び方が、まだもう少しボケた感じで・・・(滝汗

で、そこからは、同じくモノラル音源を聞きながら・・・音像の焦点が小さくなる方へ少しずつ動かしながら調整して行く・・・

で、余り変わってないけど・・・最初の時より少し焦点が小さくなったところで終わりってことにして・・・(^^;

でもって、ここからは、テープタイムにしようかなと・・・

テープ再生の準備をしつつ・・・リールハブのロックの動きが少し渋いのが気になって・・・

ちょっと仕組みを見てみると・・・ゴムパッキングを変えればよさそう?・・・

ってわけで、近くのホームセンターで、ゴムパッキングを物色・・・うーん、ちょっと大きさが足りない?・・・(^^;

【リールハブの修理】
3016-02リールハブの修理

でも、ゴムだし・・・伸びるからいけるかな?・・・ってわけで、必要なのは65φくらいなんだけど・・・50φまでしかなくて・・・50φを入手して・・・

で、元のリールハブからゴムパッキングとロックチップを外して・・・

【はめ変え完了】
3016-03はめ変え完了

ちょっと無理矢理ながら・・・50φのゴムパッキングを伸ばして装着すると・・・うん、何とかはまったみたい!(^^;・・・で、隙間にシリコンスプレーを吹きつけ・・・スムースな動作になって・・・修理完了!・・・\(^^)/

で、おつぎは・・・STUDERの簡易移動ラックを・・・

ゴムパッキングと一緒に調達してきたのがこちら・・・

【板材とキャスターと鬼目ナット】
3016-04板とキャスターと鬼目ナット

で、板材に、取っ手穴を開けて・・・取付穴を開けて・・・底に鬼目ナット用の穴を開けて、鬼目ナットを打込んで・・・(^^;

【板材の加工】
3016-05板材に加工を

でもって、板材にキャスターを取り付けて・・・仮の工作を完了!・・・(^^;

【板材にキャスターを取り付け】
3016-06キャスターを取付

って分けで、ちょっと取っ手の工作は途中ですが・・・STUDERのサイドに取り付け・・・

【STUDERに取付】
3016-07STUDERに取付

移動用キャスター付きのサイドパネルラックの完成!・・・\(^^)/

ということで、この日の工作は完了・・・明日は?・・・このデッキを・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3102-b8ac33e7