【2860】160430 バランス伝送用フォノケーブルの自作?・・・(^^; 

さてさて、またタイトルだけで、以上お終いって息継ぎネタですが・・・最近、このパターンが多いですね・・・ま、本質的でないお馬鹿な回り道が中心なのは、今に始まったことではないので・・・ご容赦をm(_ _)m

ってわけで・・・最近、嬉しがって遊んでいるMCカートリッジからのバランス伝送ですが・・・思いの他、たったこれだけで?って思う効果がありまして・・・

と言うか、廉価な機材・・・新製品で発売された頃から廉価だったものを・・・まだ更に、中古やジャンクで手に入れて・・・無理矢理、トレンドにしがみついてるみたいな・・・(滝汗

いえ、これがそれなりに安物システムに高下駄を履かせたような具合でして・・・(^^;

もともと、中高域よりで、解像度感はあるけれど・・・痩せ細って、鮮度や実体感には乏しい音なんですが・・・これをバランス伝送にすると・・・音のしがらみが解れる感じで・・・太いとまでは行かないけれど・・・ちょっぴり音の芯が出て来て、実体感のようなものも感じられるように・・・(^^;

ということで・・・以前、Pro Jectのプレーヤーから直出しのケーブルを・・・

【2578】150726 フォノケーブルの改修・・・(^^; [2015/08/29]

他でも使えるように?・・・一旦ちょん切って・・・ピンプラグから、フォノイコのXLRコネクタへバランス接続するケーブルにしたんですが・・・

このところ増えたアームが、5ピンのDINプラグのもので・・・これを直接フォノイコのXLRに繋げられるケーブルを作ってみようと・・・(^^;

【材料を集めたけど】
2860-01材料を集めたけど

で、あれこれ構造を考えて・・・ちょっと材料を集めまして・・・

さあ、作ってみようとしたんですが・・・あれやこれやと問題が・・・

まず線材は、σ(^^)私の中ではCPの高いオーグラインの安い奴・・・と言いつつ、干乾びたキリギリスゆえ・・・以前のストックが1mあったので・・・これに合わせて残り3m・・・

う~ん、ちょっと短いかなあ?・・・ま、短い方がノイズの影響が少なくていいかな?(^^;

で、以前から浴室や寝室の照明を消すと、ボツッとノイズが入っていたことから・・・シールド構造にしたいなと・・・網組線を入手して・・・

で、芯線のプラスとマイナスをそれぞれ網組線でシールドするつもりで・・・芯線にガラスの編組を被せて・・・そこへ外皮の編組を被せるつもりが・・・

上手く芯線を通せなくて・・・何度かトライするも、結局めげてしまいまして・・・(汗

で、プラスとマイナスの2本の芯線を一緒にガラスの編組に通して・・・これに錫メッキ銅線の編組線を被せてシールドに・・・

で、これをL/Rそれぞれ用に作って・・・片側を5PINのDINプラグにはんだ付けして・・・アース線には編組シールドと、もう1本グランド配線用のケーブルに・・・

反対側にXLRプラグを・・・芯線は、1番グランド(編組線)、2番ホット、3番コールドで・・・

【フォノケーブルの完成!】
2860-02フォノケーブルの完成

ってわけで、バランス伝送用の5PINのDINプラグ~XLRのフォノケーブルが完成!(^^;

ということで、ジャンクから復活させたCECのPH-53とWE-308とDP-3000とDK-100のメインプレーヤーからのバランス伝送が実現・・・

したのですが・・・実は、これでは、ほんとはやりたいことが出来ないんですよね・・・

と言うのも、プレーヤーはジャンクやバラックばかりですが、プレーヤーが3台、アームが5本あるわけで・・・

ほんとは、あれこれ切替えて楽しみたいところなんですが・・・のこフォノイコは入力が1系統のみなので・・・

で、つぎの構想としては、いずれ何台かある昇圧トランス・・・これらは、入力切替を持ってるので・・・これを何とかバランス伝送対応に出来ないかなあ?ってことでして・・・(^^;

ま、そんなことを思いつつ・・・今のところは、メインのプレーヤー(WE-308とDP-3000とDK-100)から、フォノイコPH-53をバランス伝送でにしたので、これでしばらくはお楽しみと・・・

実際、この系統の音は、濃さや厚みは、思いの雰囲気よりまだまだ足りませんが・・・トレース能力が高く、カートリッジの性格を敏感に出してくれて・・・

ま、ちょっと淡白で一本調子なところはありますが・・・その辺も、今後の昇圧トランスを含めたお楽しみでは、対比のベースとなるでしょうし・・・まあ、いいかな?と・・・(^^;

ってわけで、お楽しみに向けた準備のひとつについてのお話し・・・これにてお終い・・・

明日は?・・・勿論、今日に勝るとも劣らない息継ぎネタ・・・(滝汗

まあ、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2944-0679075c