【2852】160429 Ray邸音会:STUDER A810お披露目界Part2?(2)・・・(^^; 

さてさて、5日前にもお伺いしたんですが・・・しばしお会いしていなかったHYさんや吉田兼好さんがいらっしゃると言うことで、toyocrimさんも、もう一度お伺いされると言うことで、σ(^^)私も急遽参加させていただくことに・・・(^^;

と、Rayさんからのお声掛けで、オルフェのサンバさんも参加されることになり・・・総勢5名での音会ということに・・・(汗

でも、この人数でも、問題なく楽しめちゃうのが、Ray邸の音楽室の凄いところ!・・・それに、密閉された空間だと、あまりに大人数だと、音が吸われて息苦しい感じになるんですが・・・トイレや洗面など、限られたスペース以外、全く空間を分断するドアのないRay邸・・・

その広大なエアボリュームは、さすがの安定感!・・・(^^;

冒頭のDSDファイル再生のグレゴリアン聖歌・・・天井の遥か上方から降り注ぎ、優しく包み込まれる感じ・・・改めて、Ray邸のサウンドの一番のベースが、この大きなエアボリュームによる構造だってことを思い出しました・・・

で、その後、DSDの再生は、ボーカルやソロ、小編成がよくて・・・AITのDACが非常に心地よいサウンドで・・・でも、オケはちょっと力感が出なくて、PCMの方がよくて・・・音友達の方が製作されたDACがいい感じの再生ってことで・・・

で、おつぎは・・・Debussy: La mer, L. 109 - Ravel: La valse, M. 72から、Ravel: La valse, M. 72を・・・

っと、後のグランカッサが、ずーっと鳴っているのが、埋もれずしっかり聞こえるのが凄いですね!・・・この低域が出るのも、Ray邸ならでは・・・

【ザ・ダイアローグ】1189-01
1189-01ザ・ダイアローグ.jpg

で、おつぎは・・・エッジの効いた音の得意なPCMを音友達製作のFN1242Aを使ったDACで・・・かけられたのは・・・猪俣猛 / THE DIALOGUE・・・

で、これは、SACDよりCDの方が音がカチッとしてていいとのことで・・・そう、確かSACDはリマスターされてて、ちょっと雰囲気が違っちゃってるとか・・・

【フラメンコパッションのXRCD】2493-01
2493-01フラメンコパッションのXRCD

でもって、おつぎは・・・フラメンコパッションのXRCDから・・・

Rayさんいわく・・・音の澄み具合はDSDの方がいんだけどと・・・そうですね、こういう立ち上がりの強い曲はPCMの方が気持ちよく鳴りますね・・・

と、HYさんが、聞いたことあると思うので3曲目をとリクエストが・・・っと、やはりお持ちだったとのこと・・・うちは入手しそびれた記憶が・・・(^^;

っと、Rayさんが・・・フラメンコだと、いつもはこちらをかけると

【フラメンコ】908-01
908-01フラメンコ.jpg

ああ、これはうちにもあります(^^;・・・これのステップの音が、もの凄く迫力があって、ほんと床の固さを感じる鳴りっぷりで・・・うちでは全然鳴らないとめげてたら・・・Ray邸の音源は、特別な音源からのCDRだったんですよね・・・(^^;

で、おつぎは・・・土と水を・・・

【「土と水」DuoLive in 萩】1181-03
1181-03懐かしの「土と水」DuoLive in 萩.jpg

おお、いまや懐かしの「土と水」DuoLive in 萩ですね・・・以前は、セミの声だスリッパの音だと、環境音の聞こえ具合を、システムの健康診断に使ったりしてましたねえ・・・(^^;

ちなみに、この時、鳥の声やセミの声は少し大人しい目でしたが・・・ベースは勿論、ソプラノサックスの濃さと実在感は、ホーンSPならではのご機嫌サウンド!・・・こういうサックスの音が出せればなあ・・・(^^;

【ヒモの登場!】
2852-01ヒモの登場

と、ここでいよいよヒモの登場!・・・最初にかけられたのは・・・ビートルズ・・・2トラ38で、アビーロードから、Come Togetherを・・・

うん、やっぱりこの厚みと濃さは別格ですね・・・ビートルズって、うちでは大半がどこか煩い?やかましい音が耳に付く感じなんですが・・・ヒモだと全然煩くなくて・・・勿論、高域がロールオフしてるとかそう言う問題ではなくて・・・CDだとエッジが強調されてるからか?雑味が強くノイジーに感じるのに・・・ヒモだとそれよりはるかに音数多くて高解像度なんだけど・・・中域の厚みと濃さ、全体のバランスが低重心で非常にご機嫌なんですよね?(^^;

っと、HYさんが・・・これにこんな低い音がいっぱいはいってたんですねと・・・と、Rayさんが・・・そう、めちゃくちゃ入ってるんですよと・・・

っと、つづいて・・・Something/Blue Jay Wayを・・・

やっぱり、音の抜け?解れ?・・・分離がよくて・・・ここの楽器演奏が団子にならずにそれぞれ実在感を持ってここに定位してて・・・やっぱりCDとはちょっと雰囲気が違う?・・・

と、toyocrimさんが・・・HYさんが前に聞かれた時より音数多く、低域が厚いのは・・・デッキの力ですよと・・・ま、ゆえにSTUDERに逝かざるを得なくなられたわけですもんね?(^^;

っと、Rayさんが・・・レコードを録音して、42Bで録ったのと、STUDERで録ったのでは、相当違いが出ますね・・・

ただ、ヒモは、最後までかけないといけないのが、ちょっとねえ・・・なので、今42Bは、この下で、化粧巻き用に使う事が多くなってしまっているようで・・・(滝汗

っとっとっと、これまた、のんびりおさらいしてたら・・・この日の時間切れ・・・

なので、つづきは明日に・・・ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2936-f77fbd21