【2844】160424 Ray邸:STUDER A810お披露目&A807聞き比べ?(3)・・・(^^; 

ちょっとアップが遅れましたm(_ _)m
さて、Ray邸に新たに導入されたヒモデッキ・・・STUDER A810のお披露目は・・・何とも厚く濃く、まったりとしたジョニー・ホッジスのサックスで始まり・・・

いやはや、1952年の録音が、こうも実在感たっぷりに鳴るなんて!・・・音色の傾向は、かめきち邸で聞かせていただいた、C37と似た傾向で・・・これがSTUDERの音?とも思ったが・・・

それじゃあ、ちょっとこっちで聞いてみましょうか?・・・と、Rayさんが、σ(^^)私の持ち込んだA807にヒモをかけ替えて・・・

っと、ここで話題はクランパーの話に・・・アルミリング付のルボックスのクランパーが、非常に動きがよく、プロ機で使うためのアクセサリーだと・・・でも、ほんとの純正は一体型で、結構お高いんけど・・・樹脂製のクランパーにリング部分をネジ止めしたタイプが、ちょっとお安く流通してるとか・・・それ自体にも、ルボックスの銘が入ってるのと、入ってないのとがあって・・・価格もそれぞれでと・・・(^^;

こだわりの皆さんは、純正品が気になるご様子ですが・・・汎用の樹脂クランパーの○倍の価格ですので(滝汗・・・って、幸いにも、借用中のうちのA807には、アルミリング付のもどきバージョンが付いてましたので・・・(^^;

っと、それはさて置き・・・A807で、先のジョニー・ホッジスのヒモを聞くと・・・

ふ~ん・・・やっぱり結構音が違いますね!・・・A810に比べると、中低域の厚みは少し薄くしまった感じで・・・中高域方向にバランスが・・・って、A810に比べたらの話で・・・例えば、うちで聞く42Bと比べると、これでも遥かに厚みと濃さがあり、エネルギーのバランスは中低域よりなんですけどね・・・ただ、ちょっともやってる気がしないでもないかな?(^^;

と、Rayさんが・・・こういうバランスの音色も好みの音だけどね・・・こっちの方が音の一つ一つがハッキリしてるよねと・・・

確かに、A807の方が分離がよくて・・・でも、その分A810は、非常に厚みのある音で・・・

っと、かめきちさんが・・・薄く聞こえるよねと・・・A810は、うちのデッキ(C37)に近いですよと・・・ただ、まだデッキが暖まってないかも?と・・・

確かに、そうですね!・・・A807をA810と比べると、確かにちょっと薄く聞こえますね・・・でも、怖い話です(^^;・・・比べるからであって、元々は充分に濃く厚みのある音なんですから・・・こういうのが耳に残って・・・知らず知らずに逝ってしまうんですね(^^;

と、しばし聞いていると・・・音の張り出しも次第によく鳴って来て・・・やっぱり、まだ暖まっていなかったんだと・・・(汗

でも、結構音の傾向が違うもんですねえ・・・と、Rayさんから・・・A807は、結構今の曲のに合ってるかも知れないね・・・A810は、昔のJazにあってるかな?っという感じと・・・

【モニター部分の回路が】2843-02
2843-02でかい!

と、Gabacho師匠から・・・コンソールタイプは、モニターとVUメーターのところの回路を経由するから、その分音が違うんですよと・・・

ああ、なるほど・・・かめきち邸のC37もその部分は別誂えでしたもんね?・・・

Rayさんからも・・・なるほど、A807の方が、素の音に近いと言うか、作られた感じはしないね・・・でも、42Bとも全く違う音色だねと・・・

と、しばし聞いていると・・・かめきちさんから・・・ええ感じに鳴って来ましたねと・・・

確かに、やはり暖まって来たのが効いてるのか?・・・サックスの音の飛びがよくなり、張り出して来て、音離れもよくなってきましたね・・・

っと、再生系を切り替えられたんですが・・・A807から、まだ演奏が・・・(滝汗

どうやら、運搬中にモニターボリュームのスイッチに触れてしまったようで・・・うちではOFFにしてたので(滝汗・・・っと、ひょっとすると、音の違いは、このモニターが少し鳴ってたのもあるかも?・・・比較条件がいい加減になっちゃってスミマセンm(_ _)m

で、おつぎは・・・再びA810の方で・・・

音源は、飛びっきりのヒモの・・・スーパーギタートリオのフライデーナイト・・・

いやあ、やっぱこの厚みと濃さは・・・ってか、やっぱりヒモの出音っての自体が、聞き慣れた音の感触とは、かなり違うってのが大きいかも?

だって、CDとかXRCDとかいろんな音源が出てますけど・・・多くが、ヒモを聞いてから聞くと、ギターのエッジを強調してるような感じに聞こえますから(滝汗・・・

CDを聞いているときは、そんなに気にしてなかったんですが・・・ヒモを聞いてから、CDだと、どうにもスチール弦に聞こえてしまうと言うか・・・ヒモだとガット弦らしく聞こえて、こっちの方が普通の音なんだって・・・(汗

っと、話題は・・・今聞いているA810もσ(^^)私の持ち込んだA807もバタフライヘッドで・・・標準ヘッドとは、また音が違うんではないか?・・・なので、標準ヘッドだとどう鳴るか?ってのを確認しないとね?・・・それに、ポータブルとコンソールでも違うでしょうし・・・って話がtoyocrimさんに・・・(^^;

っと、それにしても・・・このギターの弦のピンって弾かれた時の音の強さ厚さ濃さってのは・・・どこも強調してない感じなのに・・・やはり、生々しさというより、極々普通・・・なのに、もの凄く実在感を感じる音で・・・

う~ん・・・やっぱり、この音に耳が慣れてきちゃってる?・・・知らぬ間にこの傾向の音を求めてしまってる?・・・(滝汗

っと、残念ながら、今日はここで制限時間に・・・なので、つづきは明日・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2928-5e3607dd