【2897】160605 実家でDAC(CEC DA53)試聴?(後編)・・・(^^; 

さてさて、後付の言い訳のように、ジャンクをポチして、置き場所に困って実家へ玉突き・・・で、実際繋いで聞いてみたら・・・って単純なお話しのはずが・・・

何を思ったか、3話にも膨れ上がって・・・(滝汗

何はともあれ、昨日は、オールリベラメンテ系?のケーブル接続で、その特徴的なサウンドをたっぷり堪能・・・

特に、女声ボーカルやバイオリンの弦の響が素晴らしく・・・ピタッと嵌った曲のボーカルは、ハッと息を呑んだり・・・グングン惹きつけられる説得力と言うか、魅力がある・・・

ってな印象を、再確認したわけですが・・・

やっぱ、眠い音の大阪のメインシステムでは、結構一生懸命集中して、その違いを感じ取らないと駄目なんですが・・・元々、σ(^^)私のあるがままって状態のイメージ通りにストレートに音を展開してくれる実家の2階の筒抜け部屋システム・・・

何気に聞いても、とってもその特徴が分かり易い・・・ま、ちょっと喜んでいいのかどうか、困るところではありますが・・・(滝汗

で、そんな敏感なシステムなら、他の曲はどう鳴るかな?と・・・

【脅威のコントラバスマリンバ】2768-01
2768-01脅威のコントラバスマリンバ

おつぎは、いじわる系で・・・脅威のコントラバス・マリンバを・・・

うん、立ち上がりのキレが凄く自然でしっかり低域も出てて、位置や響きも結構確認できたりして・・・量さえ求めなければ結構正確に空間を再現してるんでは?・・・って言ってもそれは10cmの逆ホーン・・・かなりの部分を脳が補正してるとは思いますが・・・思いの他、上手く雰囲気を再現してるので、ちょっとビックリ!(@@;

特に、打音のリアリティーと言うか立ち上がりの速さは、大阪のメインシステムでは全然出ないところなので・・・こんだけ鳴ればいいのになあ・・・(滝汗

【ニルスロフグレインのアコースティックライブ】1273-01
1273-01ニルスロフグレインのアコースティックライブ.jpg

と、それじゃ今度は・・・ニルスロフグレインのアコースティックライブはどうかな?・・・

う~ん・・・ギターの弦の響きにちょっと違和感が・・・爪で弾く音にちょっと強調感があって・・・頭にあるこう鳴って欲しいってイメージと違うんです・・・

ってわけで、ケーブルをちょっと入替えてみようかな?と・・・今の鳴り方からすると・・・アンプの電ケーをGe3にして・・・抜いたパワリベをトラポに入れたらどうかな?・・・

で、もう一度、ニルスロフグレインのアコースティックライブの5曲目を・・・

お、やはり・・・音を聞く場合にはこのいいとこ取りがいい!(^^;・・・パワリベで音を立てて独特のリアリティに・・・Ge3でそのアクセントの周辺にゾクゾクする中高域と伸びる高域を足して・・・鼻詰まり感の解消~抜けの良さへと変身・・・このちょっぴりオーディオ的快感の部分が加わると、感覚的に高揚して、ご機嫌に・・・

で、ここまで来ると、この曲ならもっとGe3色を増したほうがいいような気が・・・なので、デジケーをGe3にしてみると・・・

(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん・・・響の空間への広がりと、弦を弾く音のリアリティが増す感じで、ゾクゾク度が更にアップ!・・・

じゃあ、デジケーをアコリバのXLRにして、AES/EBUで繋いだら?・・・

あ、音が太くなって中低域が厚くなるんで・・・一聴、自然なリアリティに・・・これだとDACの伝ケーを普通系?・・・そうてんさんから譲り受けた銀プラグあたりにしたら、もう少しあざとさが減るとは思うんですが・・・持って来てないし(^^;

じゃ、トラポの電ケーをDACの標準ケーブルに・・・CECの標準装備の電ケーにしたら?・・・

うん、結局ボーカルの生々しさや弦の綺麗さを求めると、オールリベラメンテ系がよくて・・・特に、ボーカルの細かなニュアンスを受け取るには、これが一番!・・・

【ケーブルを入替えて】2895-03
2895-03DACの電ケーをパワリベに

で、このニルスロフグレインのようなリバーブが少し入ったようなライブ系で、フラット系の広めのレンジで音の快感を楽しむには・・・Ge3系の色を少し強めにした方がいい感じに・・・

Ge3系が入ると、ニルスロフグレインのギターのゾワット来るギターの弦の音、スチール弦の切れ味、フィンガータッチの音とか、ゾクゾクって来る快感が魅力的に・・・

ってわけで、トラポの電ケーを標準ケーブルにしたのでは、ちょっと物足りなくなりますね・・・この辺りは、Ge3にした方がよさげですね・・・(^^;

ってわけで・・・これだけ敏感に違いを出してくれるシステムなら・・・あれやこれやとケーブルの組合せで、どこかを尖らすか・・・全体の平均点をアップするか・・・まあ、いろいろ調整の余地が出てくるわけで・・・

ああ、大阪のメインシステムの眠い音が、実家の寄せ集めシステムみたいに俊敏に反応してくれるサウンドだったらなあ・・・(滝汗

で、このお話しは、これにてお終い・・・

明日は・・・また、毎度の息継ぎネタ?に・・・(滝汗

まあ、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2982-956b865c