【2858】160430 ジャンクFR-54取付&DP-3000補修?(後編)・・・(^^; 

いやいや、息継ぎネタゆえ、タイトルで内容が終わってたはずなのに(滝汗・・・何を間違ったか?・・・寄り道の話題が多かったからか?・・・なんと、前後編の2話になっちゃって・・・

で、結局・・・実家持ち帰り用の1台と・・・現状の仮メインの1台の2だいのDP-3000&DK-100のプレーヤーが出来てて・・・

前者は、ジャンクの寄せ集めながら、DP-3000は、モーターの清掃とグリスアップ&基板清掃まで終わってて・・・これにジャンクアームのFR-54を取り付けて、実家持ち帰り用プレーヤーとなったと・・・

で、後者が今回のターゲットで・・・掘り出し物プレーヤーからSAECのアームWE-308を移植して・・・現在、仮のメインプレーヤーとなってる1台で・・・

こちらのDP-3000は、未整備・・・なので、今回メンテしてみることに・・・

【まずは裏蓋を外して】
2858-01まず裏蓋を外して

で、まずは、裏蓋を外して・・・表のモーターの固定ネジも外すと・・・

【モーターの固定ネジを外し】
2858-02表のモーターの固定ネジを外す

外したモーターを裏返して・・・蓋を開ける・・・(^^;

【モーターを裏返して蓋を開ける】
2858-03モーターをひっくり返し

で、シャフトを取り出して・・・擦動部の古いグリスを拭きとって・・・

【シャフトを取り出し】
2858-04シャフトを取り出し

ポリッシュ用のウェスで、少々シャフトを磨いて・・・

底部の軸受、シャフトとボールのグリスも拭き取り・・・再びグリスアップする・・・

【蓋を閉じてメンテ完了】
2858-05蓋を閉じる

これで、モーター部のメンテは完了!・・・(^^;

ここからは、前回もご紹介したストロボスコープの清掃や、制御基板のトランジスタの足を磨くことに・・・

【ストロボスコープを清掃】
2858-06ストロボスコープを清掃

で、まずは・・・ストロボスコープを分解し・・・ミラーやネオン管?を綺麗にして・・・

【トランジスタの足を磨く】
2858-07トランジスタの足を磨く

おつぎは、毎度のトランジスタの足磨き・・・(^^;

ってか、σ(^^)私のジャンク修理って、ほとんどこれしかやってないんですよね(^^;

実際のところ、これで回路の機能が正常に動作しているか?は、よく分かりませんが・・・少なくともしばらく復活することは間違いない・・・(^^;

と言うことで・・・黒く変色したトランジスタの足や、ICの足の付根の間をピンセットや無水アルコールを付けた綿棒でゴシゴシと・・・

で、今回は、現状、特に問題もなく動作しているので・・・トランジスタの交換はしないで・・・この清掃のみとすることに・・・果たして、いつぐらいまで持つんだろうか?(^^;

ま、いずれにしても、これでしばらくは動いてくれるはず・・・(^^;

と言うことで、バラしたストロボスコープや制御基板を元に戻して・・・

【モーターの固定ネジを締めて】
2858-08モーターも付けて

モーターの固定ネジを締めて・・・

【裏蓋を閉めて】
2858-09裏蓋を閉めて

裏蓋を閉めて・・・出来上がり~!(^^;

で、デッキDK-100に清掃したDP-3000を装着して・・・しばらくターンテーブルを回しっ放しにして見ましたが・・・

うん?・・・やっぱり、アルミの筐体が、ほんのり暖かくなる・・・(^^;

でも、回路や部品の正常性を確認する術が無いので・・・(滝汗

一応、普通に再生できたら、よしとせざるを得ない・・・(^^;

ま、しばらくこれで聞いてみましょうか?・・・どうせ、壊れても、まだプレーヤーは2台あるし・・・(滝汗

いやあ、ほんまに、つくづくアホやなあって思いますが・・・止められません(汗

ってわけで、今日のお話は、これにてお終い・・・

明日は・・・またまた、何やってんだかなお話を・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2942-ec619b87