【2865】160503 実家でレコード再生&あれこれお試し?(中編)・・・(^^; 

さて、暦通りブツ切れのゴールデンウィークだった今年・・・実家のシステムを、遂にジャンクの寄せ集めでレコードを再生出来る環境に・・・(^^;

ただ、全てが常設ではなくて、モノによっては、都度持ち帰りのため・・・今回も、あれこれ忘れものが・・・(滝汗

ま、そんな話は置いといて・・・今回まずは、この帰省のために持ち帰ったジャンクから復活させたバランス伝送対応のフォノイコCEC PH-53と・・・メインのバランス伝送用にオーグラインの芯線で作ったフォノケーブルと、お試し用に改造したMOGAMIのNEGLEX 2549のフォノケーブルの比較からスタート・・・

で、まずオーグラインのフォノから聞いて・・・モガミに変えると・・・やっぱ、低重心になり、中低域が厚く濃くなる代わりに・・・高域が弱くなって、広がり感が減衰して・・・真ん中に音が集まっちゃってダンゴ的に・・・(滝汗

【モガミNEGLEX2549の自作フォノ】2864-05
2864-05モガミNEGLEX2549のフォノケーブル

ただ、この過程で・・・改めて、アームの調整の大切さ?・・・アナログの調整の奥深さ?・・・クリティカルさを痛感した次第・・・

だって、アームの水平が、ちょっと尻上りで、高域が伸びず中低域方向寄りのバランスだったのを・・・ホンの少しお尻を下げていくと・・・高域の延びが増して行って・・・(^^;

いやあ、ほんとビックリ!(@@;・・・ケーブル変えたよりアームの水平の角度を変えたほうが、音のバランスも空間の雰囲気も、大きく変わっちゃうんですから!・・・(^^;

ってわけで、今変化に驚きつつも、おつぎは・・・

アームの水平で大きくサウンドが変わったから・・・もう一度、フォノケーブルを、オーグラインの自作ケーブルに戻して聞いてみることに・・・

【元のオーグラインの自作フォノ】2864-03
2864-03オーグラインで自作のフォノ

ほう、やっぱりケーブルの違いってのも大きいんですね?・・・オーグラインの方が、中高域がちょっぴり艶っぽくて腰が高い・・・ベースも低弦の響より、フィンガータッチのガガッて音が聞こえる・・・でも、シンバルは少し柔らかく優しい音に・・・低域は、バスドラの打音はクッキリするけど、その後につづくドワンって音が薄いので、弾力感が無くて寂しい・・・(^^;

ってことは・・・さっきの逆で、アームの水平をちょっぴり尻上りにすると、重心が下がるのかな?って思いで、ちょこっと尻を上げてみると・・・

おお!・・・凄いね、やっぱり重心が下がって、中低域が厚めに変化して・・・バスドラに弾力感がちょっと出て来た!・・・(^^;

ま、それでもケーブルの傾向は残ってて・・・高域の艶っぽさやハイよりのバランスに対して・・・モガミは、中低域の厚みが増して重心が下がるけど・・・広がりがなくなって中央方向に凝縮してしまう?・・・

いやいや、ほんと、この程度の調整で、こんなに音が変わるとは・・・ビックリ!(@@;

じゃあ、おつぎは・・・持ち帰ったケーブルでの比較を・・・

【元の銀撚り線のXLR】2864-04
2864-04銀撚り線の自作XLR

で、フォノイコ(CEC PH-53)~アンプ(AMP5300)の間を・・・先の自作、銀撚り線のXLRから、ベルデンの1192AのXLRケーブルに変えて聞いてみると・・・

【ベルデンの1192Aで】
2865-01ベルデンの1192Aに

あらら?ベースが厚くなったけど・・・シンバルもピアノもどこか鼻詰まりな感じ・・・で、全体が鼻詰まりのダンゴ状態で・・・(^^;

ってわけで、おつぎは、同じく・・・

【XLRリベラメンテ】
2865-02XLRリベラメンテ

フォノイコ(CEC PH-53)~アンプ(AMP5300)間を、XLRリベラメンテに交換してみると・・・

おお、ベルデンのような鼻詰まりは全くなくなった(^^;・・・それと、やぱりピアノの響きが凄く綺麗になる!・・・あ、ベースの弦の響も綺麗だな!(^^;・・・ただ、中低域の厚みは、ベルデンに比べると少し薄くなっちゃった・・・それと、シンバルも響きが綺麗と言うか、柔らかくなった・・・でも、バスドラの弾力感は出てるし・・・何かちょっと独特な特徴がありそうな鳴り方ですね・・・まあ、でも演奏全体の雰囲気は、明るく楽しそうで、躍動感もあっていいんじゃないかな?・・・(^^;

う~ん、この状態で好みは?って言われたら、銀撚り線なんだけど・・・曲が違ったり、カートリッジの違いや、アームの調整によっても、結果はガラガラ変わりそう!・・・(汗

ってわけで、おつぎは、カートリッジを・・・

と思ったんですが・・・残念・・・ちんたらしてたら肝心なところで、今日は時間切れ・・・

もう残りはちょっとなのに・・・でも、つづきは明日と言うことに・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2949-e34500b4