【2836】160416-17 実家でPH-53とT-500の試聴?(前編)・・・(^^; 

おっと~!・・・インフラノイズのLANリベラメンテ・・・相当な自信作のようで、メジャーなHPにも一斉に告知がされてますね!・・・Phile-WebStereo Soundと・・・
告知では6月上旬発売ってことですが・・・果たして実際の発売は?(^^;・・・でも、これまた、かなりのバックオーダーになりそうですね!・・・楽しみです!(^^;



さてと・・・一度は見送ったはずの電源が入らないというジャンクのPH-53ですが・・・ジャンクの復活に楽しみを覚えってしまった干乾びたキリギリスには、一番のお楽しみ?

ってわけで、我慢出来ずにポチしたわけですが・・・

いやあ、ほんとラッキーな事に・・・確かに、清掃作業には、ほんと苦労しましたが・・・何とか正常動作するように・・・\(^^)/

で、このジャンクPH-53に走ったのは・・・主には、メインのラック・・・視聴位置右のデジタル&映像系送り出しのEsoteric UX-1やOPPO BDP-105DJP、マルチチャンネルプリCU-80の上に乗っかってる・・・Pro Jectのプレーヤーにフォノイコをあてがうため・・・

と言うのも、今、仮に運用してるエレキットのプリTU-875のフォノイコ部が、時折高周波の発振音を出すのが気になてて・・・これと置き換えるもよし・・・

もう一つの思案・・・足の踏み場も無いゴミ屋敷状態のリビングに、レコードプレーヤーを更に1台追加したこととも関連してて・・・

そう、このところ頻繁に実家へフォローに帰るため・・・そちらにも環境をと・・・(^^;

【実家でアナログ再生するために】
2836-01実家でアナログ再生

ってわけで・・・直前に、ジャンクフォノイコPH-53が復活したことだし・・・

かねてからの思惑だった、アナログプレーヤーと、復活させたPH-53と・・・ギリギリ借用期限内なので、巡回試聴中のT-500も持ち帰って・・・

レコード再生が出来る環境を準備することに・・・(^^;

で、まずは、仮試聴用に持ち帰ったカートリッジ・・・DL-103Rを装着して・・・

ってわけで、トーンアームFR-54から、CEC PH-53へは・・・オーディオクラフトのアンバランスのフォノケーブルで繋いで・・・

あちゃ~!XLRケーブル忘れてきた(滝汗・・・なので、PH-53からAMP-5300へはRCAリベラメンテで接続して・・・とりあえずの音出し・・・

いやあ、やっぱ、パリッとした音の出せるSPゆえ、いいですねえ!(^^;

鮮度感も高く、SN感もよくて、高解像度で、たっぷりとした広がりもあって・・・低域の厚みや量感は無いものの・・・中高域方向は、大阪のメインも真っ青!・・・(滝汗

ってわけで・・・今度は、カートリッジを、DL-301/IIにして・・・フォノケーブルをフェーズメーションのバランス伝送型のケーブルで聞いてみようと・・・

【実験準備】
2836-02実験準備

ところが・・・どうも、DINプラグのところのピンとプラグの径が合ってないのか?・・・ケーブルの引っ張り具合とかで、右からだけとか・・・左からだけとか・・・片チャンネルから音が出ない?・・・(汗

で、ケーブルの取り回しをああだこうだと変えてみて・・・と、やっていたら・・・

あれれ?・・・左から音が出ない!・・・(滝汗

そうこうしてる内に・・・遂には、完全にアンプ側の左チャンネルから、完全に音が出なくなっちゃった・・・故障か?・・・

あちゃ~!・・・フォノプラグの接触不良で、ブチバチ言わしてたから?・・・遂にAMP-5300の左チャンネルがおっ死んじゃったか?・・・ガクッ_| ̄|○

【鳴らなくなったのでアンプを交代】
2836-03鳴らなくなったのでアンプ交代

で、仕方なく・・・AMP-5300の上に、急遽、エレキットのTU-870を置いて・・・これで音出しを・・・やって見たんですが・・・う~ん、アンプのクオリティが随分違う(汗・・・

う~ん・・・これじゃあ比較にならないかなあ?・・・ってわけで、AMP-5300の電源を切って置いとけば、直るか?なんてありえない期待で、この日は就寝・・・

で、一夜明けて、再チャレンジしたところ・・・大失敗に気付いた(滝汗

何と!AMP-5300は、死んでなくて・・・単にRCAケーブルの繋ぎ方を間違えてただけ(滝汗・・・L/Rを縦並びに挿すべきところ・・・横並びのピンジャックに刺していた・・・(大恥

で、気を取り直して実験再開・・・

なんですが・・・残念ながら今日はここで時間切れ・・・なので、つづきは明日・・・

ってわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2920-0f13b2e6