【2856】160429 TEAC X-10R修復&ワイヤードリモコン復活?・・・(^^; 

おお!遂に発売開始されるようですね!・・・Jimmy Jazzのページに製品版の紹介記事が出ました!・・・それに合わせて?リベラメンテの発売記念キャンペーンも・・・いやあ、一体どんなサウンドになるのかな?・・・楽しみ!(^^;

さてさて、Ray邸でまたまた厚く濃いヒモサウンドをたっぷり聞かせていただいた後・・・所用を済ませ・・・耳のクールダウン?を兼ねた息抜きネタへ・・・

って、ほんとに目的を履き違えてるんじゃない?って思えるような気が・・・(汗

えっと・・・Ray邸に伺うお話しの前にご紹介した・・・ジャンクの掘り出し物症候群・・・

SAECのアーム付きジャンクターンテーブルに・・・バランス伝送対応のジャンクフォノイコ・・・で、最後にオートリバース付きTEACのジャンクオープンリールデッキと・・・

ほんとラッキーなことに、いずれも修復できて、使用可能な状態に・・・\(^^)/

そうそう、タイトルのデッキだって、動作確認までやったじゃん!?・・・

【2839】160420-21 ヒモデッキX-10Rジャンクの修復?・・・(^^; [2016/05/16]

【2841】160424 ヒモデッキX-10Rの修復Part2?・・・(^^; [2016/05/18]

そう・・・最後に1つ問題が残ってたんですよ!・・・(^^;

それが、RECボタンの上のLEDの点滅・・・

一応、動作確認上は・・・点滅してても再生に支障はなく・・・録音してみると、普通に点灯するので・・・表示機能のみの異常なんですが・・・

それと・・・これまた先日報告済みで・・・

【2847】160425 X-10R用ベルト到着&この日の収穫・・・(^^; [2016/05/24]

ネットでポチしたX-10R用のキャプスタンベルト・・・これが届いていたので・・・

それじゃあ、このベルトに交換するのと・・・RECインジケーターを見てみようかと・・・

まずは、デッキを開腹して・・・って、もう何度やったか?ってくらいやりましたので、手馴れたもので・・・

【デッキを開腹して】
2856-01デッキを開腹

開腹したデッキから・・・キャプスタンモーター部分を取り外し・・・って、ここまで10分とかかりませんから・・・(^^;

【下が古いベルト】
2856-02下が古いベルト

で、取り外した古いベル(画像下)と、届いた新しいベルト(画像上)を比べてみると・・・ホンの少し新しいベルトの方が短くて、厚みもある・・・逆に、古いベルトは少し延びて薄くなってるのか?・・・(^^;

ま、どちらにしても、交換して正常動作するか、確かめてみないと・・・

【モーターを組み込む】
2856-03モーターを組み込む

と言うことで、新しいベルトをかけて・・・キャプスタンモーター部のプーリーが、上手くベルトにかかるようにしつつ組み込んで・・・

連結ガイド1箇所とフレーム4箇所のネジを固定・・・っと、たったこれだけ(^^;

で、手でプリーを回してみて・・・正転、逆転で、ベルトが上手く動作するかを確認・・・

これ、凄くうまく出来てて・・・左右のプリーに、少しずらして山がつけてあって、進行方向と逆側のキャプスタンが、その山の分、プーリー径が大きくなるので、微妙に回転が遅れ、テープにテンションがかかる・・・つまり、2つのキャプスタンの間にあるヘッドにテープがピタッと接するようになってるんですよね・・・(^^;

【動作確認】
2856-04動作確認

ま、それはともかく・・・動作は大丈夫そうなので、実際にテープをかけて、動作確認してみると・・・うん!、大丈夫!(^^;

ただ・・・やっぱりRECボタンの上のLEDが点滅してる・・・

ってわけで・・・再び見てみることに・・・

で、画像を撮るのを忘れたんですが・・・底板部分の金属カバーを外したところにアンプ基板がありまして・・・これをじ~っと眺めていると・・・

あれ?・・・基板中央付近の基板の穴からその穴周辺のランドに半田付けされていたであろうケーブルの線端が覗いている!・・・この半田が外れたからか?

で、デッキに電源を入れ、このケーブルの線端を、ランド接触させると・・・

おお!・・・RECボタン上のLEDが消灯した!・・・で、RECモードにすると・・・お!点滅する・・じゃあ、RECボタンを押すと・・・おお!点灯した~!\(^^)/

ってわけで、この線端をランドにはんだ付けして・・・

【2404】150117 デッキにリモコン端子を(実用編Part1)・・・(^^; [2015/03/08]
【2405】150118 デッキのリモコン製作(実用編Part2)・・・(^^; [2015/03/09]

気をよくしたので、以前自作したワイヤードリモコンのを復活させるべく、コネクタ基板を破壊したX-10Rから取り外して移植を・・・

【ワイヤードリモコン復活?】
2856-05ワイヤードリモコン復活!

ってわけで、ワイヤードリモコンも復活して、オートリバース動作も出来るX-10Rが一応使える状態に!(^^;

でも・・・う~ん・・・どこに置こう(滝汗

何をやってるんだか?って話ですが・・・今日はここまで・・・

明日は・・・またまた息継ぎネタ・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

いつもながらの鮮やかなお手並み、関心しきりです。
でも最後のオチで笑っちゃいました。

Rayさん、いつもありがとうございますm(_ _)m
落とすつもりはなかったのですが・・・自分でもハタと気が付くお馬鹿さ加減で・・・(^^;
でも、冗談抜きに、断捨離か休眠機材の実家への移送を計らないと、ほんとに足の踏み場がありません(滝汗

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2940-5a41ab69