【2966】160811 プレーヤーラックの改修&洗っては聞きの効果?・・・(^^; 

う~ん・・・われながらほんとにアホだなあ(滝汗 と・・・駄目元とは言え、まあ、何とかなるだろうと、甘い期待で入手した憧れのRS-1506U・・・

結局、電解コンデンサーの破裂という結末に・・・リアルタイムの現在も、玉砕のまま(汗

まあ、まずはサービスマニュアルを落として、電源部のトランジスタの交換からでもやってみようとは思ってるんですが・・・そもそも、こういう結末となるべき状態の固体だったとしたら・・・一通りの部品交換が終わったとしても、正常に動くかどうかが分からない・・・(滝汗

ってなわけで、なかなか部品調達に腰が上がらない・・・

なんて言ってますが・・・そもそも、このでっかいブツ!・・・どうすんのよ?!(汗

ハハハ・・・オープンリールデッキ8台・・・内2台は、全く動かない・・・

そうでなくても、足の踏み場もないスペースに・・・干乾びたキリギリスと自ら言いつつ・・・いくらジャンクとは言え、タダではないのに・・・何を好き好んでゴミ集め?

と、反省、後悔し切りなんですが・・・性懲りも無く、やっちゃうんですよねえ(滝汗

ってわけで、今回の大失敗は、巨大なブツが、狭小空間を阻害しているがゆえ、なかなかその落ち込みから抜け出せず・・・修理に向けた意欲も持てず・・・悶々と・・・(^^;

そんなこんなで・・・この日は、気晴らしに・・・

って、実際何をするわけでもなく・・・単にレコードを聞いてただけなんですが・・・

ふと、視界に入る先日増設した仮組みレコードプレーヤーラックに目が止まり・・・

【2955】160724-25 バラックプレーヤーの設置変更?・・・(^^; [2016/09/09]

【仮組みレコードプレーヤーラック】2955-05
2955-05聞いてみると

えっと・・・メイプルのバラックプレーヤーボード?・・・画像の黒っぽい台座部分と、左のCECのフォノイコ用の外部電源の上の棚板(パートリッジのトランスの載ってる棚板)の高さが違うのが気になって・・・

ま、いずれこのCECのフォノイコ用の外部電源にもインシュを試してみたいってのもあって・・・もう少し高さを取りたいなと・・・(^^;

ってわけで・・・ちょっと見苦しいですが・・・スペーサーを入れることに・・・

【柱と棚板の間にスペーサーを】
2966-01柱と棚板の間にスペーサーを

で、偶然、トーンアームベースの製作に使ってたシナ合板の端材の厚みが丁度よさげだったので・・・これを柱の大きさに切り出して・・・中央にボルト穴を開けて・・・

柱と棚板の間に、シナベニアで即席に作ったスペーサーを挟んで固定・・・

【正面からは、見えないので】
2966-02正面からは見えないので

横から見ると、このスペーサーが見苦しいですが・・・正面からは、全く見えないのでよしとしておきましょう!・・・(^^;

で、音的には、何が変わるでもなく・・・とりあえずは、このところ収穫したレコードを超音波洗浄しながら聞くことに・・・

【得意の洗っては聞き】
2966-03得意の洗っては聞き

と、このところ収穫したレコード・・・日記には、聞きながらのコメントを書いていますが・・・実は、帰宅が遅かったり、時間が無かったりして、得意の超音波洗浄をしないで聞いたものでして・・・

で、この日、まとめて自作超音波洗浄機で洗っては聞きを・・・(^^;

先日、アルミフォイルで、超音波振動子の動作確認をしたこともあって、心持ち安心しての洗浄だったのですが・・・

改めて、水の激落ち君を数十ml混ぜての超音波洗浄の効果の大きさが確認できました!(^^;

ま、細かなプチパチがなくなるのは当然として・・・何故か、全体的な印象が、クリアで透明感が上がって抜けがよくなるんですよね!・・・(^^;

で、今回、実家とかでよく使ったミスティーを久し振りに洗い直して、再度聞いてみたんですが・・・なんと!以前は取れなかったちょっぴり残ったプチパチが、一段とましになってる!

この盤は、既に数回洗ってて・・・それでもプチパチが残ってたので、汚れじゃなくて溝が荒れているんだとおもってたんですが・・・なんと、それがましになるなんて?!(^^;

荒れたレコード盤でも、きちんと超音波洗浄して聞いてれば、表面が落ち着く?滑らかになる?んですかね?・・・ちょっと嬉しい、不思議な体験!・・・

もっと頑張って聞いて、洗おう!・・・(^^;

ってわけで、今日のお話は、これにてお終い・・・明日は?・・・またテープの話?

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3051-a1bd9072