【3010】160928 相変わらすのお馬鹿な楽しみ?・・・(^^; 

さてさて、ターンテーブルシートのケブタフェルトによるリムサポートを、よりリム部分をライン状になるよう改修したわけですが・・・

せっかく改修したんだから、Pro-Jectのプレーヤーの方で、もっとレコードを聞いてみるかなって気になって・・・って言うわけでもないのですが・・・(滝汗

テレビでCMを見たのが先だったか?・・・会社帰りの最寄の書店でド~ンと積まれてたからか?・・・忘れちゃいましたが・・・ついつい、これを入手してしまいました・・・(滝汗

【ディアゴスティーニのレコード】
3010-01ディアゴスティーニのレコード

って、リアルタイムでは、もうすぐ第4号が出るかな?って状況ですが・・・このときは、まだ余りに話題になってなかったんですよ・・・(^^;

それに・・・そもそも干乾びたキリギリスのσ(^^)私としては、ワンコイン盤を掟としているわけで・・・基本的には、新品レコードは手が出せないんですが・・・

この第1号だけは、1漱石未満の990円ってことで・・・無理矢理ワンコイン+αーを拡大解釈すれば、何とか対象になるわけでして・・・(滝汗

それと・・・もとがソニーUKのライセンスでオリジナルマスターからのリマスタリングで、180g重量盤のMADE IN EU(フランスのプレス工場)との情報もあって・・・

リマスタリングとか180g重量盤って言うのには、あまりいい印象がないのですが・・・巷の噂で聞く、今の日本のレコードは、CD-Rで持ち込まれた音源からプレスするって話ですし・・・それに比べれば、全然ましかな?って思いまして・・・(^^;

なんて、ぐだぐだ書いてますが・・・要は990円って、客寄せパンダ価格に、まんまと引っかかったわけです・・・(滝汗

ってわけで、せっかくだから聞き比べを楽しませてもらおうかな?って思った次第・・・(^^;

ちなみに、珍しくうちにあったのは・・・ワンコインで入手の再発国内廉価盤・・・(汗

で、まずは早速、ディアゴスティーニ盤から聞いてみたんですが・・・

いいんじゃないでしょうか?・・・少々音の輪郭をハッキリさせる方向なのか?シンバルの帯域辺りが若干強めな感じで・・・どことなくCDに近い明瞭度を意識させますが・・・銘盤と言われる演奏の素晴らしさは充分伝わって来るし、とにかく、ご機嫌に楽しめると思います!(^^;

特に、σ(^^)私的には、ベースのちょっと奥で弾いてる存在感、響の感じが好きです・・・

と、おつぎは手持ちの再発国内廉価盤を聞いてみると・・・

ああ、こっちの方が、アナログらしい滑らかさと柔らかさを感じますね・・・楽器の音の出て来る場所がよりハッキリしてて、前後感もしっかりしてる・・・あと、全体に個々の楽器の音がディアゴ盤より飛んでくる感じで・・・

何となく、ゆったりと落ち着いて、演奏の雰囲気も、じわ~っと伝わって来て、じっくり楽しめる感じがして・・・(^^;

どっちが好き?って問われれば・・・今は、国内廉価盤の音の傾向の方が好みかな?(^^;

で、巷の評判をチラッと追いかけてみると・・・あらら、結構極端な意見もあるんですね?

オリジナルの良さが全く無いとか・・・薄っぺらいとか・・・平面的とか・・・深みが無いとか・・・全然駄目駄目、話にもならないとか・・・って、駄目出しめいっぱいの意見から・・・

とっても楽しめる・・・演奏のいいところはしっかり感じられる・・・アナログらしさがしっかり残っている・・・などなど、好意的な意見まで・・・

変わったものでは、これは、シリーズを通してコレクションするのを楽しむ趣味で、中味に言及しちゃいかんおだとか・・・ビックリ!(@@;

ま、それはともかく・・・せっかくの名盤ですが、もともとの盤が中古市場に出回る量は、意外に多くなくて・・・ジャンク盤でもない限り、干乾びたキリギリスのσ(^^)私には、なかなか手が出せない価格ですから・・・

この990円って価格で、それなりに楽しめる音の新品が手に入るってのは、非常にありがたいですね!・・・(^^;

ただ、第2号は、1990円?・・・3号以降は2980円だそうで・・・・そうなると、ちょっと手が出ない・・・(滝汗

正直、σ(^^)私的には、昨今のデジタル録音からのアナログレコードの新譜には、余り興味はなくて・・・だって、デジタルは、デジタルで聞けばいいんだから・・・(^^;

どちらかと言うと、アナログブームって囃し立てられる影響で、中古音源の流通相場が上がりっぱなしなのが痛い・・・(^^;

高額上流市場でブツが消えて行ってしまい・・・下流のジャンク市場にσ(^^)私の欲しいブツが回ってこないんですよね・・・(^^;

とは言え・・・ブームが加速して、新たな機材開発が進み、安価に高性能な製品が流通して・・・更には、再びアナログ録音・・・テープの世界が復活してくれるまでになれば、とっても嬉しいんですけど・・・(^^;

と、そんなことも考えさせてくれたディアゴの名盤シリーズ発売でした・・・

ってわけで、今日のお話は、これにてお終い・・・

で、明日は?・・・毎度の息継ぎ小ネタ・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3096-75bc5538