【3012】161001 構成変更にトライするも玉砕・・・(^^; 

さてさて、昨日のお話しの通り、モジュール交換で復活したPro-Jectのプレーヤーの系統は、一旦置いといて・・・

今日は、モジュールを貸し出してたため、聞けなかったバラックプレーヤーの方へ・・・

【変更前の構成】
3012-01変更前の構成

こちらは・・・パイオニアのバラックプレーヤーの3本アームと・・・左後のDP3000+サエクのアームのプレーヤーを繋ぎ変えつつ聞いてたんですが・・・

せっかくこれだけのバリエーションがあるんだから、いろいろ切替えて聞けたらなあ・・・って思いから・・・毎度のごとく、思慮なしに無理矢理導入したオーディオデザインのXLRのセレクターですが・・・

フォノケーブルのコネクタがXLRに揃ってなかったので・・・これまでこのオーディオデザインのXLRのセレクターは、ベリンガーのパワーアンプA500への入力切替に使ってまして・・・

左後のDP3000+サエクのアームからの出力を、PH53に繋いで、オーディオデザインのXLRのセレクターに入れて・・・

パイオニアのバラックプレーヤーのFR-54の2本を、Partridgeの昇圧トランスに入れて、この昇圧トランスのセレクタで切替えて、オーディオデザインのXLRのセレクターに入れて・・・

で、オーディオデザインのXLRのセレクターの残りの入力端子には、XLRケーブルを繋いで・・・画像の右下の木片の上で・・・

UX-1からのデジタル再生と・・・Pro-Jectのプレーヤー&PH53からの出力と・・・STUDERの2tr38からの出力をXLRプラグとコネクタの接続換えで切り替えてました・・・

で、音量調節は、ベリンガーのパワーアンプA500の入力アッテネーターのボリュームで、左右それぞれ、その都度調整して使ったました・・・(汗

でも、この音量調整がめっちゃ面倒なのと・・・この時点では、パイオニアのバラックプレーヤーのSMEのアーム&SHURE V15 Type3が、フォノイコが足りなくて遊んでまして・・・

これは勿体無いなあと・・・(^^;

で、元の構想通り・・・

【構成の変更】
3012-02構成変更

バラックプレーヤーに乗っかったCECのフォノイコPH53に、MCカートリッジの付いたアーム・・・デノンDP3000+サエクのアームからの出力と・・・バラックプレーヤーの2本のFR-54化らの出力・・・この3系統を、オーディオデザインのXLRのセレクターに・・・

で、遊んでるキット屋さんのプリSV-192A/DのXLR入力に、オーディオデザインのXLRのセレクターの出力を繋いで・・・SV-192A/Dのフォノ入力に、SMEのアーム&SHURE V15 Type3の出力を繋いで見ました・・・(^^;

ところが・・・ご想像の通り・・・微弱な信号のMCカートリッジからの出力を、オーディオデザインのXLRのセレクターに繋ぐと・・・

セレクターの切替時・・・ボツッ!・・・ボツッ!っと、でかい音が出る・・・(滝汗

おまけに・・・ブ~ンってハムノイズが・・・

で、アースをあちこち繋いだり・・・アースの繋ぎ方やケーブルの取り回しを変えたりしたんですが・・・どうしてもハムノイズが消えない・・・とほほ(;_;

オーディオデザインのXLRのセレクター経由しないで、何れかのMC出力を、直接PH53に繋げば、ハムノイズは、完全には消えませんが、実用範囲内・・・(汗

う~ん・・・土台、MCカートリッジからの出力に、昇圧もせずに直接セレクターをかますこと自体が問題なのと・・・バランス出力の系統とアンバランスの系統を、アンバランスがベースのアンプに繋いでるからなのかな?と・・・

ホントは、鮮度感の極めて薄いうちのシステムでは・・・ホントはバランス対応のアッテネーターとセレクタで、パッシブプリにするのよさげなんですが・・・ないものねだり(^^;

でも、少々接続を悩んでみましたが・・・どうやら、キット屋さんのプリSV-192A/Dをかませるのはちょっと・・・

となると、後は?・・・MCカートリッジからの3系統を、entreの昇圧トランスET-100で切替えて・・・と思ったけど・・・今一ハムノイズから逃れられないのと・・・そもそもフォノケーブルが足りないし・・・SMEのアーム&SHURE V15 Type3の系統は、どうするの?・・・(滝汗

ってわけで、この案は、いずれも没・・・玉砕!・・・ガクッ_| ̄|○

なので、何か他の方法を考えないと・・・

なんですが、今日はここで時間切れ・・・なので、つづきは明日に・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3098-fdf53634