【2994】160911 フォノケーブルの製作(オーグライン)・・・(^^; 

う~ん、フォノケーブルの製作って、一体何回この日記に出て来てるのよ!?・・・(滝汗

いやあ、σ(^^)私自身、もう何度目か分からなくなっちゃったんですが・・・一番、直近に作ったのが・・・

【2973】160814 フォノケーブルの製作・・・(^^; [2016/09/27]

実は、今回作るのと同じバラックプレーヤー用・・・

で、前回は、RCAタイプながらバランス伝送対応にして・・・昇圧トランスも経由してバランス伝送で切替えて使える・・・そんな思いから作ったわけですが・・・

実際使ってみると・・・どこかボトルネックになる部分があるんじゃないかな?って不安が・・・と言うのは、使った線材が銀メッキのジュンフロン線だったから・・・

これはちょっと聞き較べをして見ないと・・・

それに、前回作ったフォノケーブルは、昇圧トランスを経由するように、RCAタイプとしてましたが・・・そうでなくても眠い音のうちのシステム・・・やっぱり、直接フォノイコに繋いだ方がいいはずだしなあって・・・(^^;

で、これを聞き較べするなら・・・やっぱ基準としては、レコードプレーヤーの導入当初から一番いい感じかな?って思ってるオーグラインの単線で自作したフォノケーブルがいいかな?って思いまして・・・

だったら、まずは、ジュンフロン線のフォノケーブルとの比較用に1本作ろうかと・・・(^^;

【オーグライン単線をツイストペアに】
2994-01オーグライン単線をツイストペアに

ってわけで・・・まずは、オーグライン単線(φ0.3mm)をツイストペアにして・・・

このオーグラインのペア撚り線に・・・錫メッキ編組線を被せてシールドに・・・

【フォノプラグの端子にはんだ付け】
2994-02フォノプラグの端子にはんだ付け

その上にさらに編組シースを被せたものをL/Rの2本用意して・・・

この1端を2本とアース線をフォノ端子にはんだ付けして・・・

【フォノ端子にはんだ付け】
2994-03フォノ端子にはんだ付け

ま、大した難しさは無くて・・・ちょちょちょいっと・・・(^^;

で、片側にフォノプラグのケースを通しといて・・・

【反対側にXLR端子をはんだ付け】
2994-04反対側はXLRに

反対側に、XLR端子をはんだ付け・・・

っと、これで、バランス伝送対応用・・・オーグライン単線の自作フォノケーブルが出来上がったことに・・・(^^;

【自作バランス伝送対応オーグラインフォノケーブル】
2994-05自作バランス伝送対応オーグラインフォノケーブル

ってわけで、一本の準備は出来たのですが・・・

比較用のジュンフロン線のフォノケーブルは、現在、RCA端子のタイプ・・・

これをシンプルに繋ぐには・・・やっぱり、端子をXLRに付け替えないと駄目?なんですが・・・手持ちに使えるXLR端子が無いことが判明・・・(滝汗

ってわけで、こちらの工作は、また今度ってことに・・・(^^;

で、しばらくは、バラックプレーヤーで慣らしをしておこうかと・・・

ちなみに、第一印象は、やっぱりちょっとSN感と言うか、音の純度が高く、細かな音も聞こえるので、音数が多くなったような気が・・・で、バランスは、物足りないながらも中低域に少し厚みを感じる・・・(^^;

と言うことで、今日のお話は、これにてお終い・・・(汗

あすは?・・・息継ぎネタに・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3080-a8f02204