【2933】160702 アナログ祭りとサウンドコレクション(1)・・・(^^; 

さてさて、1ヵ月半遅れのパラレルワールドでは、この日、河口無線さんでアナログ祭りってのをやってて・・・って言うか、本来なら、メインは毎年恒例となっているサウンドコレクションの方なんですが・・・

今回、酒仙坊さんから、この後にオーディオノミナーやるよってお誘いをいただいてたので、夕方からは、これに参加させていただくことにして・・・サウンドコレクションの講演に、今年も行こうか?って考えてたんです・・・

ところが・・・どうも、サウンドコレクションの方は、土曜日はデジタルプレーヤーやハイエンドアンプの聞き比べで・・・デジタル~ハイレゾ中心?・・・なのでちょっと・・・

と、河口無線さんのHPでは、アナログ祭りをやるとのことで・・・お!ViV laboratoryのあきやんさんが来られる!・・・こりゃ、久しぶりに行っとかないと・・・

てわけで、例年なら講演の整理券確保のため、朝から行ってたんですが・・・

今年はゆっくりと・・・で、午前中は、昨日のお話しの通り、フォノイコを弄って・・・

午後からアナログ祭りへ・・・なんですが、ゆっくりし過ぎて、ちょっと遅刻(滝汗

で、3階のヒノエンタープライズさんのデモ会場へ・・・

【ヒノエンタープライズさんのデモ】
2933-01ヒノエンタープライズさんのデモ

既に、比較試聴の元になるノーマルでの試聴が終わっちゃってたみたいで・・・レコード盤のシステムエンハンサーの解説がありまして・・・

ってこのシステムエンハンサーをレコードプレーヤーで無音で再生しつつ・・・カートリッジのダンパーって、結構エージングの効果がありますよ!って話のあと・・・

先に試聴されたであろうレコード・・・猪俣猛のAlone Togetherを再生・・・

お!結構太いサックスの音・・・シンバルの音も金属の厚みがあって・・・かぶりつき席で聞くかのようなONな録音が好きですねえ!

で、システムエンハンサーをかけた時間が短いので、あまり分からなかったかも知れませんが、変わったのがわかりましたか?変わったと思う人?との質問に・・・

結構何人もの方が変わったと思うとのことで挙手をされてて・・・明るくなった、シンバルの金属感が上がったなどのコメントもあって・・・どうやら、結構効果があった様子・・・

で、おつぎは、ハイドンの皇帝讃歌をチェンバロのソロの演奏で・・・

これまた、かなりONな録音で・・・弦を引っ掻く音~その後の弦の響きで・・・とっても生々しい実在感が・・・

と、ここでアナログリラックスの除電ブラシのPRが・・・毛先の細さと長さが絶妙で、埃が取りやすいとのこと・・・

で、おつぎは・・・ポピュラーで、マドンナのバラードで、スパニッシュアイズを・・・他のメーカーさんは、イベントで高音質盤をよく使われますが、ヒノさんは、通常盤で、中古ショップとかで500円程度で売っている盤もかけます・・・いい盤をかけないと、いい音が出ないというのでは問題で・・・通常盤がいい音でなってこそなのでと・・・

と、最内周の曲ですがと、かけられると・・・

ほう、ギターの金属弦が非常に綺麗で生々しく・・・金属パーカッションも金属管がはっきりと出て・・・ベースとドラムも厚めで・・・マドンナのバックって、ゴージャスなサウンドですよね・・・めっちゃカッコイイイントロで・・・ボーカルも生々しく艶っぽい実体感・・・

この盤は1970年代後半の録音で・・・この頃のアメリカは、結構凝ったまともな録音が多いですので聞いてみるのもいいですよとと・・・(^^;

つぎは、クラシックで・・・テラーク盤で、幻想の第4楽章、断頭台へのマーチを・・・

と、この盤は、デジタル録音で、それをアナログにして意味があるのか?を聞いてみて欲しいとのことで、再生されると・・・

お、確かに、これも、個々の演奏が分かり易い高解像度な音で・・・弦の響も綺麗で、木管の音色も暖かみがあっていい感じ・・・結構広がりと奥行きもあって?・・・う~ん、広がりは結構よくていい感じなんですが・・・奥行きはちょっと・・・普通の盤よりは奥行きが深いんですが・・・何層かの段階的な奥行きで・・・って、逆プラシーボ?(汗

で、おつぎは・・・イーグルスのホテルカルフォルニアを・・・92年頃の録音です・・・ZYXは、海外でも結構人気があって、クラシックが得意との評価を得ているが・・・どちらかと言うと音の溝に忠実な再生ですと・・・

うん?ホテルカルフォルニアは70年代後半の録音だったはず・・・それに、レコードは今一つ抜けのよくない音だった記憶が・・・でも、かかったサウンドは、凄いSN感!・・・透明感のある綺麗なギターで・・・ああ、この音は!・・・再結成された時のアルバム・・・ヘル・フリーゼズ・オーバーですね!(^^;へえ、これのレコードもあったんですね・・・いいですねえ!・・・デジタル媒体で聞くより、ドラムの重みや弾力感?エネルギー感が強いような気が・・・って、これも逆プラシーボか?(^^;

っとっとっと・・・のんびりおさらいしてたら、今日はここで時間切れ・・・

なので、つづきは明日に・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/3018-ec567f73