【2962】160806 実家でプチ実験?・・・(^^; 

さてさて、相も変わらず大して実もない小ネタがつづいておりますが・・・ま、オーディオの音はコロコロ変わってはいるものの・・・突然、望む方向へ劇的に向かうわけもなく・・・(^^;

毎日、帰宅後のホンの少しの時間・・・ターンテーブルを回し、レコードに針を下ろして・・・時間の流れがゆっくりになったかのような空間に包まれるのを楽しみに・・・(^^;

実際のところは、音が出た一瞬・・・ああ、もっとハッ目の覚めるような音が出て欲しいんだけどなあ・・・なんて一瞬思いつつ・・・ため息と一緒にほっこりモードに・・・(^^;

まあ、ヘロヘロで帰って来てるんで、これでいいんだと思うんですが・・・週末なんかは、やっぱりこれでは物足りないですよねえ・・・

どうやら、ある程度音量を上げると、ちょっとは聞いてられる音になるんですが・・・集合住宅では、それもままならず・・・

で、毎度のフォローで実家へ戻る週末は、多少は目の覚める傾向の音が聞けるか?と期待しつつ帰るわけで・・・

ところが、今回、土曜の早朝からの対応が必要だったので・・・仕方なく、金曜の夜遅くに実家へ戻ることに・・・

なので、持ち帰る機材の準備をする時間も出来なくて・・・

慌てて持ち帰ったのは、数枚のレコードとカートリッジくらい・・・(滝汗

でも、今回ちょっと確認したいことがあって・・・借用中の静のスタビとGe3の響も持ち帰って来ました・・・(^^;

えっ?・・・静のスタビとGe3の響の比較試聴は以前もやったのになんで?

ひょっとして、ネタが無いから苦し紛れ?・・・ハハハ、それに近いかも?(^^;

【今回の実験システム】
2962-01今回のシステム

ちなみに現在、実家に置いてあるのは・・・DP-3000とDK-100にFR-54を付けたプレーヤーと・・・エレキットのプリTU-875のフォノイコ部(REC OUTを使用)・・・アンプはCECのAMP-5300・・・スピーカーは、FE108EΣの桐箱入り「乙」君・・・ってシステム(^^;

あ、画像は、デジカメすら持って帰るのを忘れたので、携帯での画像です・・・(滝汗

で、フォノケーブルは、柔らかくちょっと眠い音なんで、大阪の自宅では、元のシステムが眠い音ってこともあって、全然聞けないオーディオクラフトの古い廉価なケーブル・・・(滝汗

で、何がしたかったかと言うと・・・

果たして、こういうフン詰まり感のあるシステムでも、持ち帰ったスタビの効果の差がしっかり聞き取れるか?ってこと・・・(^^;

そう、大阪の寝ぼけた音のシステムと同様・・・フン詰まり部分(例えば今回はフォノケーブルやフォノイコ)があった場合でも、アクセサリーなどの効果による変化が聞き取れるのか?どの程度の変化になるのか?なんて・・・そんなことを確認してみたいと思いまして・・・

ってわけで、まずは聞いてみたんですが・・・やっぱ眠い音!(^^;

【フォノイコ~アンプ間を】
2962-02フォノイコ~アンプ間

慌てていろいろ持ち帰るのを忘れたこともあって?・・・思いの外眠い音!(^^;

まずは、これで静のスタビとGe3の響を聞き比べてみると・・・ああ、大阪のシステムと似たような変化・・・これだと、違いが分かり難いなあ・・・やっぱフン詰まり(^^;

【静のスタビでも】
2962-03静のスタビで

じゃあ、ちょっと思うところを変えて、変化量を確認してみようかと・・・

TU-875フォノイコをREC OUTからアンプへと繋ぐ、自作の真赤なラインケーブル(BELDEN 88760)・・・これを、Ge3的極細銀撚り線の自作ケーブルに変えてみると・・・

おお!・・・全然高域の抜けと伸びが違う!・・・いやあ、これだけ変わっちゃったら驚くでしょう!(^^;・・・なるほどねえ・・・やっぱ中高域の違いは大きいなあ・・・(滝汗

テープヒスも聞こえるし・・・プリエコー(マスターテープの1周前の音が、つぎのテープに着磁して聞こえる)が、結構聞こえるんですよね・・・(滝汗

この状態で、スタビを響から静にすると・・・あ、やっぱかなり澄んでタイトな音になりますね・・・低域のゴーッて暗騒音もよく分かる・・・でも、意外にプリエコーは大人しい・・・

ま、この辺がそれぞれの音の出し方の傾向の違いってことなんですね!・・・これだけハッキリ違いがあると、σ(^^)私の駄耳でもよく分かる!(^^;

ってことは・・・大阪のシステムは、それだけ中高音の情報量が少ないってこと?・・・うん?待てよ!・・・音が大きいからか?・・・ってわけで、音量を大阪で聞いてるぐらいまで下げてみると・・・

あら?(@@;・・・大阪のシステムの感じに似てる・・・(滝汗

そうか・・・やっぱ、音量あるいは絶対的なSNが違うってことか!・・・

音量をもっと上げられれば、誤魔化せるんだけど・・・集合住宅でそれは出来ないし・・・

ってことは・・・大阪のシステムの低域は今のエネルギーのまま・・・少し締めて・・・中高域のエネルギーを増して・・・何より、部屋とシステム全体のSNをもっと上げないと、今の音量では、思う音で楽しめないってことか・・・ガクッ_| ̄|○

と、ちょっとは眠い音の緩和策のヒントは得られたと言うことにしとこうかな?・・・(^^;

と言うことで、今日のお話は、これにてお終い・・・明日は?・・・また、大馬鹿な話(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3047-7061f5fa