【2903】160612 アーム型レコードクリーニングブラシ?・・・(^^; 

さてさて、このところ息継ぎ、息抜きまくりの日記ですが・・・その割にと言うか、そんなだから?・・・タイムディレイは、1ヶ月余り・・・

う~ん、内容が薄い上に、取り組みが少ないってこと?・・・こりゃあちょっと、頑張らないと駄目ですねえ!(^^;

と言いつつ・・・今日のお話しも息継ぎ小ネタ?・・・(滝汗

えっと・・・このところ、相変わらずのレコード三昧ですが・・・プレーヤーをジャンクDP-3000+WE-308+DK-100で聞いたり・・・パイオニアのバラックプレーヤーで聞いたり・・・メイン系のPro Jectで聞いたりと・・・コロコロ変えてるんですが・・・

その都度、レコードクリーナーを置き換えてまして・・・

あ、これまでは、昔、学生の頃に使ってたプレーヤーPL-50L2で愛用してたこちら・・・

【ナガオカのアーム型レコードクリーナー】
2903-01アーム型レコードクリーナー

ナガオカのアーム型レコードクリーナーAuto131・・・今は勿論、もう絶版・・・(^^;

これを毎回、レコード盤をターンテーブルに乗せて、アームをかける前に、このクリーナーを盤に乗せて・・・レコードを聞き終わったら、アームを戻してから、このクリーナーを外してクリーナー部に付いた埃をブラシで掃き落とす・・・って動作をやってまして・・・

まあ、非常に面倒なんですが、その効果の大きさに、止められず・・・作業自体は、それこそルーティーンになってて、ほとんど無意識にやってるんで・・・

ってわけで、プレーヤーの数だけ増やしたくて仕方が無いのですが、もう入手困難・・・中古もオークションとかで、この後のタイプのローラー型?見たいのは時折出てくるんですが・・・

後、ちょっと弱点と言うか、機能的に残念なのが・・・冬など、静電気の多い盤にこのクリーナを使うと、いっそう静電気が発生すること・・・(^^;

で、一時期、改良と、予備のクリーナー部を使って、もう1本自作しようかな?なんて考えつつ・・・その改良方法として、ブラシ部分を静電気除去ブラシにしてみたら?って考えて・・・

でもって、ネットで調べて、使えるかな?と見つけたのが、フィギュアとかの模型の埃を取るためのクリーニングブラシ・・・

【モデルクリーニングブラシ】
2903-02モデルクリーニングブラシ

いわゆる除電ブラシってやつで・・・ブラシの毛に導電コート?みたいのを施したもので・・・サンダーロンとか言う製品が」有名なのかな?・・・(^^;

で、この手のもので、一番安く手に入りそうだったのが、上のモデルクリーニングブラシで・・・ずっと以前に日本橋に言った時、ジョーシンの模型館?で入手・・・

いや、それよりこれの平ブラシのタイプを入手して、再生前にささっと盤をクリーニングすればいいってことじゃないの?って話もあるんですが・・・(^^;

σ(^^)私的には、先のナガオカのアーム型レコードクリーナーみたいに、ビロードみたいな毛先が何本もレコードの溝をトレースして、溝の中の埃をかき出すってのがいいと思ってて・・・

で、それについてるブラシ?部分を静電気除去のタイプに出来ればなって・・・

あ、それに、残念ながら、このモデルクリーニングブラシ・・・テスターで測ると、完全な導通はなくて・・・一応電気は流れるみたいですが、数十Ω?の抵抗があるみたいで・・・

でもって・・・そんなタイプがないかな?ってネットを探してて、見つかったのは、カーボンブラシで静電気をアースに落とすってやつ・・・

で、ヨドバシのポイントがあったので、これをポチッとしといたんですが・・・

取り寄せ中で、納期予定が1ヵ月後だって・・・何それ?

ってわけで、すっかりポチッたのも忘れてて・・・先の自作案を進めようかな?って思ってたところへ・・・これが届いたと・・・(滝汗

【届いたレコードクリーナー】
2903-03届いたレコードクリーナー

届いたのはこちらで・・・アーム型レコードクリーニングブラシって名前・・・

【中味はこちら】
2903-04静電気除去タイプのブラシ

中味はこちらで・・・カーボンブラシに金属製のアーム部分・・・土台部分からアース線が出てて・・・これをアースに落とすと・・・

で、まずはどんなもんか?と、試してみたんですが・・・

【これで静電除去ブラシ?】
2903-05静電除去ブラシ

これがですね・・・表面の大きな埃は取るんですが・・・そんなに静電気を取るって感じがなくて・・・って言っても、時期的に、もうあまり静電気が強くない盤ばかりなので、効果が今一分かり難い・・・(汗

で、改めて、テスターで導通を測ってみると・・・

あれれ?・・・導通が無い・・・不良品やん!(@@;

お高いくせに・・・と思ったんですが・・・気付いたのは、使い始めて結構経ってから・・・

で、結局、自力で分解して・・・金属アームがカーボンブラシの根元に届いてないことが分かって、これが届くように改修・・・

で、その後は、ちゃんと静電気を取ってくれてる・・・と、思うんですが・・・梅雨時なので、ますます静電気の強い盤がなくて・・・(^^;

ま、その内確認実験でも・・・(^^;

ってわけで・・・やっぱり自作版の作成も考慮して・・・ちょっと考えないと・・・・

で、このお話しは、一旦これにてお終いに・・・

明日は?・・・また工作?・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2988-750adb67