【2879】160521 オートリバースオープンデッキX-10Rを調整・・・(^^; 

って、分かったようなタイトルですが・・・サービスマニュアルを見てやったわけでも、本来の調整方法を知ってやってるわけでもなく・・・とにかく弄ったということで(滝汗

えっと・・・何を弄ったかと言いますと・・・

テープの巻き戻し中に・・・

【巻き戻しから】
2879-01巻き戻しから

途中でストップすると・・・

【急停止すると、びろ~んって】
2879-02停止すると

巻取り側のリールの方が速く止まって・・・送り出し側のリールが遅れて止まるんで・・・その間、テープがびろ~んって、なっちゃうんですよね・・・(^^;

ま、こういう操作を、どれくらいやるか?ってのも疑問?・・・オートリバース機なので、余りやらない・・・とは思うんですが・・・

と言うのも、普通は、往復再生で、最後まで・・・つまり、元の状態で終わりになる(^^;

なので、あまり使わないはず・・・なのに、何故、今回この不具合が見つかったのか?

それは、一昨日のお話しの最後に出て来た、中古の生テープ・・・

これの、中に何か録音されているか?ってのを確認するため、たまたまこのデッキを使ったんですよね・・・

で、今回の不具合に遭遇したと・・・(^^;

ってわけで、何はともあれ、開腹して見てみることに・・・

で、まずは、本体背面部の樹脂ケースを取り外して・・・

【ヘッドカバーを外し】
2879-03ヘッドカバーを外して

つづけて、ヘッドカバーを外して・・・

【ピンチローラーやリール台を外して】
2879-04ピンチローラーやリール台を外し

で、ピンチローラーやテンションリール、リール台を外して・・・

【フロントパネルを外して】
2879-05フロントパネルを外し

おつぎは、フロントパネルを外して・・・ブレーキベルトの具合を確認して・・・

【ブレーキベルトを清掃】
2879-06ブレーキベルトを清掃

で、ブレーキベルトとドラムの内側を清掃して・・・

【プランジャーのバネを調整】
2879-07プランジャーのバネを調整

でもって、左右のブレーキベルトを引っ張るスプリングやプランジャーを動かしたり、テンションを調整したり・・・

でもって・・・直ったのかどうかも確認せずに・・・

【組み付けて正常動作を確認】
2879-08組付けて正常確認

で、結果的にどれが功を奏したのか分かりませんが(汗・・・

何となく正常に動いた!様子?・・・\(^^)/

と言うことで・・・って、どう言うことか分かりませんが・・・

何とか、送り出し側のブレーキが効くことを確認・・・

ってわけで・・・あれれ?今日の話はこれにてお終いだ~・・・(汗

なので、明日は・・・また、アホなチャレンジの続編へ・・・

と言うわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2964-c7beb8ec